カブ生活

ゆるカブ第七十六回「カブと桜と出会いの春」

掲載日:2018年04月29日 原付漫遊記松本よしえのゆるカブdays    

え・文・写真/松本よしえ

満開の桜を背景に世界で一つの“ゆるカブミラー”です。スーパーカブ50に乗る妄想イラストを添えて。

2018年、東京の桜は開花が早かった。3月23日に気温が19度になると一気に花開いて満開に。連日の晴天にも恵まれ、都内をカブで走るたびに美しい桜を眺めることができました。

そんなある日、通りがかりの橋の上で満開のソメイヨシノに出合いました。東京の西部を流れる全長約25kmの石神井川(しゃくじいがわ)は練馬区から板橋区にかけての川岸に桜並木が続きます。辺りは住宅街で家が隙間なく建ち並んでいるのだけど、満開の桜がすっぽりと覆って牧歌的な景色になっていました。灰色のコンクリートで固められた都会の川が年に一度の晴れ姿。もしかしたらわずか数日限りの光景かも。

そんな貴重な瞬間を撮影できたのも、じつは渋滞を避けてカブで裏道を走ったからなのだけど、今回の写真は通りがかりの方に撮影していただいたもの。「水曜どうでしょう」の大ファンだというフルート奏者の女性がわざわざ送ってくださったのです。袖振り合うもカブのご縁!?カブが素敵な出会いをつくってくれました。

川面に枝垂れる桜が見事。満開の旬を迎えた桜です。東京の練馬区を流れる石神井川の新大橋にて。住宅地を流れる川沿いは桜並木が断続的に続きます。

通りがかりの女性に撮っていただいた写真。別れ際にキックしているところをパチリ。バイクと無縁の方にとっては珍しいのかな。膝の間のベトナムキャリアは日常で大活躍しています。

この記事に関連するキーワード

こちらの記事もおすすめです

注目のアイテムはコチラ

新着記事

タグで検索

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。