ゆるカブ第八十三回「応募したらカブが当たるかも~!!」 松本よしえのゆるカブdays

カブ生活

ゆるカブ第八十三回「応募したらカブが当たるかも~!!」

掲載日:2018年08月05日 原付漫遊記松本よしえのゆるカブdays    

え・文・写真/松本よしえ

2018年5月、銀座の文具店「伊東屋」に展示された「図案60周年アニバーサリーカラー」のスーパーカブ(50cc)です。右側の大きなスケッチブックは記念につくられた世界最大級(1068×754mm)のスケッチブック。

みなさま、ご覧くださいませ! スーパーカブ50ccに施した深い緑と黄色のパキッとしたカラーリングを。これは文具メーカーのマルマンが誇る「図案スケッチブック」のデザインです。2018年はスーパーカブ誕生60周年というお祝いムードの1年ですが、なんと「図案スケッチブック」のほうも誕生60周年なのです。

マルマンといえば学校御用達ブランドだっただけに、子どもの頃に夏休みの宿題でこのスケッチブックのお世話になったなぁ。な~んて思い出がよみがえることでしょう。小さな子どもからプロのクリエイターまでを満足させる物作りの姿勢は、スーパーカブとも通じる誠実さがありまして、お互いを讃えあい、スケッチブックとカブの実車が見事なコラボとなりました。

で、ですね。なんと、この実車のカスタムカブが当たるキャンペーンが現在実施中なのです。応募締め切りは2018年11月30日(当日消印有効)ですから、まだ4カ月も猶予があります。ただし応募には文具店や画材店に置いてある専用はがきが必要です。見かけたら迷わずゲットだね♪

限定版の「図案スケッチブック」の表紙には60周年記念とスーパーカブC100のイラストが。大きさはB6サイズ(122×174mm)で1冊360円(税別)。スーパーカブが当たるキャンペーンには専用はがきが必要です。

スケッチブックの表紙をめくるとカブの歴史のページに続いて、車体のスケッチが3点も印刷されている。【左上】C100のスケッチ。色を塗ればカスタムペイントが楽しめちゃうね。【右上】スーパーカブ50cc。この角度からのカブってカッコイイ!【左下】風を感じて疾走するカブ。スーパーカブ110ccの走行シーン【右下】イラストの作者、本田技術研究所のデザイン開発室長の川和聡さんです。松本が手にしているスケッチ画は川和さんの原画なの。

こちらの記事もおすすめです

注目のアイテムはコチラ

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。