【モンキー125試乗記事】現代の交通事情にもマッチ! バイクとしての魅力を増した新型モンキー

掲載日:2018年08月10日 試乗インプレ・レビュー    

取材・文・写真/田宮 徹

【モンキー125試乗記事】現代の交通事情にもマッチ! バイクとしての魅力を増した新型モンキー の画像

HONDA MONKEY125/[ABS]

50年以上の歴史を持つ
レジャーモデルの代表格がモンキー

遊園地の乗り物をルーツとした初代モンキーのZ50Mが発売されたのは、1967年のことだった。その2年後、モンキーは前後ホイールの5→8インチへの拡大をはじめとするフルモデルチェンジにより、Z50A型に進化。さらに1974年には、リアスイングアーム式のZ50Jに全面刷新され、1978年にはその後に長く受け継がれるティアドロップ型の燃料タンク形状と大型のシートを手に入れた。

1985年には、クラッチがマニュアル化。多くの特別仕様車や派生型を生みだしながらロングセラー化され、2009年には燃料供給のインジェクション化と30年ぶりの外観一新などでフルモデルチェンジを受けた。しかしこの原付一種モンキーは、環境規制強化の影響などから2017年に生産が終了された。

ホンダ MONKEY125/[ABS]の試乗インプレッション

モンキー125/[ABS]の特徴は次ページにて

こちらの記事もおすすめです

この記事に関連するキーワード

この記事を読んでいる方におすすめの商品

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

新着記事

タグで検索