絶版車界の無双、カワサキZ1 レストア車両の公道インプレッション 試乗インプレ・レビュー

絶版車界の無双、カワサキZ1 レストア車両の公道インプレッション

掲載日:2018年07月26日 試乗インプレ・レビュー    

取材協力/ライコランド新横浜店 ハラファクトリー
文/モトメンテナンス編集部 写真/堤 晋一
記事提供/絶版バイクス編集部
※この記事は『絶版バイクス23号』に掲載された内容を再編集したものです。

カワサキ Z1

カワサキのZ1は動き出せば
想像するほど重くない

現在のような絶版車ブームが起こる以前から、逆輸入絶版車として常に高い人気を維持してきたカワサキZ1。1970年代に到来したハイスピード時代に対応すべく、2ストローク3気筒のマッハシリーズの次世代モデルとして開発されたのが、4ストロークDOHC4気筒、排気量903ccのZ1だった。

試乗した車両は、神奈川県横浜市の絶版車ショップ、ハラファクトリーでフルレストアされた1973年式。経験豊富なメカニックによって経年変化による劣化や摩耗、不具合が取り除かれた1台だ。装備品の中ではスチール製の手曲げ集合マフラーは純正と異なるが、キャブレターは純正のミクニVM28であり(フロートチャンバードレンがマイナス頭のビスに変更された、1974年式以降用を装着)、本来のフィーリングやテイストを確かめることができるはずだ。

カワサキ Z1の試乗インプレッション

触ったことのない人にとって、カワサキZは重いバイクという印象があるはず。現代のバイクに比べると、エンジンを含む重心位置が高く、ステアリングヘッドパイプもエンジンから遠くて高い位置にあるため、車体を傾けた際にグラッと倒れ込む印象がある。ならば数字として重いのかといえば、そうとは言えない。当時の資料によればZ1の空車重量は230kgで、ホンダCB750フォアの乾燥重量は220kgと発表されていた。

もっと最近の機種と比較すれば、W800は216kgでゼファー1100は245kg、ZRX1200ダエグは246kgである。メーカーが公表する重量には空車とか乾燥など異なる測定条件が混在するがが、必ずしもZ1が重いバイクではないことが数字からは示される。

キャブとエンジンのマッチング

クラッチ操作は頼りないほど軽い現代的モデルに比べてそれなりの握力が必要だが、切れが悪いわけではないのでシフトチェンジはスムーズ。ギアを1速に入れて走り出して感じるのが、スロットルを開いていく際のエンジン回転の上がり方が実にしっとりとして上質なフィーリングであること。

シリンダー、シリンダーヘッド、クラッチなどエンジン本体とキャブレターのオーバーホールとセッティングを行ったフルレストア後だから調子が良くて当然と思われるかも知れないが、発売から40年以上を経たバイクでは部品交換ができない(交換用の部品が入手できない)ことのある絶版車では、スロットルをガバッと大きく開けたときはともかく、全閉から僅かに開けたあたりの調律がなかなか難しい。

カワサキ Z1の試乗インプレッション

ケーヒンCRスペシャルやFCR、ミクニTMRなどのスペシャルキャブを装着することで、スロットルレスポンスの良さと全開時の吸気効率は明らかに向上する。だが一方でレスポンスの良さが神経質さにつながることもあるが、同調がしっかり合った純正VMキャブは良い意味でユルく、イージーに使える。

一方、開度を大きくするとどうか。5,000回転を超えたあたりからエンジンの存在感と迫力はいっそう明確になり、レスポンスも鋭く街中でも高速道路でも馬力不足を感じることはない。もちろん、1,000ccクラスモデルに比べれば、速さで叶うはずはない。600ccのスーパースポーツにも後塵を拝するだろう。だが、絶版車に乗る多くのユーザーなら理解しているだろうが、そうした評価観点自体に無理がある。

街中で楽しむつもりなら、無駄な張り合いは最初からしない方が良いだろう。集合マフラーのサウンドを楽しみながら、900ccならではのトルクを生かして走るだけでも、Z1の魅力は十分に伝わる。

外乱を受け流す車体の妙

スタンダード状態できっちりメンテナンスしてあるレストア車であることが幸いして、車体についても不足と思える部分は皆無だった。フロント3・25-19、リア4・00-18のバイアスタイヤは現代の250cc並の細さで、絶対的なグリップ力はそれなりだが、街中や首都高、軽くコーナリングを楽しむ範囲では不安や不満は感じられない。

サイドウォールが高いタイヤとスポークホイール、柔らかく動く前後サスペンションの組み合わせによってアスファルト路面のわだちを斜めに横切ると、車体がユサユサと揺さぶられるものの、いなすように乗り越えてくれるし、高速道路でグリップを握る握力をどんどん抜いても、Z1は真っ直ぐ走り続ける。

カワサキ Z1の試乗インプレッション

また路面のジョイント部で車体が多少振られるようなことがあっても、幅の広いハンドルに手を添えていれば勝手に収束するから大丈夫。この点、カスタム好きのユーザーが好む絞りがきつめのハンドルに交換すると、外乱に関して気遣いが必要かも知れない。

付け加えれば、スムーズで素直なハンドリングが実現しているのは、ホイールベアリングからスイングアームピボット、フロントフォークやステアリングステムベアリングに至る車体周りのメンテナンスが行き届いていることを忘れてはならない。ホイールやサスやステアリングのコンディションが良くない車両は操縦性にも悪影響を与えるのは間違いない。

Z1はライダーが主役になれるバイク

フロントのシングルディスクは街中では十分な効力を発揮するが、現代風に細かなレバー操作に敏感に反応するタイプではなく、ガツンと握ってグッと効かせるタイプだ。これはピンスライド式キャリパーの構造と車重によるところだろう。

高速ではその傾向はさらに顕著になり、意識して強めに、早めのタイミングで握るとよい。これではブレーキの利きが悪いように伝わるかも知れないが、リアのドラムブレーキを併用することで必要十分の制動力が発生する。旧車はリアブレーキの使い方がひとつの肝であり、小さな交差点やUターンなどで軽く引きずらせるだけで車体が安定するようになる。

カワサキ Z1の試乗インプレッション

改めてスタンダード車(レストア車)に乗ってみると、エンジンにしても車体にしても許容範囲は広く、どんなスタイルのライダーも過不足なくライディングの楽しさ、バイクに乗らされているのではなく操っている感じを実感できると思う。現代のバイクは速いのは間違いないが、味わいやテイスト感の少ないモデルが多いと言われるが、Z1に乗ってみるとライダー自身が主役になれる楽しさがあり、そうしたキャラクターが現在に至るまで長く愛され続けている理由であると理解できるはずだ。

詳細写真

カワサキ Z1の試乗インプレッション

クランクケース単体から再ペイントしたブラックエンジンに、バフ研磨したカバーを装着。オーバーホール済みなので全開で白煙……、アイドリングでグズグズ……という不具合とは無縁。

カワサキ Z1の試乗インプレッション

このZ1に乗って驚くのは純正キャブの好調さ。信号待ちから発進する際のツキの良さ、スロットルを大きく開いた時の爽快な伸びなど、オーバーホールとセッティングはお見事だ。

カワサキ Z1の試乗インプレッション

スチール製ショート管のサウンドは、街中でも高速でも気分を盛り上げてくれる。

カワサキ Z1の試乗インプレッション

クロームめっきが輝くリムと張り替え済みのスポーク、オーバーホールされたブレーキは鳴きもなくしっかり利く。タイヤはフロントF11、リアK87のダンロップ。必要十分である。

カワサキ Z1の試乗インプレッション

ショートピッチのガソリンタンクにセットされた燃料コックは純正ではなく社外品のピンゲル製。タンクキャップはスプリングフック式で、フックを操作して優しく開閉する。上からギュッと押して閉めないこと。

カワサキ Z1の試乗インプレッション

スピードメーターはマイル表示で、メーター間のインジケーターは左端がニュートラルの初期型用。40マイル(64km/h)、4,000回転あたりでノンビリ走っても操縦している感じを味わえる。

こちらの記事もおすすめです

この記事を読んでいる方におすすめの商品

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。