カワサキ ニンジャ400R 試乗インプレ・レビュー

カワサキ ニンジャ400R
カワサキ ニンジャ400R

カワサキ ニンジャ400R

掲載日:2010年07月15日 記事カテゴリ 試乗インプレ・レビュー

国内ラインナップの空席を埋める
400ccフルカウルモデルが復活

今、最も話題となっている国内向けスポーツバイクと言えば、2010年8月1日にカワサキから発売される「ニンジャ400R」だ。2006年に同社のZZR400が生産を終えて以来、ずっと空席だった400ccクラスのフルカウルモデルが復活するということで、多くのライダーがデビューの日を心待ちにしている。ニンジャ400Rは、輸出車であるER-6fをベースに、日本の普通自動二輪MT免許に適合する400ccエンジンを搭載した車両だ。同社のERシリーズは、扱いやすさやバランスの良さによって、海外で高い評価を得ている。ベースマシンの素性が確かなだけに、国内向け仕様についても期待値が高くなってしまう。また、ニンジャ250Rよりスポーツツアラー的な性格に仕上げられていると言う点も気になるところだ。試乗インプレッションを通して、早速話題のニューモデルが持つ実力を確かめてみたい。

カワサキ ニンジャ400R 試乗インプレッション

数値に表れない性能が作り出した
誰もが楽しめるスポーツツアラー

カワサキ ニンジャ400R 写真
ニンジャ400Rは、スペックシートだけが性能を表す訳ではないことを、改めて確認させてくれるモデルだ。確かに諸元表を見ていると、突出した数値や特別な装備は見当たらない。しかし、いざ乗ってみるとそこには現れない実力を持っていることが実感できる。日本専用に再設計された水冷DOHC並列2気筒エンジンは、その見えない実力の象徴だ。最大出力は32 kW(44 PS)/9,500rpmと、決してハイパワーなエンジンではないし、往年のライダーなら400ccにしては物足りなさを感じるかもしれない。実際、パワーもマイルドで、レスポンスも穏やかだ。しかし、こういった味付けは過激な走りには向かないが、市街地走行やツーリングと素晴らしい相性を見せる。特に時速60km前後の味付けが絶妙で、スポーツバイクにありがちな“スロットルを開けられないストレス”とも無縁。クルマの流れに追従していても、ギクシャクした素振りをまったく見せない。ニンジャ400Rのエンジンが、日本の道路事情に合わせて丁寧に仕上げられていることを感じさせてくれる。

 

 

カワサキ ニンジャ400R 写真また、ER-6fに準拠する車体がエンジンに勝っているというのも、ニンジャ400Rの乗りやすさに繋がっている部分。少々ラフなスロットルワークを行っても、車体側に余裕があるため挙動が乱れにくく、安心感が強い。同様にブレーキも車体同様650ccクラスに合わせたものが装備されている。タッチは柔らかいが、確かな制動力とコントロール性を備えており、ビギナーでも扱いやすいブレーキとなっているのが特徴。乗り手が安心して操作できることを大切にし、安易にパフォーマンス重視に走っていないのは好印象だ。また、400ccクラスでは唯一となるフルカウルの完成度も高い。ウインドプロテクション性能はさすがの一言。これを体験してしまうとネイキッド+ハーフカウルの防風性能がいかにも頼りなく感じてしまう。上端がワイドになったスクリーンも効果的で、体に当たる走行風を大幅に低減してくれる。400cc以下の排気量では、最もハイウェイクルージングに向いたバイクと言えるだろう。

 

ニンジャ400Rは目立つスペックを持つモデルではないが、多くのライダーが楽しめる日本仕様のスポーツツアラーとして、安心感のある仕上がりとなっている。既存のライダー層だけでなく、これからバイクを楽しもうというビギナーにとって、この「気負わずに乗れる」と言う性能は大切だろう。そういう部分を重視する傾向はニンジャ250Rにも感じられたが、新たに加わったニンジャ400Rでより明確になった印象だ。もしかすると、ニンジャシリーズはスペック至上主義が多かった日本のスポーツバイクの在り方を問う存在なのかもしれない。数値だけに捉われない新たなスポーツバイクとして、ニンジャ400Rは是非一度体験して欲しいモデルだ。

カワサキ ニンジャ400R 特徴

クラス唯一のフルカウルを採用
リーズナブルな価格設定にも注目

カワサキ ニンジャ400R 写真
カワサキ ニンジャ400R 写真
カワサキ ニンジャ400R 写真 カワサキ ニンジャ400R 写真

ニンジャ400R最大の特徴は、国内向け400ccクラスで唯一となるフルカウルの採用だ。1990年代までは珍しくなかった装備だが、近年では大排気量スポーツ以外ではあまり存在せず、400ccクラス以下では同社のニンジャ250Rのみとなる。空力を考慮して設計されたスタイルは優美で、ネイキッドモデルにはない出で立ち。同社の大排気量スーパースポーツを意識したカウルデザインは、ニンジャ400のアイデンティティとも言える部分だ。防風性能と言う実用性も魅力だが、普通自動二輪MT免許で乗ることのできる唯一のフルカウルという部分も、このモデルの大きなセールスポイント。ネイキッドだらけの400ccクラスに、一石を投じるモデルとなっている。

 

また、ライダーの疲労を低減させるための工夫が豊富なのもニンジャ400Rの特徴。エンジンマウントの一部とハンドルマウント、ステップにラバーを採用することで、各部の振動を低減している。特にハンドルのラバーマウントは効果的で、高回転を使って巡航していても手が痺れるようなことはなかった。シートも他社の400ccモデルに比べると肉厚で、クッションもコシのある印象。アップライトなポジションとの組み合わせで、長時間走行しても疲労感が少なかった。一方、気になるのは実用面に大きく影響する収納スペース。ツアラーでは定番となるカウル内の収納だが、残念ながらニンジャ400Rには設定されていない。その代わり、シート下にはETC本体とU字ロックを収められるスペースが確保されている。荷掛けフックやタンデムグリップなどを使えば荷物の積載には問題ないが、ツーリングと言う用途を考えると、車体側の収納スペースはもう少し欲しかったというのが正直な感想だ。とは言え、国内向け400ccではリーズナブルな部類に入る649,000円というプライスを考えれば、装備類は納得できるレベル。美しいスタイルと必要十分な実用性を持つモデルとして、ニンジャ400Rは非常にコストパフォーマンスが高いモデルと言えるだろう。

画像をクリックすると拡大画像が表示されます

SPECIFICATIONS – KAWASAKI Ninja 400R

カワサキ ニンジャ400R 写真

価格(消費税込み) = 64万9,000円

2010年の国内向け400ccモデルの中では、唯一となるフルカウルが特徴。アップライトなポジションと高いウインドプロテクション性能を持つスポーツツーリングマシンだ。

■エンジン型式 = 水冷4ストロークDOHC並列2気筒

■総排気量 = 399cc

■ボア×ストローク = 68.4mm×55.0mm

■最高出力 = 32 kW(44 PS)/9,500rpm

■最大トルク = 37N・m(3.8 kgf・m)/7,500 rpm/p>

■トランスミッション = 常時噛合式6段リターン

■サイズ = 全長2,100×全幅760×全高1,200mm

■シート高 = 790mm

■ホイールベース = 1,410mm

■車両重量 = 203kg

■タンク容量 = 15.0L

■Fタイヤサイズ = 120/70ZR17M/C(58W)

■Rタイヤサイズ = 160/60ZR17M/C(69W)


あわせて読みたい記事

カワサキ ニンジャ400Rの人気パーツをチェック!

新着記事
あなたのバイク今いくら?

バイク買取無料一括査定

メーカー:
郵便番号:   -
郵便番号を検索