キムコ レーシングS125 – 走りと利便性をさらに高めた人気のスポーティスクーター 試乗インプレ・レビュー

KYMCO レーシングS125
KYMCO レーシングS125

キムコ レーシングS125 – 走りと利便性をさらに高めた人気のスポーティスクーター

掲載日:2016年09月14日 試乗インプレ・レビュー    

取材・写真・文/野岸“ねぎ”泰之

フレームや足回りを一新し、走りと利便性を
さらに高めた人気のスポーティスクーター

台湾のスクーターブランドキムコから、人気のレーシングシリーズの最新モデル「Racing S 125」が登場した。高い剛性に振動吸収性を両立させたハイドロフォーミングフレームと、一新された足回りでコーナリング性能を向上させたボディに、力強い出力特性を持つ124ccのバトルアックスエンジンを搭載。果たしてその実力はどんなものだろうか、実際に試乗してチェックしてみた。

※試乗車は台湾本国仕様のため、日本向けモデルとは一部仕様が異なる場合があります。

キムコ レーシングS125の特徴

キムコ レーシングS125の画像

美しく、ダイナミックなカーブのボディに
充実のユーティリティを装備

まずは外観から見てみよう。新しくなったレーシングS125は、まるでアスリートの筋肉のようなダイナミックなカーブを持つボディで、よりボリューム感のあるマッシブでエッジの効いたデザインとなった。車体中央側面には、高い強度を持つハイドロフォーミングフレームの一部が露出し、メタリックな質感とともにスポーツ性能の高さをアピールしている。低い位置に設置されたデュアルヘッドライトはロービームでも左右同時に点灯、その下にはライン状に配されたLEDにポジションランプが設けられ、被視認性を高めるとともに、アクセントになっている。

キムコ レーシングS125の画像

ユーティリティで目を引くのが、メインキー脇に配置されたUSB充電ポートだ。従来はグローブボックスの中にシガーソケットが設けられることが多かったが、これはUSB、しかもボックス内ではなく露出している。出力は5V2Aと大きめで、スマートフォンだけでなくタブレットなども充電できるのが心強い。差し込み口は下向きとはいえ、雨の中で使うのははばかられるが、すぐに利用できる場所に設置されているのは使い勝手がよく、嬉しいポイントだ。

キムコ レーシングS125の画像

もう一つのアドバンテージとして触れておきたいのが、シート下のトランクルームの広さ。ヘルメットを置いてもまだ前方にかなりのスペースがあるため、かなり重宝しそう。原付二種クラスではなかなかない広さだと思うので、利便性は高い。

キムコ レーシングS125の画像

メーターはフル液晶の多機能タイプで、時計や電圧なども表示できるほか、速度域によって色の変わるラインを配するなど、楽しいギミックを搭載。ただ、表示自体はクッキリとして見やすいのだが、透明のカバーの角度のためなのか、直射日光下だと光が反射して見づらい場面があったのは少し残念だ。

キムコ レーシングS125の画像

キムコ レーシングS125の試乗インプレッション

キムコ レーシングS125の画像

攻めてもブレない安定の走りは
街中での安全性の高さにも通じる

走りだしてまず感じたのは、ポジションの自由度が高いこと。フロアに足を置くノーマルポジションのほか、足を前に出すツーリングポジション、そし手足を引き、前傾姿勢に対応するレーシングポジションと、3つの着座姿勢を取れるように考えられている。

キムコ レーシングS125の画像

新設計のハイドロフォーミングフレームは、パイプの中に液体を封入し、数千トンという超高圧をかけることで複雑な形状を成形し、高い剛性を実現したもの。サーキットなどでハードに攻めたわけではないが、都市部を走るだけでその剛性の高さは実感できる。交差点など低速で曲がり角に進入した際にはややフロントが切れ込みやすい挙動があるものの、とにかく乗り心地がどっしりと安定しており、路面状態の良くないコーナーなどに突っ込んだ際にも車体のブレは全くない。エンジンハンガーを従来の上吊式から下吊式に変更したことでコーナリング中のバランス性能が向上したこと、新設計のサスペンションの採用、深いバンク角を確保したことなども、コーナリング性能の高さに貢献しているはずだ。

キムコ レーシングS125の画像

加速感はガツンと来るものではないが、ケイヒン製のインジェクションシステムを採用し、熟成度を高めたバトルアックスエンジンのフィールはパワフルで力強いもの。ストレスなく法定速度まで車体を運んでくれる。また、今モデルからリアブレーキがディスクとなったこともあり、ストッピングパワーも向上した。標準装着のタイヤに、レースでも使用できるというスペックのKENDA K702を採用していることで、一般道の走行においても安心感が増している。

レーシングS125は全体的に高い質感と気持ちの良い走りをうまくバランスさせたモデルで、所有すれば満足度の高い1台となりそうだ。

キムコ レーシングS125の詳細写真

キムコ レーシングS125の画像

下部にLEDポジションランプを装備するデュアルヘッドライトは、ロービーム時にも左右同時に点灯する

キムコ レーシングS125の画像

メーターはフル液晶の多機能タイプ。スピードレンジに応じて、速度の数字を囲むようにカラフルなラインが表示される。

キムコ レーシングS125の画像

シートや給油口の開閉もできるシャッター付きキーシリンダー。脇にあるのがタブレット等の充電もできる5V2Aの高出力USB充電ポート。

キムコ レーシングS125の画像

シート下トランクスペースは広め。SHOEIのJ-Cruiseを入れても前方にこれだけの余裕がある。

キムコ レーシングS125の画像

フロアはフラットで乗り降りしやすい。中央以外に前方、そして後方にも足を置けるスペースが確保されているため、ポジションの自由度が高い。

キムコ レーシングS125の画像

人間工学に基づいて、長時間のライディングでも疲れないよう座面の形状を最適化したシート。

キムコ レーシングS125の画像

導光版でU字型に光る、特徴あるテールランプ。ブレーキ&ウインカーにはLEDランプを採用している。

キムコ レーシングS125の画像

あえて車体サイド部分に露出させたハイドロフォーミングフレーム。高い剛性を誇るばかりでなく、デザイン上のアクセントにもなっている。

キムコ レーシングS125の画像

レッグシールドの内側左には給油口がある。メインキーの操作でワンタッチオープン、腰をかがめずに給油が可能だ。

キムコ レーシングS125の画像

高角度配置されたリアサスペンションはプリロードを5段階に調整可能。走行シーンや乗車人員に応じて変えることができる。

キムコ レーシングS125の画像

フロントタイヤは110/70-12で、KENDAのK702を装着。240mm径フローティングぺタルディスクを採用したブレーキを装備

キムコ レーシングS125の画像

リアタイヤは120/70-12。リアブレーキは200mm径のディスクを新たに採用し、制動力を向上させている。

Specifications – キムコ レーシングS125

キムコ レーシングS125 写真

価格(消費税8%込み)=29万9160円
※表示価格は2016年9月現在

レーシングシリーズ最新モデルとして登場したレーシングS125。パワフルなエンジンとコーナーリング性能を高めた足回りに加えて、USB充電ポートなどの充実装備も見逃せないモデルだ。

■エンジン型式=空冷4ストロークSOHC4バルブ単気筒

■総排気量=124.8cc

■変速機形式=CVT

■始動方式=セルフ式

■全長×全幅×全高=1,830×750×1,100mm

■シート高=790mm

■軸間距離=1,270mm

■車両重量=131kg

■燃料装置=フューエルインジェクション

■燃料タンク=5.5L

■FRブレーキ形式=F 240mmフローティングペタルディスク R 200mmディスク

■FRタイヤ=F 110/70-12 R 120/70-12

こちらの記事もおすすめです

この記事を読んでいる方におすすめの商品

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

新着記事

バイク買取&乗り換えガイド

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。