PGO TIGRA125 – スポーティな新世代スクーターが誕生 試乗インプレ・レビュー

PGO TIGRA125
PGO TIGRA125

PGO TIGRA125 – スポーティな新世代スクーターが誕生

掲載日:2011年09月27日 試乗インプレ・レビュー    

パワフルな水冷4ストエンジンを搭載
スポーティな新世代スクーターが誕生

スポーツマインドあふれるスクーターをリリースし続けるPGOが、「最強の水冷エンジン搭載」と銘打って2011年春に日本で発売開始したのが『TIGRA125』だ。このモデルは台湾や日本のみならず、世界53カ国でも販売されているクローバルモデルでもある。スペックを見る限り、125ccカテゴリーでトップクラスの実力を与えられたことは明確。モデル名の『TIGRA』とはラテン語で虎を意味し、英語の『Tiger』の語源にもなっているが、まさにその名の通りの力強さをうかがえるスクーターといえる。

TIGRA125のパワフルさの根源となっているのが、PGOが「最強」と記すほどの性能を誇る新開発の水冷エンジン。その実力を裏付けるかのように、原付2種のカテゴリーでは珍しく、リアにもディスクブレーキを採用させている点も見逃せない。さらに大容量メットインスペースやDC12V電源を標準装備するなど、充実装備も魅力のひとつ。原付2種ツアラーと呼んでも過言ではないマシンに仕上げられたTIGRA125を体感してみよう。

PGO TIGRA125の特徴

PGO TIGRA125の画像

エッジの効いたシャープなデザイン
毎日の使い勝手を考慮した実用装備

大柄なボディだが、取り回した印象では、重心も低くハンドルの切れ角も充分なため押して移動させるのも容易だ。乗車してみると、シートの端が斜めに大きくカットされているので身長163cmの私でも足付きに不安はない。シートの表面には滑り止めのエンボス加工が施され、さらにスポンジに適度の厚みと弾力があるので、長時間運転しても疲労度は低く抑えられている。

PGO TIGRA125の画像

キーをオンにすると、メーターパネルにはLCDメーターが青白く点灯する。認識性のよいアナログ式のタコメーターが大きなスペースをとっているのは、このスクーターがスポーツモデルであることを強調しているのだろう。エクステリアを見渡すと、フロントフェンダーやバックミラー、そしてフロントグリルなどはエッジの効いた直線的なデザインで統一されている。大きく前に伸びたフロントグリルにはエンジン冷却のためのラジエターがビルドインされているが、意識しなければラジエターの存在に気付くこともないだろう。なお、このフロントグリルの防風効果は高く、まるで風防が付いているかと思わせるほどだ。

PGO TIGRA125の画像

防犯シャッター機能を備えたイグニッションキーは、ハンドルロックやシート・給油口のオープンなど、すべての操作が可能な集中ロック式。このため、エンジンをかけている状態でもシート下のスペースに荷物を収納することが可能だ。このシート下のメットインスペースは、小さなヘルメットなら2つ収納できる容量がある。なお、試乗が夏だったこともあるが、このメットインスペースは熱がこもりがちな印象を受けた。熱に弱いものの収納には十分な配慮が必要だ。メットインスペースの後部にはDC電源のシガーソケットが装備されているので、走りながら携帯電話などの電気製品の充電ができる。さらにシガーソケットの横にはメイン電源のスイッチがある。これをオフにしておけば、エンジンは始動しない。簡単な仕組みだが防犯効果は高いと思う。

PGO TIGRA125の試乗インプレッション

PGO TIGRA125の画像

最高速までよどみなく加速するパワー
しっかりとした足回りとブレーキ性能

レース活動を積極的に展開しているPGOがサーキットで培わった技術で開発したTIGRA125の新型水冷エンジンは、最高出力は9.9kW/8,750rpm、馬力表記すると13.5馬力を誇る。このハイパワーのおかげで、ゼロスタートで他車に遅れをとることもなく、そこから一気に高速域まで到達する高次元の加速感が生み出された。加えて、トルクも太いため最高速までの到達時間が短いのが印象的だ。ジワジワと速度が伸びるのではなく、ズバッと最高速に到達してくれる。仮にクローズドエリアで充分な長さの直線があれば、スピードメーターは110キロを越えて表示することだろう。

PGO TIGRA125の画像

それほどまでの高速域でもアクセルを開け続けられるのは、フレームや足回りの安定感が高いことに尽きる。ハイスピードでもハンドルのブレは起らず、車体がヨレる気配もない。また、減速してからアクセルを開けつつコーナリングをするといった場面でも、抜群の安定感がある。スクーターは構造上重いエンジンが後ろにあるため、フロント加重が少ないのが普通だが、TIGRA125はアクセルを開けている状態でも、フロントタイヤの接地感を強く感じることができ、ライダーに大きな安心感を与えてくれるのである。

PGO TIGRA125の画像

都内近郊と周辺市街地を200キロほど走り、満タン法で測った燃費は37km/Lだった。アクセルを開けて走るのが楽しいマシンなので、走り出せば即全開という乗り方でもこの燃費だ。スロットルの開閉にリニアに反応するエンジンは気持ちよく、回転が上がるのを待つもどかしさはない。また、ウォータージャケットの効果か、アクセルを開けた時でもエンジン音や振動がこれまでの空冷マシンに比べて軽減されている。総合的に見て、ティグラ125は実用的な装備を損なわずにスポーティな走りを存分に堪能できるスクーターだと感じた。

PGO TIGRA125の詳細写真

PGO TIGRA125の画像

空力特性を意識してデザインされたロントマスクには、水冷エンジン特有のラジエーターグリルが配置される。ヘッドライトは夜間走行でも心強いH4(60W/55W)を採用。

PGO TIGRA125の画像

新しく採用されたLCDメーターには、タコメーター、スピードメーター、積算計、トリップ、燃料計、そして時計が表示される。

PGO TIGRA125の画像

12インチのアルミホイールとディスクブレーキ。φ245mmウェイブディスクとメッシュホースが採用されている。

PGO TIGRA125の画像

ハンドル左側の操作ボタンの配置。一般的なスクーターと同じなので戸惑うことはない。ウインカーボタンはプッシュキャンセル式。

PGO TIGRA125の画像

ハンドル右側の操作ボタンには、セルモーターボタンとハザードスイッチがある。真ん中にあるライトスイッチは、常時点灯になっている日本仕様では機能しない。

PGO TIGRA125の画像

ハンドル下には小物入れやコンビニフックが用意されている。左端の給油口は、キャップを開けて撮影している。

PGO TIGRA125の画像

表面に滑り止め加工がされているので、着座部分は適度なホールド感を生み出してくれる。

PGO TIGRA125の画像

シート下のヘルメットインスペースは広く、小さなサイズのヘルメットなら2個収納できる容量がある。

PGO TIGRA125の画像

ヘルメットインスペースには、携帯電話などの充電に便利な12Vのシガーソケットがある。左上のスイッチは、盗難防止のエンジンカットスイッチ。

PGO TIGRA125の画像

リアカウルにビルドインされた高輝度LEDのウインカーとテールランプ。大きな面積なので夜間走行でも被視認性が高くて安全だ。

PGO TIGRA125の画像

タンデムステップはアルミニウム製。指先で押し込むとロックが外れて飛び出し、同じく押し込むとカチリとボディに収納される。

PGO TIGRA125の画像

リアにはφ220mmブレーキディスクとメッシュホースが採用されている。隙間からチラリと見える、赤いサスペンションとキャリパーがスポーツマインドを刺激する。

関連商品はこちらから!

この記事に関連するタグ

こちらの記事もおすすめです

この記事を読んでいる方におすすめの商品

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

新着記事

バイク買取&乗り換えガイド

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。