ヤマハ XVS950CU ボルト Cスペック 試乗インプレ・レビュー

ヤマハ XVS950CU ボルト Cスペック
ヤマハ XVS950CU ボルト Cスペック

ヤマハ XVS950CU ボルト Cスペック

掲載日:2015年05月14日 記事カテゴリ 試乗インプレ・レビュー    

レポート/石橋 知也  写真/柴田 直行  記事提供/ロードライダー編集部
※この記事はカスタムNo.1マガジン『ロードライダー』の人気企画『New Model Impression』を再編集したものです

正式名はXVS950SU BOLT-C。通称はBOLT C-Spec。つまりボルトのカフェレーサー。このスタイルはクラシックスポーツの原点だ。そして走りはしなやかで、どこか懐かく感じる。

カフェレーサーの復活
魅惑のスタイルと音質

ビリー・ジョエルがニューヨークのロングアイランドに、カフェレーサーのカスタムショップ“20th Century Cycles”をオープンさせたのは、たしか2000年だった。その頃からアメリカやヨーロッパでは、カフェレーサー人気が急上昇。今では専門のTV番組(ディスカバリーチャンネルで放送中。テストライダーはエリック・ボストラムだ)、WEB、雑誌もある。でも、日本はまだ欧米ほど火が付いていない感じだ。

だからBOLTのCスペック(C=カフェレーサー)がリリースされたことはちょっと嬉しく、流行に敏感なヤマハらしい感じがした。

カフェレーサーのお約束はセパレートハンドル、バックステップ、シングルシートだ。BOLT Cも当然これらを装備。でも、前傾はキツくなく…というより低中速で走っても楽々で快適。ステップ位置はアップハンドルのSTD BOLTより後ろではあるけれど、スーパースポーツのそれとは違って中間位置で、それがかえって1970年代の改造カフェっぽい。トライアンフ・スラクストンやノートン・コマンド961とは全然違ってきつくない。シートはシングル風のダブル。表皮がスウェード調マット仕上げで、お尻が滑りにくく、座面もフラットで広め。ブレーキング時も前に落とされず、長時間乗っても快適なものだ。

こんな楽なライディングポジションなので、気軽に街に乗り出せる。タウンスピードを楽しめる要因のひとつがエンジン。鼓動感や排気音のサウンドがVツインらしいし、気持ちを苛立たせないのがいい。トウキョウやヨコハマの街をカッコ良く流す。昔、たまに出かけた横浜外人墓地にある“えの木てい”の前を通った時は、若いころを思い出した。バイクはバーチカルツインのヤマハXS650Eや借り物のベベルのドゥカティ900SS…だったかな?

今や貴重な空冷エンジンは60度Vツイン。バランサーも位相クランクもなしで振動が心配だったけれど、ワインディングロードをそこそこ飛ばしたり、高速道路の巡行ぐらいでは問題なし。デュアルボアφ35mmスロットルボディと各気筒1個ずつ配された4ホール・2方向噴射インジェクターが上手い具合に低中速域を演出している。ECUは32ビット。

跨ると、このスロットルボディに取り付けられたエアクリーナーボックスを右膝で、Vバンクカバーを左膝(後方気筒が左にオフセットしているから)で挟む格好になる。スリムで小ぶりな12リットルフューエルタンクだから、タンクは膝に当たらない。でも、この手のVツインの操作の主役はステップへの荷重と腰の向きで、両膝をガチガチに絞めないようにするのがコツ。その方が左右に軽快に運動させられ、旋回力も引き出しやすい。シート高は765mmと低い。欲をいえばステップまわりをもう少し整理してくれれば…。

スポーティに走っても、路面が良ければ車体のしなやかさが生きる。不等間隔爆発(300-420度間隔)のトルクが路面を蹴る感じもほど良いから、安心してスロットルを大きく開けられる。あえて2本サスでショートホイールベースにし、スイングアームもしなやかな丸断面にしたなど作りの狙いが、走りにちゃんと出ている。ホイールベースはモノサスのXVS950の1,685mmに対して1,570mmだ。幅の狭いドライブベルトも、芯線をいろいろ試してスムーズさと蹴り出し感の良さを探ったものだという。

ただ、少しハードに攻めるとさすがにステップが接地するし、荒れた路面や高荷重時では前後サスの減衰力が不足。その辺の対策はオーナーの楽しみとして残してあると思えばいい。前後ブレーキは強力ではないけれど、コントロール性は良い。また、ABSモデルも用意されている。

やっぱりカフェレーサーはいい。こういうバイクに心動かされるのは、カッコつけて許される年齢になったということかな。もちろんスタイリッシュな若い人もどーぞ!!

セパハンや専用シートでCAFEに

BOLTをベースに、セパレートハンドル/バックステップ/新型シート/フォークブーツを使い、メーター/Fウィンカー位置変更、Rショック長変更などで見事なカフェレーサーに変身させた。V Star 950ベースのエンジンを、ダブルクレードルフレームにリジッドマウントする

詳細写真

空冷60度VツインSOHC4バルブは、バランサーも位相クランクもなしのシンプルな構造で、クランク+ミッション2軸を詰めて前後長を短縮。ローラーロッカー、アルミ鍛造ピストン、めっきシリンダーを採用する

フロントフォークは正立φ41mm。フロントブレーキはフローティングφ298mmウェーブディスク+片押し2Pキャリパーのシングル。タイヤは100/90-19(ミシュラン・コマンダー II )で、リム幅2.50インチ

ドライブベルトに、カーボン芯線を使った高強度・軽量・しなやかな21mmベルトを採用。リヤショックはゴールドリザーバータンク付き

リヤブレーキはφ298mm+片押し1Pキャリパー。マフラーは2-1。アルミ鋳造ホイールは前後12本スポークで、リヤのリム幅は3.50だ。タイヤは150/80-16。極太ショートマフラーは2-1でサウンドは重厚だった

セパレートハンドル(アルミ鍛造)とフォークブーツはカフェレーサーの定番品。ウィンカーもカフェらしくロアブラケットにマウント

メーターはデジタル表示の速度計+各インジケーターとシンプル。マスターシリンダー、両レバー、スイッチ類も小型タイプを採用する

ティアドロップスタイルのフューエルタンクは12リットル。ストライプは伝統的なコンペティションライン。標準カラーはマット仕上げのグレーとブルーだが、ワイズギアのオプションにはBOLT共通で他に10色のタンクがあり、アクセサリーも豊富だ。カスタムを楽しめる

Cスペック専用のガンファイタータイプのダブルシートは、スウェード調のマットな部分と表革調をステッチで合せた凝った仕上げ印象的な光を放つ、クラシックなラウンドテールライトにはLED採用

試乗ライダー プロフィール
石橋 知也
1970年代、125ccのカフェレーサーを作って“そのハンドル、違法改造だろ!”なんて白バイ警官に文句を言われたよ。ステップは自作したがダサかったし、BOLT Cのものより前にしかつけられなかった。

BikeBooksで雑誌・電子雑誌をチェック!

この記事を読んでいる方におすすめの商品

あわせて読みたい記事