アメリカンドリーム Z900RS(カワサキ Z900RS)

掲載日:2018年06月17日 プロが造るカスタム    

取材協力/アメリカンドリーム

記事提供/ロードライダー編集部

※この記事は『雑誌名ロードライダー vol.435』に掲載された内容を再編集したものです

AMERICAN DREAM Z900RS(カワサキ Z900RS)のカスタム画像
AMERICAN DREAM Z900RS(KAWASAKI Z900RS)

カスタム感あふれるカフェレーサーカウルで
機能を高め細かい配慮でシャープさも高めるRS

東京MCショーに先駆けること1週間、2018年大阪モーターサイクルショーに出展されたのが、アメリカンドリームのZ900RS。Zやゼファーに見られる同店製カスタムの特徴のひとつでもあるハーフタイプ“カフェレーサー”カウルをまとい、発表当初まだ他に見なかったホワイト×メタリックグリーンの配色でまとめられている。

そのカフェレーサーカウルでは高速や長距離でのコンフォート感を向上。装着に関してはフルボルトオンでかつ装着後にも安定するように取り付けステーの取り回しや形状も工夫している。さらにシートも「できるだけ後ろ側を低く抑えるようにして、後ろまわりがスッと長く見えてよりスタイリッシュになるように」(松田さん)とオリジナル加工を施している。

AMERICAN DREAM Z900RS(カワサキ Z900RS)のカスタム画像

また単にすっきりさせるだけでなく、リヤタイヤにノーマルの180でなく200サイズを選び、車両下回りのボリュームを出してバランスさせている点も奏功しているようだ。白ベースのボディに対してアクセントとなるグリーンはゲイルスピードTYPE-GP1Sホイールにも施されているが、これはアクティブにオーダーした先行品(通常ラインナップにも加わる予定。ハイパープロ・リヤサスのスプリングも同色を特注している)。

この車両で使われたカフェレーサーカウルはZ900RS用にキット販売化進行中で、オリジナルチタンEXやカーボンインジェクションカバーは市販に移されている。これらによる全体仕様は、今後長く展開するだろうZ900RSに対してのカスタムコンプリート車両としての選択肢の提案でもある。実際に乗っても楽しそうだ。

アメリカンドリーム Z900RSの詳細写真は次のページにて

こちらの記事もおすすめです

この記事に関連するキーワード

この記事を読んでいる方におすすめの商品

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

新着記事

タグで検索

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。