シンプルさを追求したライトウェイトスポーツ、ハスクバーナ ヴィットピレン701

掲載日:2018年04月06日 試乗インプレ・レビュー    

取材協力/Husqvarna Japan  取材・文/伊丹 孝裕  写真/Husqvarna Japan

ハスクバーナ ヴィットピレン701(2018-)

HUSQVARNA VITPILEN 701(2018-)

115年の歴史を誇る名門から登場した
待望のビッグシングルスポーツ

1689年に銃器メーカーとして創設され、1903年から2輪の生産を手掛けているスウェーデンの名門ブランドがハスクバーナだ。30年代にはマン島TTを始めとするロードレースで、50年代以降はモトクロスやエンデューロで無類の強さを発揮しながらも、近年はいくつかの企業に買収されて国をも転々としてきた。しかしながら、2013年にKTM(オーストリア)の傘下に入ると再び勢いを取り戻し、現在続々とニューモデルを発表。その中の1台がこのヴィットピレン701だ。シンプルさを突き詰めたライトウェイトスポーツが見せる爽快な走りをお届けしよう。

ハスクバーナ ヴィットピレン701(2018-)の特徴は次ページにて

この記事に関連するキーワード

こちらの記事もおすすめです

この記事を読んでいる方におすすめの商品

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

新着記事

タグで検索

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。