カスタムテイスト溢れるバガースタイルの新型ゴールドウイングを最速インプレッション

掲載日:2018年02月08日 試乗インプレ・レビュー    

取材協力/本田技研工業  写真/ホンダ  取材・文/青木タカオ

ホンダ ゴールドウイング ツアー

GOLDWING(2018)HONDA

軽快感あふれるバガースタイル
足まわりやエンジンを精悍なブラックに

フルモデルチェンジを果たしたゴールドウイング。新型ではこれまで「F6B」の立ち位置だったバガーカスタムを「ゴールドウイング」とし、トップケース付きが「ゴールドウイング ツアー」となった。今回はサドルケースのみ装備の「ゴールドウイング」の試乗レポートをお届けしよう。

「ゴールドウイング ツアー」では7速DCT仕様(エアバッグ搭載)と6速マニュアルミッション(MT)が選べるが、この「ゴールドウイング」においては6速MTのみの設定となる。また、前後ホイールやエンジン、マフラーなどをブラックアウトし、クロームを用いるツアーとの差別化を図っている。

※写真はすべて北米仕様。

ホンダ ゴールドウイングの特徴は次ページにて

この記事に関連するキーワード

こちらの記事もおすすめです

この記事を読んでいる方におすすめの商品

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

新着記事

タグで検索

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。