【愛車と棲まう絶版車ガレージ】内藤智和さん(7110WORKS)&ホンダ NSR250R

掲載日:2018年08月28日 トピックス    

写真・文/絶版バイクス編集部  記事提供/絶版バイクス編集部
※この記事は「絶版バイクス vol.28」に掲載された内容を再編集したものです。

【愛車と棲まう絶版車ガレージ】内藤智和さん(7110WORKS)&ホンダ NSR250Rの画像

1980~90年代のレーサーレプリカ世代にとって雑誌「バリバリマシン」はバイブルでありアイドルでもあった。どこの峠で誰が速いのか。それぞれが思い思いのカスタムで派手にカスタムしたマシンでチームを組み、コーナリングを競った時代。乗り続けているライダー、再び乗り始めたライダーも、あれから20年を経て、ガレージで和気あいあいと過ごせる仲間となった。

峠では誰もがライバルの「バリマシ」世代
20年を経ても当時仕様のマシンを楽しむガレージ

サーフィンやマリンスポーツが盛んで、箱根にも近い湘南に暮らす内藤智和さん。中学生の頃からバリバリマシンを立ち読みし、17歳でNSR250Rロスマンズ(MC21)を購入。休みの日は地元小田原から芦ノ湖、宮ヶ瀬方面まで出かけて峠を攻めるのが日課だった。

【愛車と棲まう絶版車ガレージ】内藤智和さん(7110WORKS)&ホンダ NSR250Rの画像

バリマシ世代はマシンやヘルメットの並べ方へのこだわりが半端ない。今では皆すっかり円熟味を帯びたが、10代後半から20代前半当時は、互いに意識してもどう話しかけたらいいかも分からず、ひたすら峠を駆け抜けていた。

社会人として仕事を始めると徐々に峠から足が遠のき、結婚や子育てでNSRに触れる機会も減っていく。それでもいつか再び乗るつもりでナンバーだけは切らなかったが、軽自動車税を毎年払う張り合いも薄れ32歳の時に売却。NSRロスと言えば大袈裟だが、峠に通い詰めた頃の思い出が多い分だけ寂しさは大きかった。それからはスクーターや3輪のジャイロをカスタムして遊んでいたが、同世代がリターンしたり、今も走り続けていることを知ると矢も盾もたまらずもう一度MC21型NSRを購入。

【愛車と棲まう絶版車ガレージ】内藤智和さん(7110WORKS)&ホンダ NSR250Rの画像

撮影で集まってくれた仲間のために、大鍋で作ったモツ煮うどんを振る舞う内藤さん。奥さんと娘さんはバイクに全く興味がないというのも、どこのご家庭にもある話。

それと前後して工務店の後輩に建築を依頼したのが、元は農機具小屋があった場所に建つ現在のガレージである。トヨタクレスタ(現在ナンバー返納中)とNSR、散歩用のスクーターが収まるガレージは一般住宅と同じ在来工法で建てられ、一部はロフト構造となっている。釘やビスが自由に打てる木造建築の利点を生かし、棚や作業台をDIYで追加し、アメリカンな雑貨をディスプレイすることでメンテ作業時の使い勝手と居心地の良さを両立。バイクの周辺には十分なスペースがあるから、仕事が終わって時間に余裕のあるときは平日でもNSRをいじることもあるそうだ。

【愛車と棲まう絶版車ガレージ】内藤智和さん(7110WORKS)&ホンダ NSR250Rの画像

引き戸を設けることで、シャッターを開けずに人の出入りが可能となる。

【愛車と棲まう絶版車ガレージ】内藤智和さん(7110WORKS)&ホンダ NSR250Rの画像

ロスマンズ外装はDIYで塗装し、フロントゼッケンも開口部の違いで印象が変わる。

そしてこのガレージの現在の重要な役割が、今もレプリカに乗るバイク仲間が集まる場となっていること。二十数年前にはマシンや走りを知っていても口も聞かなかったNSR乗りが、今では互いに子供の自慢と奥さんへの文句(?)に相づちを打って笑う。もちろん「あの部品を替えた」「この加工はどうだ」とバイクの話が途切れることはない。

【愛車と棲まう絶版車ガレージ】内藤智和さん(7110WORKS)&ホンダ NSR250Rの画像

免許取得前からNSRに憧れ、NSRにしか乗ってこなかったから、これ以外のバイクには興味はない。リターン後はHRC製パーツをこつこつ集めて組み込んでいる。昔から他人と違うバイクにしたいという欲求があり、車体はMC21型ながらアッパーカウルをあえてMC16用としたり、センターカウル抜きでアンダーのみ装着する。

休日に峠に走りに行っても家族とショッピングモールに出かける時間までには確実に帰宅するし、一日中走り続けるほどの体力がそもそもないという現実も、40代の現役レプリカライダーの悲哀を感じさせて微笑ましい。バイクは1990年代仕様でも、ライダーは間違いなくオジサンなのだ。けれども、同じ経験をしてきた同世代ならではの気心の知れた居心地の良さがこのガレージにはある。

【愛車と棲まう絶版車ガレージ】内藤智和さん(7110WORKS)&ホンダ NSR250Rの画像

オークションでオシャレなアンティーク看板やナンバープレートを落札して、ガレージの壁をディスプレイ。

【愛車と棲まう絶版車ガレージ】内藤智和さん(7110WORKS)&ホンダ NSR250Rの画像

メンテナンスを行った日時と走行距離をノートに記録。「何をやったか忘れちゃうから」と言うが、こうした記録は後々になって役に立つ。

【愛車と棲まう絶版車ガレージ】内藤智和さん(7110WORKS)&ホンダ NSR250Rの画像

海岸からの砂を避ける急な屋根勾配を活用したロフトには、パーツや雑誌類を保管。

【愛車と棲まう絶版車ガレージ】内藤智和さん(7110WORKS)&ホンダ NSR250Rの画像

グラインダーやドリルなどの電動工具は、スーパーなどで使われているプラスチック製のカゴにまとめて保管。

【愛車と棲まう絶版車ガレージ】内藤智和さん(7110WORKS)&ホンダ NSR250Rの画像

作業台の上の棚には、「1本より何本かある方が見栄えが良いから」バイクショップのようにオイルやケミカルを並べる。その上の部品を入れる段ボール箱も、スーパーで都合の良いサイズを見つけると同じ箱を複数もらうことで統一感を出す。ちなみにこの箱は信州のぶなしめじ用。

【愛車と棲まう絶版車ガレージ】内藤智和さん(7110WORKS)&ホンダ NSR250Rの画像

名字の読みから名付けた「7110WORKS」の主である内藤智和さん。自宅の納屋がガレージ代わりだった高校生時代、内藤さんが学校から帰宅する前でも仲間が勝手にガレージで自分たちのバイクをいじっていたという。その感じは今も変わらない。

こちらの記事もおすすめです

この記事に関連するキーワード

注目のアイテムはコチラ

新着記事

タグで検索

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。