【バイク足つきチェック】2018年型キムコRacing S150/150ccスポーツスクーターの足つきは? トピックス

【バイク足つきチェック】2018年型キムコRacing S150/150ccスポーツスクーターの足つきは?

掲載日:2018年06月08日 トピックス    

取材協力/キムコジャパン株式会社  取材・写真・文/バイクブロス・マガジンズ編集部

【バイク足つきチェック】2018年型キムコRacing S 150 150ccスポーツスクーターの足つきは?

キムコが新型サスペンションやコーナリングの安定性、パワーを考慮して造り上げたRacing S150。シート高790mm、車両重量128kgの同車を160cm、175cm、180cmのテスターが足つきチェック。

日常的につかうスクーターだからこそ
足つきがどうなのかは重要なトコロ

キムコ(KYMCO)からリリースされているスクーターの中でも、スポーティな走りと特徴的なデザインが人気の「レーシングシリーズ」に2017年11月、Racing S150(レーシングS150)が仲間入りしました! レーシングシリーズは125ccのRacing S125も含め2017年にフルモデルチェンジしており、ライディングポジションの自由度が高いデザイン設計や最新の技術、新型サスペンションなどが採用され、注目度の高いスクーターのひとつです。

Racing S150が最新! とか新型! といっても、実際にどんな変化があったの~? と思っている方も多いと思いますが、例えばキムコ独自のIOV(Internet of Vehicle)テクノロジー「Noodoe(ヌードー)」を標準装備しており、スマートフォン専用アプリを使うことでバイクとスマホとの連携が可能なのです。天気や時間の表示はもちろん、停車時にはスマホに届いたSNSの更新通知などもチェックできるという便利さ。

さらに、自然にシートに腰掛けた状態から着座位置や足の置き場を変えることで、アーバンモード、レーシングモード、ツーリングモードと3つのライディングポジションを選ぶことも可能。もちろんこれはスポーツ走行時の安定性やホールド性能も考慮されてのこと。ちなみにシチュエーションによっての使い分けを実現しているのが、人間工学に基づいたデザインのシートなのです。

これがそのシート。走行中に身体にかかる負担を軽減して自然な乗り降りができる形状になっているのだとか。座り心地やシート高はどんな感じなのでしょう? 今回は比較車両に同じくらいの排気量を持つスクーターを選びシート高&車両重量をチェックしたのでそちらも併せて見てみましょう。

こうして比べてみるとRacing S150のシート高は標準、もしくは標準より少し高めで車体はとても軽いんですね。これならばちょっと足つきが悪かったとして、自分でしっかり支えられそうな重さかもしれません。

今回は160cm、175cm、180cmと3名のテスターが足つきチェックを行ったので、その様子を写真で見比べつつ、それぞれが感じたRacing S150の足つきのポイントや気になったところをお伝えします!

3名のテスターが跨って足つきチェックを行うのはキムコのRacing S150。シート高790mm、車両重量128kgで、テスターの身長は160cm、175cm、180cmです。

160cmのテスターを横から見てみよう。かなりシートの前方に腰かけているが、足の裏は半分ほど接地している。

片足では、足の裏の接地面積はあまり変わらないものの、少し深くシートに座ることができた。テスターの感想は「片足でも軽いのでしっかり支えられる。シートは柔らかめで気持ちがいい」とのこと。

真後ろから160cmのテスターをみてみる。足つきはやはり足の裏が半分に届かない程度。肘にはゆとりがある。

片足でもそんなに接地面積は変わらず。ただ、ふらつきなどもなくしっかりと車体を支えることができていた。

175cmのテスターを横から見た姿。座っている位置は少々シートの前方だが、足つきは両足ともベッタリ接地。

片足での足つきでは、「フットレストがありスペースも広め。足を投げ出した状態でも乗れて膝の曲がりもきつくない。これなら疲れにくそう」との感想。車体のサイズと175cmのテスターの体格はバランスが良いようだ。

真後ろから見た170cmのテスターの姿。なんの心配もない足つき加減。車体が128kgと軽いので、もし傾いてもラクラク支えられそう。

もちろん片足でもなんの問題もない。車体の傾きや腰の位置がずれることもなかった。

180cmのテスターが跨った様子。しっかりとシートの奥に跨り、足裏はベッタリと接地。膝も曲がっていてゆとりがある。

片足で跨った姿を見てみる。テスターいわく「ハンドルがちょっと近め。ポジションはかなりタイト」と180cmのテスターにとっては少し窮屈なライディングポジションのようだ。

180cmのテスターを後ろから見てみる。足裏はしっかり接地。肘、膝も曲がっていてしっかりとゆとりがある。

160cmのテスターはシートに跨った状態だと、スタンドの場所が見えにくく目視で確認してスタンドを出すのが難しかったとのこと。慣れてしまえば問題ないが、確かに少し確認しにくい場所にスタンドがある。

この記事に関連するタグ

こちらの記事もおすすめです

注目のアイテムはコチラ

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。