【アドレス125フラットシート試乗記事】専用シートで快適ライド! 税込み22万円台で手に入れるスズキの良心

掲載日:2018年06月29日 試乗インプレ・レビュー    

取材・文/野岸“ねぎ”泰之  写真/野岸“ねぎ”泰之、バイクブロス・マガジンズ

【アドレス125フラットシート試乗記事】そのコスパも大きな魅力。スズキのスタンダードスクーターの画像

SUZUKI Address125 Flat Seat

“快速”から“快適”へ
進化を遂げたスタンダードスクーター

スズキのアドレスシリーズといえば、歴代モデルはコンパクトな車体にパワフルなエンジンを搭載し、混雑する都市部で優れた機動性を発揮する“通勤快速”として名を馳せてきた。2017年9月、アドレスV125Sの後継として発売されたアドレス125は、それまで前後10インチだったタイヤをフロントのみ12インチとし、ボディも大型化。エンジンはSEP(スズキ・エコ・パフォーマンス)という低フリクション、低燃費を実現した新設計エンジンを搭載して、より快適でエコな志向へと方向転換したモデルとなった。

そのアドレス125に2018年3月、シートをフラット化してトランクスペース容量を向上させたフラットシート仕様が登場した。今回はその装備や走りの実力をチェックしてみた。

スズキ アドレス125フラットシートの試乗インプレッション

アドレス125フラットシートの特徴は次ページにて

こちらの記事もおすすめです

この記事に関連するキーワード

この記事を読んでいる方におすすめの商品

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

新着記事

タグで検索

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。