PGO ボン125 – 新型エンジンとアイドリングストップ機構を搭載 試乗インプレ・レビュー

PGO ボン125
PGO ボン125

PGO ボン125 – 新型エンジンとアイドリングストップ機構を搭載

掲載日:2015年07月01日 試乗インプレ・レビュー    

取材・写真・文/野岸“ねぎ”泰之

新型エンジンとアイドリングストップ機構を搭載した
意欲的なスタンダードスクーター

近年、日本の路上で台湾製のスクーターを見かけることも珍しくなくなり、すっかり定着した感がある。そんな台湾メーカーのうちのひとつ、PGOから2015年にデリバリーが開始された新しいモデルがBON125だ。新開発のエンジンに加え、独自のアイドリングストップ機構を搭載したこのモデル、その実力を詳しく探ってみることにしよう。

PGO BON125 の画像

PGO ボン125 の特徴

掛けやすいセンタースタンドや
多機能LCDメーターを装備

BON125の一番の注目ポイントは、アイドリングストップ機構を搭載した点だろう。それは後ほど紹介するとして、まずは外観から見ていこう。デザインはレーシーな雰囲気が漂うシャープでエッジの効いたもの。特にフロント部分にVの字を描くように大胆にあしらわれたクリアパーツが目を引く。このパーツの内側は、上部はウインカー、そして下部にはポジションランプが仕込まれており、点灯時はもちろん、そのままの状態でもキラキラと目立ち、BON125の存在感を高めるのに一役買っている。

PGO ボン125 の画像

次に注目したいのはセンタースタンド。BON125は装備重量が122kgとそれほど軽くはないが、女性でも簡単にセンタースタンドが掛けられるよう、持ち上げ抵抗の少ない独特の形状のスタンドを採用。実際、従来のスタンドに比べると軽めの力でスタンド掛けが可能だった。

PGO ボン125 の画像

メーターパネルには中央に針式のタコメーターを大きく配し、その下にLCDディスプレイを装備。表示はとても多機能で、スピードのほか燃料計、オドメーター、トリップメーター、時計表示のほか、モード切り替えでバッテリー電圧も表示できる。タコメーターの視認性がいいのはもちろん、スピード表示も数字が大きく、走行中でも確認しやすい。

PGO ボン125 の画像

ユーティリティに関しては、広めで使い勝手のいいフロントポケットに加え、コンビニフックが通常のフロント部とシート前端下部の2カ所に設置してあるのが意外と便利だ。少し残念なのがメットインスペース。容量としては十分あるものの、形状が浅めのため、帽体が大き目のフルフェイスやオープンフェイスヘルメットだと収まらない場合がある。シートのヒンジ近くにピン型のヘルメットホルダーを装備しているため、ヘルメットの固定には困らないが、雨天時の収納などを考えるともう少し深さが欲しいところだ。

PGO ボン125 の試乗インプレッション

PGO ボン125 の画像

パワフルな加速と安定した走り
スムーズなアイドルストップ&再始動

シートに座ると、お尻の納まりが良く、安定した座り心地だ。それもそのはず、同クラスの車両と比べると10mmほどスポンジ層を厚めにし、クッション性を高めているとか。これなら少々長めのライディングでも疲れは少ないだろう。

PGO ボン125 の画像

新開発となるXCエンジンはSOHCの2バルブ単気筒で、PGOの過去の同排気量空冷エンジンに比べ、ビッグバルブの採用、クランクシャフト&ベアリングの強度アップ、シリンダーヘッドの新たな排熱ルート確保など、70%以上の改良を加え、高出力と高い耐久性を実現したもの。エンジンを掛け、アクセルを開けると少々エンジン音は大きめだが、タコメーターの針はあっという間に7000回転付近まで吹け上がり、力強い加速を見せる。信号ダッシュで車の流れをリードできる軽快さは国産の125ccクラスと同様で、その割にハンドリングはどっしりと安定感のあるもの。これなら通勤、通学時にも不満はないはずだ。

PGO ボン125 の画像

さて、注目のアイドリングストップ機構はどうだろう。PGOではSTOP&GOシステムと呼ぶ機構は、ハンドル右側のスイッチで任意にオンオフが可能なほか、アイドル状態になってから何秒でエンジンを停止するかを、3~30秒の間で任意に設定できる仕組み。この設定はメーターのLCDを見ながらボタン操作で簡単に変更できる。再始動はブレーキレバーを握り、アクセルを軽く回すだけ。このブレーキを握るという動作に関してちょっと面倒に感じたり、違和感を覚える人がいるかもしれないが、普段から信号待ちでフロントブレーキを握って待機するクセのある筆者にとっては、全く違和感なくスムーズに再始動、そしてスタートを行えるものだった。おそらく誰にとっても慣れてしまえば気にならないレベルだと思う。

PGO ボン125 の画像

パワフルなエンジンとスポーティなルックスに、先進のアイドリングストップ機構を取り入れたBON125は、台湾スクーターの新たな時代を予感させる意欲作といえるだろう。

PGO ボン125 の詳細写真

PGO ボン125 の画像

フロントカウルには大胆にクリアパーツが配され、キラキラ感が漂う。上側はウインカー、下部にはポジションランプを装備。

PGO ボン125 の画像

メインキーにはいたずら防止のシャッターを装備。シートオープンやハンドルロック、給油口のオープンが1ヵ所で可能。

PGO ボン125 の画像

中央に大きく回転計を配し、スポーティなデザインのメーターパネル。LCD部分は燃料計のほか、時計やバッテリー電圧も表示できる多機能タイプだ。

PGO ボン125 の画像

STOP&GOシステムと呼ぶアイドリングストップ機構はスイッチでオンオフが任意に設定可能。アイドリングからエンジン停止までの時間もユーザーが設定できる。

PGO ボン125 の画像

フロント内側にはポケットとコンビニフックを備える。左側にあるのは給油口で、メインキーの操作でキャップがオープンできる。タンク容量は5.8L。

PGO ボン125 の画像

シートの前端下にも第2のコンビニフックを装備し、買い物に便利だ。脇には誇らしげにMADE IN TAIWANのステッカー。

PGO ボン125 の画像

シートはスポンジを厚めにし、クッション性を高めているため、タンデムも快適。グラブバーの剛性は高く、後部シートに荷物を固定する際にも役立つ。

PGO ボン125 の画像

シート下のメットインスペース。広さは十分だが浅めのため、収納できるヘルメットのサイズはきちんと確認したい。

PGO ボン125 の画像

センタースタンドは軽い力で掛けられるよう工夫された独特の形状のもの。サイドスタンドも標準で装備する。

PGO ボン125 の画像

フロントには200mm径のディスクブレーキを装備。タイヤサイズは前後共に3.50-10となっている。

PGO ボン125 の画像

フロアは比較的広く、滑り止めデザインも施されている。前方に足を出せるスペースもあるため、ポジションには余裕がある。

PGO ボン125 の画像

新開発のXCエンジンは7.4kw(10.1PS)/8,000rpmを発生、キックアームは装備していない。リアサスは5段階に調整が可能なツインタイプ。

Specifications – PGO BON125

PGO ボン125 写真

価格(消費税込み) = 28万5,120円
※表示価格は2015年6月現在

新開発のXCエンジンを搭載。さらに新機能「STOP&GOシステム」を採用し、高い環境性能と動力性、低燃費を実現。台湾スクーターの新時代を予感させる1台だ。

■エンジン種類 = 空冷4サイクル単気筒

■総排気量 = 124.6cc

■ブルーメタリック、ブラック、ホワイト

■最高出力 = 7.4 kW[10.1 PS]/ 8,000rpm

■最大トルク = 0.97 kgf-m / 6,500rpm

■始動方式 = セルフ式

■サイズ = 全長1,800×全幅735×全高1,110mm

■車両重量 = 122kg

■点火方式 = トランジスター式

■燃料タンク容量 = 5.8L

■乗車定員 = 2名

■Fブレーキ = 油圧式ディスク

■Rブレーキ = 機械式リーディングトレーディング

■F/Rタイヤ = 3.50-10

この記事に関連するタグ

こちらの記事もおすすめです

この記事を読んでいる方におすすめの商品

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。