KYMCO K-XCT125 – 想像以上の元気な走りにオドロキ 試乗インプレ・レビュー

KYMCO K-XCT125
KYMCO K-XCT125

KYMCO K-XCT125 – 想像以上の元気な走りにオドロキ

掲載日:2014年10月17日 試乗インプレ・レビュー    

取材・写真・文/野岸“ねぎ”泰之

見た目の大きさとは裏腹に
想像以上の元気な走りにオドロキ

スクーター大国の台湾で高い人気を誇っているのがKYMCOブランド。そのKYMCOがリリースした、ラグジュアリーでスポーティなロードスポーツが、K-XCT125だ。原付2種にしてはかなり大柄なマシンだが、果たしてその実力はいかに? 走りや乗り心地はもちろん、装備なども含めて、気になるポイントをチェックしてみた。なお、今回借りた試乗車は欧州仕様車のため、スイッチ類などが日本仕様とは一部異なっている。

KYMCO K-XCT125の特徴

KYMCO K-XCT125の画像

大柄なボディの随所に見られる
ロードスポーツの片鱗

K-XCT125のボディは大柄で、125ccとは思えないほどの迫力がある。それもそのはず、排気量が300ccのK-XCT300と車体サイズは全く同じなのだ。そのルックスは、スポーティを通り越して戦闘的、とさえ思える。シュッと吊り上がった野生動物のような鋭い目つきのヘッドライトや、ツノのようにピンとエッジを立たせたスクリーン、スポーツカーをイメージしたというフロントカウルサイド部に設けられたエアアウトレット風のデザインなど……「こいつはかなり走りそう!」というイメージを押し出している印象だ。

KYMCO K-XCT125の画像

シートに座ると目を引くのが、二眼風のデザインを持つメーター。大きく表示されるスピードのほか、バーグラフで表示されるタコメーターや燃料計、水温計、時計などを備えたマルチファンクションタイプとなっている。赤いピンストライプで彩られたデザインや、1万回転まで刻まれたタコメーターなど、こちらもスポーティな雰囲気を盛り上げるのに一役買っている。また、コントラストの高い液晶を採用し、昼間の視認性にも優れているのは安全面から見ても好ましい。

KYMCO K-XCT125の画像

左サイドのハンドル下には小さなふた付きポケットがあり、収納力はそれほど高くないが、内部にDCソケットを装備している。他にもLEDランプを装備したシート下トランクやコンビニフックなどを備え、スクーターとしてのユーティリティは十分に満たしている。

KYMCO K-XCT125の画像

ところで、主にヨーロッパ向けということもあるのか、このマシンのシート高は810mmと、原付2種のスクーターとしてはかなり高い部類に入る。座った感じも腰高な印象があるが、これが走りにどう影響してくるのだろうか。後半では気になる走りをチェックしてみよう。

KYMCO K-XCT125の画像

KYMCO K-XCT125の試乗インプレッション

KYMCO K-XCT125の画像

80年代のターボ車を思わせる加速と
キレのいいコーナーリングが共存

K-XCT125の加速を言い表すとしたら「スロースターターの爆速追い越し型」とでもいえるだろうか。エンジンをかけ、グイとアクセルをひねった際のスタートダッシュは、ブオーというエンジン音の高まりとは裏腹に、のんびりしたものだ。この車格と車重だから仕方がないか……と思ってのんきに構えていると、びっくりさせられることになる。デジタル式のスピードメーターの動きは、20~25km/hまでは読み取れるが、それ以上になると爆発的な加速力のため、数字が動きすぎて判別できない。それほどまでに、モリモリとしたパワーを感じさせる劇的な加速とスピードを実感させてくれるのだ。この、80年代の国産四輪車に見られた“ドッカンターボ”的な走りは意外と爽快で、信号ダッシュでは他のバイクをあえて先に行かせ、少しあとからグワーっと追いつき、サッと追い越すことも可能な実力を秘めている。

KYMCO K-XCT125の画像

一旦スピードに乗ってしまえば走りとハンドリングは軽快そのもの。1450mmというこの車格にしては短めのホイールベースはキビキビとしたコーナーリングワークを実現させてくれるし、高めのシートポジションからパタリと車体を倒し込むと、ダイナミックな旋回運動を楽しむことができる。フロントはΦ260mmのウェーブディスク、リアにはΦ240mmのディスクブレーキを配し、ともにステンレスメッシュホースを採用するなど、制動フィーリングもストッピングパワーも十分。フレームにダブルクレードルを採用することで、ハイスピード走行にも不安のない車体剛性を手に入れている。今回は街中での試乗のため、サーキットのような思い切った倒しこみはできなかったものの、メーカーではクラス最高の40°というバンク角を実現した、とうたっているので、走行条件にマッチしたタイヤを履けば、かなり元気な走りを楽しめそうだ。また、シートが高めということはアイポイントも高いわけで、そこから得られる広い視界は走行中のストレスを減らし、危険予知を容易にしてくれるなど、プラスの効果もあると感じた。

KYMCO K-XCT125の画像

大柄な車体とパワフルなエンジンがもたらす余裕の走りは、郊外中心の乗車時間や距離の長い通勤や、2人乗りを含めたツーリングユースなど、幅広いシーンでアドバンテージを感じられるはず。原付2種というクラスを超えたクオリティを実現したK-XCT125は、走りの満足感とともに所有欲をも満たしてくれるマシンといえるだろう。

KYMCO K-XCT125の詳細写真

KYMCO K-XCT125の画像

ヘッドライトはハロゲンで、ロービームは左、ハイビームは右が単独で点灯する。ライト下部にはラインタイプのLEDポジションランプを装備。

KYMCO K-XCT125の画像

クチバシのように立体的な造形のヘッドライトからつながるカウルもまた立体的。ウイング状パーツの内側はエアアウトレット風メッシュになっている。

KYMCO K-XCT125の画像

スポーティなデザインを与えられたメーターパネル。表示はツイントリップや燃料計、水温計、時計など多機能だ。周囲に配された警告ランプ類も見やすい。

KYMCO K-XCT125の画像

左右のブレーキレバーにはそれぞれ調節機能があり、好みに応じて4段階に調節可能。黄色いのはハザードランプのスイッチだ。

KYMCO K-XCT125の画像

イグニッションスイッチにはワンタッチシートオープン機能を備えるほか、盗難防止用のシャッターも装備している。

KYMCO K-XCT125の画像

ちょっとした買い物袋などを下げるのに便利なコンビニフックを装備。折り畳み式のため、使わないときは邪魔にならない。

KYMCO K-XCT125の画像

左サイドにはDCソケットを備えたふた付きのポケットを装備。350mmペットボトルも入らないほど小さめなので収納力はあまり期待できない。

KYMCO K-XCT125の画像

シートには前席用のバックレストを標準装備。シート自体は長いので、お尻の置き場所の自由度は高い。

KYMCO K-XCT125の画像

フロアのトンネルは大きめで乗降性はいいとは言えない。フロア前方のスペースはU字型に湾曲しており、足が置きにくいのが残念。せめてフラットな形状にならないものか。

KYMCO K-XCT125の画像

シートにはダンパーを装備し、開閉はスムーズだ。トランクにはLEDランプを装備。スペース的にはフルフェイス+αといったところ。

KYMCO K-XCT125の画像

リアのグラブバーはとてもガッチリとした作りで安心感がある。分割式で、荷掛ゴムなどのフックも掛けやすい構造となっている。

KYMCO K-XCT125の画像

コンパクトにまとめられたリアのコンビネーションランプ。テール&ブレーキランプにはLEDを採用し、被視認性を高めている。

関連商品はこちらから!

Specifications – KYMCO K-XCT125

KYMCO K-XCT125 写真

価格(消費税別) = 45万2,520円
※表示価格は2014年10月現在

同社K-XCT300とボディを共通とするスクーター。大柄なボディからは想像もつかない心地よい加速を見せるラグジュアリーなスポーティクルーザー。充実のユーティリティ装備も見逃せない魅力のひとつとなっている。

■エンジン型式 = 水冷4 ストロークOHC4 バルブ単気筒
■総排気量 = 124.8cc
■最高出力 = 11kW/9,000rpm
■最高トルク = 11.6N・m/7,000rpm
■変速機形式 = CVT
■始動方式 = セルフ式
■点火方式 = トランジスタ式
■サイズ = 全長2,145×800×1,290mm
■軸間距離 = 1,450mm
■シート高 = 810mm
■最低地上高 = 140mm
■装備重量 = 173kg
■乗?定員 = 2人
■燃料タンク容量 = 10リットル
■Fタイヤサイズ = 120/70-14
■Rタイヤサイズ = 150/70-13
■カラー = マットホワイト、マットブラック

この記事に関連するタグ

こちらの記事もおすすめです

この記事を読んでいる方におすすめの商品

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

新着記事

バイク買取&乗り換えガイド

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。