PMC Z900RS(カワサキ Z900RS)

掲載日:2018年08月12日 プロが造るカスタム    

取材協力/PMC

写真・文/ロードライダー編集部

記事提供/ロードライダー編集部

※この記事は『雑誌名ロードライダー vol.435』に掲載された内容を再編集したものです

PMC Z900RS(カワサキ Z900RS)のカスタム画像
PMC Z900RS(KAWASAKI Z900RS)

サイドカバーからテールカウルの
ラインで演出する昭和Z1スタイル

2018年3月の東京モーターサイクルショーでPMCは4台の車両展示を行った。多く製造販売するリプロパーツを使って新車並みに仕立てたZ1、同社が扱うYSSサスペンションを装着したZX-10R。残る2台がZ900RSだが、今回はむしろこちらがメイン。そのうち1台がこの車両で、「70’s Naked Style」と名付けて2018年の今、1970年代のネイキッドスタイルを提案するとした。

PMC Z900RS(カワサキ Z900RS)のカスタム画像

他と大きく異なるのはパイプを使い、曲げ、溶接したパーツによる構成で、職人技とともに昭和テイストを感じさせる。外装も「純正がショートテールなのでZ1スタイルの長めのものがほしいという声が多かった(PMC/担当・奥村さん談)」とのことから、長めなZ2テールを試作しZ1純正風テールランプをセット。

また実用性も重視してシート下には十分なユーティリティスペースを持つツールケースキットを装備し、大型サブコンの搭載や盗難防止グッズの積載を可能とするなど、要所を押さえたカスタムでストリートを軽快に流す70’sネイキッドスタイル仕様として仕上がっている。フレームプラグを手始めに各パーツは随時市販化されるともいい、今後の展開も楽しみだ。

詳細写真

PMC Z900RS(カワサキ Z900RS)のカスタム画像
PMC Z900RS(カワサキ Z900RS)のカスタム画像

大径ウインカーはKHタイプでフォーク前面にはKawasakiエンブレムも追加装着。エンブレムステーやライトステー、ラジエーターコアガード(市販中)等もPMCオリジナル品。イエローのライトレンズも往年のシビエを彷彿させるルックスで、いかにも’70年代的。

PMC Z900RS(カワサキ Z900RS)のカスタム画像

Z2タイプサイドカバー、テールカウルとの組み合わせでかなり印象の変わったテールまわり。シート下に見えるアルミ部分はオリジナルのツールケースキット底面で、内側の容量を拡大している。

PMC Z900RS(カワサキ Z900RS)のカスタム画像
PMC Z900RS(カワサキ Z900RS)のカスタム画像

マフラーは手曲げ4-1の手曲げストレート。シルバーのダウンチューブもオリジナル品でパイプ素材はステンレス。リアサスユニットはYSS製MA456、サスペンションリンクもオリジナルに変更するなど走りの面もアップグレードされている。

BikeBooksで雑誌・電子雑誌をチェック!

この記事に関連するキーワード

こちらの記事もおすすめです

この記事を読んでいる方におすすめの商品

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

新着記事

タグで検索

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。