ストライカーシステムヨコハマ Z900RS(カワサキ Z900RS)

掲載日:2018年07月01日 プロが造るカスタム    

取材協力/ストライカーシステムヨコハマ

記事提供/ロードライダー編集部

※この記事は『雑誌名ロードライダー vol.435』に掲載された内容を再編集したものです

STRIKER SYSTEM YOKOHAMA Z900RS(カワサキ Z900RS)のカスタム画像
STRIKER SYSTEM YOKOHAMA Z900RS(KAWASAKI Z900RS)

ボルトオンパーツでのカスタムの
可能性を最大限に高めたデモ車

ストライカーシステムYOKOHAMAのZ900RSは、同店がカラーズインターナショナルのアンテナショップ的な位置づけでもあり、いち早く展開してきた同社製パーツをフルに装着している点が大きな特徴だ。主な部分を挙げれば、Gストライカースイングアーム、同じくステムキット。カラーズ製チタンフルエキゾーストにステップ、フロントカーボンフェンダー。加えて立体構成のフェンダーレスキット等で、これらはいずれもボルトオン装着できる配慮もされている。

同店はゼファーやZRX系でのパーツ実績もあるが、代表の新さんによれば「Z900RSはこれまでのカワサキ車に匹敵するような手を入れる隙間や余地があるし、それを考えるのが面白いバイクでもあります。だからそこに当てはまる=見た目や質感、あとポジションなど手を入れて楽しめるパーツを作ったんです」とのこと。

STRIKER SYSTEM YOKOHAMA Z900RS(カワサキ Z900RS)のカスタム画像

ブースで車両を披露した2018年東京モーターサイクルショーでの反響も上々で、後にサーキットで行ったテストでも、変更した部分の効果は確認出来たとのこと。従来と違うのは、ステムを例に取るならば、ゼファー1100でF18→17インチ化する際にフォークオフセットを変えて適正トレール量を確保するような大がかりなことがない点。

だが、その分今までなかったような色付けを行ったり、STDバー/セパレートなどハンドル選択肢も増やすなどでルックス含めた楽しみ幅を広げたのが、Z900RS向けならではの新しいところと言える。機能だけでなく雰囲気も換えるカラーズ製パーツ群には要注目だ。

詳細写真

STRIKER SYSTEM YOKOHAMA Z900RS(カワサキ Z900RS)のカスタム画像

ステムはギルドデザインとのコラボレート品。STDハンドルバー/ポスト仕様でも使えるが、今回はセパレートハンドル仕様。ポジションは前傾になるがきつくはなく、カフェレーサー的な印象で楽しめる。汎用のセパレートハンドルとウイングタイプアッパーブラケット、ブレーキホースをセットにしたセパレートキットも市販に向けて開発中。Z900RSは元々前後17インチなのでフォークオフセット(34mm)をいじる方向でなく、色つけでルックス変化を楽しむようにもされる。ブラウンアルマイトのインジェクションカバーも同様の思想だ。

STRIKER SYSTEM YOKOHAMA Z900RS(カワサキ Z900RS)のカスタム画像

シートは内部スポンジをやや硬めにし形状と表皮を変更。ポジションが決まり、ライディング時の変形が減ることで操作感も高まる。持ち込みでの加工に対応してくれる。

STRIKER SYSTEM YOKOHAMA Z900RS(カワサキ Z900RS)のカスタム画像

アルミ削り出しの立体ステーによるアルミビレットフェンダーレスキットも目新しいパーツ。保安基準適合の45°角で、LEDナンバー灯付属。

STRIKER SYSTEM YOKOHAMA Z900RS(カワサキ Z900RS)のカスタム画像
STRIKER SYSTEM YOKOHAMA Z900RS(カワサキ Z900RS)のカスタム画像

ステップはストライカーツーリングコンセプト=STCで20/20、20/30、30/20、30/30mm(いずれもバック/アップ)の4位置選択式、人気商品とのこと。EXはJMCA適合のチタンフルエキでSTD比単体4kgの軽量。ホイールはSTDだがリムステッカーでカスタム感を演出。

BikeBooksで雑誌・電子雑誌をチェック!

この記事に関連するキーワード

こちらの記事もおすすめです

この記事を読んでいる方におすすめの商品

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

新着記事

タグで検索

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。