【Page2】カタナエンジンに可能性はあるのか 2 特集記事

【Page2】カタナエンジンに可能性はあるのか 2

掲載日:2010年04月30日 特集記事ヨシムラに聞くエンジンチューン    

記事提供/2009年12月24日発行 月刊ロードライダー 2月号
柴田直行/木引繁雄 Text/石橋知也

 

処理は研磨材を入れたプールにパーツを丸ごと入れて、洗濯機のようにゴロゴロとかき回すのだ。現在ヨシムラがリリースするカタナ用パーツは、カムとTMR-MJNキャブのみ。そのTMRの新作、ブラックアブソリュートにもNK-1レーサーでも使ったサイドリンク仕様φ40mmが設定されている。

 

「1135Rのときも黒キャブでしたけど、1135Rは各気筒用を繋ぐピッチパーツ(アルミ)まで黒にしました。ブラックアブソリュートは、そのピッチはシルバーのままなので、1135Rのキャブの方が手間がかかってますね。スピゴットはどちらも黒です」(川口)

1135Rは、’00年から開発に取り掛かり、’01年に5台が完成した。

 

「ファイナルエディションが出るんで、何かやってほしいというユーザーの声が多かったね」 (不二雄)

 

1135Rは、’82年AMAスーパーバイク、’90年代中期のNK-1、そしてヨシラムで手がけたユーザーのカスタムなどの手法を総合し、かつ最新技術を盛り込んだ集大成仕様だった。5台しか作られなかったのは、ベースのファイナルエディションの新車が5台しか手に入らなかったからというのが真実だったようだ。

 

「とにかくすべての部分を見直しました、最低2仕様は試したと思います。Fフォークはφ41mmも含めた3~4仕様を検討し、最終的にGSX-R600用φ45mm正立を改造。ダンパーをバラし、シムを積み直し、インナーチューブを延長し、ボトムケースは西村コーティングさんで、サンドブラスト処理でヨシムラの文字を入れて塗装して・・・・・・。フレーム補強用のガセットはAMA仕様やNK-1のイイとこ取りで。スイングアームは1135R専用です。NK-1ではTT-F1用を上下逆さに使ってましたから。チェーン引きはハヤブサレーサーと同仕様でした。ホイールはビトーR&D製で、フロントはGSX-R用でしたが、リヤは1135R用の特注品です」(川口)

 

これからもヨシムラが生み出したAMAスーパーバイク、NK-1、1135Rは、多くのカタナカスタムのお手本になっていくことだろう。そしてそこに中空カムのように最新パーツを組み合わせながら、進化を続けるはずだ。ヨシムラのカタナ伝説に終わりはない。そう期待したい。

 

   

1135R以前にヨシムラはユーザーのオーダーでカスタムを製作することがあって、これはその1台。足まわりはNK-1仕様に近い。Fキャリパーはブレンボ。キャブはTMR-MJNでK&Nフィルター付き。マフラーはチタンのEXパイプにアルミシェルのバナナサイレンサー

 

NK-1用フレーム。スイングアームピボットまわりの補強や、Rショックをレイダウンするためのサブフレーム(シートレール)のカチ上げ加工がよく分かる。サブフレーム改造の手法はAMAスーパーバイクとは異なる

 

NK-1レーサーも前後17インチ。RショックはヨシムラKYB-SGS335を使った。Fフォークはφ40mmヨシムラSHOWA。FキャリパーはNISSIN4Pの削り出し。NK-1用のマフラーはカーボンやバナナなどがあった

ヨシラムジャパン TEL 046-286-0321 〒243-0303神奈川県愛甲郡愛川町中津6748 
営/9~17時  休/日祝/代2・4・5土 

 

    ページ :

  • 01
  • 02

この記事に関連するタグ

こちらの記事もおすすめです

注目のアイテムはコチラ

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。