レトロ・バイクグラフティ第7回 DAIHATSU Hallo(ダイハツ ハロー)1974年

掲載日:2019年05月10日 レトロバイク・グラフティ    

イラスト・文/藤原かんいち

レトロバイク・グラフティ タイトル画像

レトロ・バイクグラフティ第7回 DAIHATSU Hallo(ダイハツ ハロー)1974年の画像

まさにホノボノ癒し系、ダイハツ製の3輪スクーター

いまから10年いや20年以上前かもしれない。日本全国を旅しているとき、酒屋の前でビールケースを載せた、ボテッと太った不思議な3輪バイクを見つけた。当時はバイクに詳しくなかったので、丸くて動物みたいなバイクだな、きっと海外のバイクなんだろう……と勝手に思っていた。

その後もたまに見かけることはあったが、特に乗りたいとも思わなかったので、メーカーも名前も知らぬまま、そのバイクの印象だけはずっと頭に残っていた。

レトロバイク連載が始まってから「そういえば、昔おかしな形をした3輪車があったけど、何という名前なのかな?」と思って調べると、さすがインターネットの時代、そのバイクの画像はすぐに見つかった。

名前は“ダイハツ・ハロー“。外国製ではなく日本製、それも自動車メーカーのダイハツが作ったバイクと知り2回驚いた。

販売開始は1974年。電気モーターを載せた”ハローBC“もあったらしい。配達や御用きき等のために生まれたトライクで、低くて広く安定した荷台、跨る方向に傾斜するスイングフレーム機構を採用していた。当時の社会事情に合わせた最先端のバイクだったが、残念ながら1年間で販売中止になってしまったらしい。全国のディーラーでしか買えなかったことがひとつの原因らしい。

物を効率よく運ぶための道具だった時代のバイクだが、実用性だけでなく、ホノボノ癒し系の空気を持っているのがハローの魅力なのである。

ダイハツ ハロー スペック
  • ■サイズ/全長 1770mm×全幅 650mm×全高 925mm ■車重/--kg ■エンジン/空冷 2ストローク単気筒 ■排気量/49cc ■最高出力 3.5ps/6500rpm ■最大トルク/0.42kgf・m/5500rpm ■変速機形式/--

こちらの記事もおすすめです

この記事に関連するキーワード

新着記事

タグで検索