ヤマハ WR250R 試乗インプレ・レビュー

ヤマハ WR250R
ヤマハ WR250R

ヤマハ WR250R

掲載日:2009年09月24日 記事カテゴリ 試乗インプレ・レビュー   

衝撃的なデビューから早2年
改めてWR250Rと向き合ってみる

「ヤマハから新しいオフロードバイクが発売される」と聞いたときのあの高揚感は今でも覚えています。「オフロードバイクは売れない」なんてネガティブな発言を耳にしていただけに、ものすごく嬉しかったんです。初めてWR250Rに試乗したのは、SUGOのコースでした。それまで、モトクロスコースはTT-R125かセローなどでしか走ったことがない私が乗るっていうのはちょっと無謀かなとも思ったのですが…。もちろんジャンプなんて大それたワザなんかやったこともありませんでした。それがですねぇ、出来ちゃったんですよWR250Rは。ふわっと軽く浮く感き、着地後の安定感も抜群! 傍から見たら、ぜんぜん飛べてないって言われるでしょうがね…。で、恋に落ちてしまったのです。今ではしっかりと私の相棒となっています(笑)。あの衝撃的な出会いから約2年。なるべく私情を挟まないようにインプレッションしてみたいと思います…。

ヤマハ WR250R 試乗インプレッション

ストリートからオフロードまで
マルチに使える最高の相棒

ヤマハ WR250R 写真WR250Rが発表されたとき、久しぶりに新設計のオフロードバイクが発売されることに喜んだ反面、「コンペマシンなんでしょ、乗れるわけがない」とネガティブに考えてしまうところがありました。実際、「オフロードのR1」とか、「プレミアムオフロードスポーツ」などと言われてましたもんね。それまでセロー225に乗っていた私にはハードルが高すぎる感じはあったのですが、乗ってみたいという好奇心の方が強く、試乗会で無謀にもチャレンジしてみたのです。ハードルを高くしている要因のひとつ、足着き性はシート高が895mmと非常に高いので、173cmある私でさえ、つま先立ちです。ただ、重心点をすぐに感じることができるのでバランスが取りやすく、ヨタヨタと崩れることはありません。これは、ダートを走っている時によく感じられます。林道区間の下りをスタンディングで走行しているとき、リアブレーキを踏みすぎてロックしたのですが、素早く持ち直すことができました。それまでの私は、同じ状況にあったら確実に転倒しています。これもマスの集中化のおかげ、うまくバランスがとれるんです。私が、WR250Rを買う決め手となったのは、この点にあります。

 

ヤマハ WR250R 写真また、スロットルを開けると瞬時に付いてくる加速も心を震わせました。かといって、その加速感に強烈な印象はないんです。超低速でガレ場を登るときに感じるパワーは力強いながらもジェントル。オフロード初心者を突き放すようなことはしません。派手なアクションとして感動したのは、ジャンプが飛べてしまうことです。モトクロスコースでジャンプ台があったところをなめるように走ることしか出来なかった私がふわっと飛んでしまったのです。着地も安定していました。もちろん、YZ250Fと比べると重さは感じるのですが、コースを走行していて何ら不満はありません。さて、高速走行はどうでしょうか。セロー225は、高速道路で90km/hを越えると車体の弱さが顔を出しましたが、WR250Rはとっても快適。スピードが増しても安定した走りをします。クローズドで145km/hまで出してみたのですが、全くブレません。250ccクラスのオフロードバイクでは考えられない安定感です。まぁ、そこまでスピードを出して走ることはないでしょうけど。

 

ヤマハ WR250R 特徴

抜群の走破性と安定性
ライバルは現れるのか?

ヤマハ WR250R 写真毎日通勤に使用していることもあり、当たり前すぎてその良さをすっかり忘れかけていたのですが、先日、私のWR250Rを友人に貸すことになり、その代わり友人の某メーカー250ccオフロードバイクで通勤してみましたが、私もう、他の250ccオフロードバイクには乗れない身体になっていることを実感しました(笑)。加速感、安定感は全くと言っていいほど次元が違います。そりゃ、比べるってことが酷なのかもしれません。前にも述べた「オフロードのR1」と言われるそのエンジンは、シングルでありながら高回転域までスムーズに伸び、ストレスが微塵もないんです。走行時に感じる軽さは、コンパクトに設計されたエンジンと、アルミフレームのなせる技。マスの集中化のために重量物を中心下部にギュッと集めた設計は、車体をコンパクトかつスマートにし、とてもスタイリッシュ。通勤時に「あ、かっこいい」と目を奪われるのは、WR250Rですからねぇ。ちょっとこれは親ばか発言に近いかもしれませんが。セロー225から乗り換えた私にも乗れてしまう、実は初心者にもやさしいWR250R。懸念するのはシート高が895mmあるがゆえの足着き性だけですかね。かっこいいオフロードバイクに乗りたいと願う女子には少々きついかもしれませんが、身長が165cmあれば問題はないと思います。おしりをずらして停車するにしても、バランスが崩れて転倒することはそうはないと思います。遊び方のひとつとして、自走でコースまで走り、着いたら保安部品を外して走るというものが現実に出来てしまいます。街中でもキビキビとした走りに対応し、コースではコンペマシンのようなアクティブな走りを楽しめる。ただ、保安部品を外すのは一苦労。私はいつもリア周りを外すのに苦労します。とはいうものの、ロングツーリングをしても辛さがなく、どんな道でもどんな場面でも楽しめてしまうのは日々の相棒として最高だと思うのです。「250ccなのに70万円」と思うと高いかもしれませんが、このWR250Rに関しては、「70万円で買えてしまう」と思うほうが正しいような気がします。個人的に期待したいのは、他メーカーでも同クラスのマシンを販売してほしいということ。ここまで突き抜けてしまった感のあるWR250Rを超えるマシンを造れるかというと、相当のプレッシャーはあるでしょうね。

画像をクリックすると拡大画像が表示されます

SPECIFICATIONS – YAMAHA WR250R

ヤマハ WR250R 写真

価格(消費税込み) = 70万1,400円

国内市販車オフロードモデルの最高峰といっても過言ではないWR250R。
乗り手をやる気にさせるそのポテンシャルの高さは素晴らしいの一言。

■エンジン型式 = 水冷4ストロークDOHC 4バルブ単気筒

■総排気量 = 249cc

■ボア×ストローク = 77.0mm×53.6mm

■最高出力 = 23kW(31PS)/10,000rpm

■最大トルク = 24N・m(2.4kgf・m)/8,000rpm

■トランスミッション = 常時噛合式6速リターン

■サイズ = 全長2,190×全幅810×全高1,235mm

■シート高 = 895mm

■ホイールベース = 1,425mm

■装備重量 = 132kg

■タンク容量 = 7.6L(「無鉛プレミアムガソリン」指定)

■Fタイヤサイズ = 80/100-21M/C 51P

■Rタイヤサイズ = 120/80-18M/C 62P

この記事を読んでいる方におすすめの商品

あわせて読みたい記事

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます