ヤマハ WR250X
ヤマハ WR250X

ヤマハ WR250X – 超高回転型エンジンに刮目せよ

掲載日:2008年03月18日 試乗インプレ・レビュー    

構成/バイクブロス・マガジンズ編集部

EDレーサーの記号を与えられた
ヤマハ初のスーパーモタード

今回ご紹介するWR250Xには、WR250Rというオフロードモデルの姉妹車が存在する。両車に共通する「WR」という2文字は、これまでヤマハ製エンデューロレーサーに与えられてきたものだ。Wは「Wide」、Rは「Ratio」を意味し、「ギアレシオがワイドになっている」ということを現している。何に対して「ワイド」なのか、それはモトクロスレーサーに対して、である。その関係はモトクロスレーサー YZ250のエンデューロレースバージョンとして生まれた YZ250WRに、明らかな例を見ることができる。

ヤマハ WR250Xの画像

その後、WRシリーズとしてWR250Fなどのエンデューロレーサーが生み出されてきた。基本的にはレーサーモデルに用いられてきた「WR」であるからして、ヤマハから新型オフロードモデルの開発がリリースされ、その名称として「WR」が使われることが分かったとき、もしやWR250Fの公道用リーガルモデルの登場か?との憶測を呼んだのもいたしかたのなかったこと。結果としては、まったく新しく開発されたオフロードモデルと、同時開発されたスーパーモタードモデルであったわけだが、この名前によって否応なしに期待が高まってしまった。ヤマハにとっては、自ら越えるべきハードルを高くしたということになる。そして、今回の俎上には、WR250X。同社にとって、初めてのスーパーモタードモデルである。先にトレッキングモデルのセロー250をベースにしたXT250Xがあったものの、ヤマハは同車に「スーパーモタード」という言葉を使っていない。これもレースシーンに由来する「スーパーモタード」という言葉は、WR250Xにこそ使われるべきだと考えたのだろう。

ヤマハ WR250Xの特徴は次ページにて

こちらの記事もおすすめです

この記事に関連するキーワード

この記事を読んでいる方におすすめの商品

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

新着記事

タグで検索

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。