マジェスティCのロー&ロングスタイルは、いつの時代も定番メニュー

掲載日:2018年02月28日 プロが造るカスタム    

取材協力/インターセプト
取材・写真・文/ガスグラフィックス

マジェスティCのロー&ロングスタイルは、いつの時代も定番メニューの画像
ヤマハ マジェスティC(インターセプト)

ロングホイール加工によるロー&ロングは
懐かしくもあり新鮮でもある人気スタイル

フレーム加工を施すことで、リアホイールの位置をボディ後端よりもさらに後部に配置し、ノーマルよりもさらにスタイリッシュなボディバランスを獲得できる。これが、ロングホイールベースカスタム、いわゆる『ロンホイ』加工の始まりだった。

以前は専用のキットが販売されていたこともあったが、ハード指向のこだわりユーザー達が、絶妙な長さを求めてフレームのワンオフ加工を追求したことで、いつしかこの加工はライトカスタムよりもワンステップ上の、ハードカスタムへと昇華していった。

マジェスティCのロー&ロングスタイルは、いつの時代も定番メニューのカスタム画像

フレーム加工には、一般的なバイクのチューニング・カスタム技術とは異なる溶接技術が求められるため、普通のバイクショップでは手に負えない領域だ。その結果、バイクショップとしての技術はもちろんだが、フレーム加工技術を持つショップこそがスクーターのカスタムショップとして認知されるようになっていった。

このマジェスティCのカスタムを担当した大阪のインターセプトは、正にビッグスクーターカスタムの創世記よりフレーム加工を手掛けてきた老舗ショップである。ロンホイ加工の技術は当然だが、誰が見てもかっこいいと感じる絶妙なバランス感など老舗だからこそもつノウハウがこの車両に投入されているのだ。

詳細写真

マジェスティCのロー&ロングスタイルは、いつの時代も定番メニューのカスタム画像

フレーム加工は定番のロー&ロングスタイルだが、フロントフェイスは極低スタイルを獲得できる人気のロータス製スーパーローをチョイス。メーター周りの移設が必要となるが、マジェスティCがもつフロント部分のポッテリ感を無くすには最良のアイテムだ。

マジェスティCのロー&ロングスタイルは、いつの時代も定番メニューのカスタム画像

ロングホイールベース加工を施すと、装着するサイレンサーのバランスも重要になる。この絶妙な長さと大きさ、そしてパワーフィールを獲得するインターセプト製オリジナルマフラーは、ロンホイユーザーにオススメの製品だ。

マジェスティCのロー&ロングスタイルは、いつの時代も定番メニューのカスタム画像

ロンホイ加工を施してたうえで、リアの外装やスタイリングはシンプルにまとめ上げた。トップモスト製リアスポイラーは、ノーマルのリアテールにさりげなく覆いかぶさる控えめなデザインが特徴。

マジェスティCのロー&ロングスタイルは、いつの時代も定番メニューのカスタム画像

スポーティーなスタイルを獲得するための定番パーツであるセパレートハンドル。これも同店が各車種用の製品を発売したことで、ポピュラーなスタイルとなったことは間違いない。ノーマルメーターを取り外した代わりに、ACEWEL製メーターをハンドル部にセットしている。

マジェスティCのロー&ロングスタイルは、いつの時代も定番メニューのカスタム画像

ウインカーの加工もインターセプトによるもの。LEDでリレータイプにすることで、小さいながらも視認性を向上させている。フレーム加工だけではなく、このような電装加工も同店は得意としている。

カスタムポイント
  • ●フロントフェイス…LOTUS ●サイドエアロ…MAD SPEED ●リアカウル…TOP MOST天使の羽 ●シート…INTERCEPTフラットシート ●マフラー…INTERCEPT ●ハンドルバー…INTERCEPTセパレートハンドル ●ミラー…INTERCEPT ●フロントサスペンション…40mmダウン ●リアサスペンション…60mmダウン ●フロントブレーキキャリパー…BREMBO 4ポット ●リアブレーキャリパー…BREMBO 2ポット ●ウインカー…LEDリレー加工 ●メーター…ACEWEL

この記事に関連するキーワード

こちらの記事もおすすめです

この記事を読んでいる方におすすめの商品

新着記事

タグで検索

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。