ホンダ MVX250F 取材で見つけた旧車バイク紹介

ホンダ MVX250F

掲載日:2016年12月27日 記事カテゴリ 取材で見つけた旧車バイク紹介    

記事提供/Zeppanバイクス編集部  取材協力/エフオート
※この記事はモト・メンテナンス別冊『Zeppan BIKES 20号』の『物件通信』を再編集したものです

ホンダ MVX250Fの画像
ホンダ MVX250Fの画像
HONDA MVX250F

スクーターやオフロードモデルを除けば4ストメーカーのイメージが強かったホンダが、世界GPを席巻したNS500と同様の新開発2ストローク水冷V型3気筒250ccエンジンを搭載したのが1983年に登場したMVX250Fである。RZ250RやRG250ガンマなどのライバルに比肩するポテンシャルがあったものの、前年に登場して大ヒットを放ったVT250Fに似たデザインや、メーカー初の2ストロードモデルの扱いに販売店が不慣れだったことなどが重なり、人気モデルとはなれず、NS250Rに後継を譲ることとなった。

だが絶版車市場での人気はいまだ根強く、そんなファンに絶好なのが、CB400フォアの販売でお馴染みのエフオートが保有するこの車両。サイドカウルやアンダーカウル、シートカウルなど当時の純正オプションパーツ満載で、タイヤも1983年生産のOEMモデルが装着された奇跡の1台!!

詳細写真

ホンダ MVX250Fの画像

16インチのブーメランコムスターホイールとインボードディスクブレーキの組み合わせはVT250FやVF400Fと同様の装備。経年劣化によってリムやスポークのアルマイトが腐食する例が多いが、この車両は新車さながらの光沢を維持している。

ホンダ MVX250Fの画像

フロント2気筒、リア単気筒の90度V型3気筒エンジンは、新車時にガソリンに添加する2ストオイルが付属し、混合ガソリン時の白煙を減らすためにオイルポンプの吐出量を絞って焼き付く事例が取り沙汰され、焼き付きやすいエンジンという悪評が立った。

ホンダ MVX250Fの画像

右側のマフラーから吐き出されたオイルでナンバーが汚れないよう装着された、サイレンサーエンドのゴムキャップが残っている。

ホンダ MVX250Fの画像

シートカウルはテール部分のキーロックとサイドのネジで着脱できる。カウルの下には純正ダブルシートがあり、タンデムも可能。

この記事を読んでいる方におすすめの商品

あわせて読みたい記事