モトグッツィ V7 Special 試乗インプレ・レビュー

モトグッツィ V7 Special
モトグッツィ V7 Special

モトグッツィ V7 Special

掲載日:2013年02月21日 記事カテゴリ 試乗インプレ・レビュー    

取材・文/佐川 健太郎  写真・動画/MOTOCOM  衣装協力/HYOD

伝統の縦置きVツインが
全面刷新されて戻ってきた

モトグッツィの代名詞とも言える、縦置きVツインエンジン。同じ90度Vツインを持つドゥカティなどが車体に対してクランク軸を横置きしているのに対し、モトグッツィはクランク軸が車体と同じ方向にセットされているのが特徴だ。縦置きはエンジン前後長を短くでき、メンテナンス性に優れるシャフトドライブを採用しやすく、クランク軸とシャフトが同軸方向なので動力の伝達効率に優れるなどのメリットがあるとされる。 一方で、クランク軸が回転する反力によってトルクリアクションが生じるなど、ハンドリングにクセがあるのも事実。良くも悪くも存在感のあるエンジンが今回、全面刷新され、パワーアップして戻ってきた。さて、どんな走りを見せてくれるか楽しみである。

モトグッツィ V7 Special 特徴

モトグッツィ V7 Special 写真 モトグッツィ V7 Special 写真 モトグッツィ V7 Special 写真


10PSのパワーアップと
10%の燃費向上を実現

モトグッツィ V7 Special 写真V7スペシャルはモトグッツィのスタンダードモデル、V7シリーズの最新バージョンである。1970年代のテイスト溢れる伝統的なデザインを継承しつつも、最新テクノロジーを注ぎ込まれているのが特徴だ。開発コンセプトには「エレガントさを感じさせること」、「イタリアンプロダクトのこだわりがあること」、「2シリンダーエンジンであること」、「ゆとりを感じさせる走り&デザインを感じられること」、「伝統に支えられていること」という5つのキーワードを掲げ、スペックだけでは語れない、モトグッツィならではの独自性が光る。

 

モトグッツィ V7 Special 写真まず大きく改良されたのはエンジンで、空冷4ストローク縦置き90度VツインOHV2バルブ、排気量744ccという基本的なレイアウトは変えず、200点以上の部品を新規もしくは再設計。結果として全体の70%が新たなパーツで構成されることとなった。新設計のエアークリーナーボックスとφ38mmのスロットルボディを搭載するF.I.システム、新型ピストンの採用による圧縮比アップなどにより、従来比で最大トルクは約12%、ピークパワーも10ps上乗せの50psを発揮。燃費も約10%向上させている。また、トランスミッションの改良によってシフトフィールを向上。燃料タンク容量は17リットルから22リットルへと増量するなど、航続距離を延ばすとともに、燃費向上と合わせてロングツーリング性能を高めている。

 

なお、新型V7シリーズには、シャーシなどの基本構成を共通とする『V7 Stone』も同時にラインナップ。こちらは白や黒のモノトーンの車体色と、新設計のアルミ製キャストホイールが採用されるなど、シックで都会的な雰囲気が特徴だ。価格も89万8,000 円と抑えられている。

モトグッツィ V7 Special 試乗インプレッション

味わいを残しつつ
走りはよりパワフルに

モトグッツィ V7 Special 写真V7スペシャルは、その場にあるだけでホッとするバイクだ。バイクが「鉄の馬」と呼ばれた頃の雰囲気を色濃く残すクラシカルなスタイリングや、何の電子制御も持たないシンプルな機構のエンジンと車体。古き良き時代を思い起こさせる縦置きVツインの穏やかな鼓動などが逆に新鮮。いろいろなストレスを抱える現代人の心を癒してくれる、そんな存在だ。

 

一番変わったのはエンジンだ。参考までにスペックで比較してみると、従来型のV7が40.1ps/6,250rpmだったのに対し、新型は50ps/6,200rpmと大幅にパワーアップしている。特に低中速のトルクが厚くなっていて、クルマを置き去りにする俊敏なスタートダッシュも可能。高回転域の伸びもスムーズになり、従来型では辛かった高速道路の追い越しも楽になった。OHV2バルブという古式ゆかしいレイアウトではあるが、フィーリングはより軽やかに、現代的にリファインされているのだ。

 

モトグッツィ V7 Special 写真ハンドリングは素直。見た目がクラシカルなので一見クセのある乗り味を想像してしまうが、走り出してみると極めて普通で、乗りやすいバイク。フロント18インチホイールということで、高速の切り返しなどではやや慣性力の大きさを感じるが、逆に言えばそれが安心感につながっている。倒し込みでもキレ味鋭い最近のスポーツモデルとは違い、穏やかに舵角がついてくるので、コーナリングでもゆったりしたリズムで楽しめる。さらに比較的タイトなワインディングが楽しい。スロットルワークだけで自在に切り返していく、そんなシーンが得意だし、走っていて気持ち良い。正立フォークとツインショックというコンベンショナルな前後サスペンションと、ほど良いしなり感を持ったスチールフレームの組み合わせは、高い次元ではないところで操る楽しさを教えてくれる良さがある。ブレーキもガツンと効くものではなく、逆にそれが全体としてウェルバランス。もちろん、油圧ディスク+4ピストンなので、必要十分な制動力も持ち合わせている。エンジンが強化されて従来型よりパワフルな走りが楽しめるのだが、車体は基本的に従来どおりなので無理な突っ込みなどは禁物だ。ギャップのある路面ではバイクの挙動が激しく出る場面もあった。そこはネオクラシックらしく、まったりとエンジンの脈動に揺られ、バイクとの対話を楽しむ走り方が楽しいし、このバイクに合っていると思う。

 

モトグッツィ V7 Special 写真軽くコンパクトな車体は市街地でも有利だ。縦置きクランク特有のトルクリアクション(スロットルオンで右に車体が傾ぐ動き)も、走り出してしまえば気にならないレベル。足着きの良さが渋滞路でも安心感を与えてくれる。従来モデルは夏に試乗したこともあり、渋滞路では空冷の弱みである熱ダレ傾向が出たときもあったが、こと新型に関してはそのあたりもだいぶ改善されているようだ。また、従来型は大きく左右に張り出したヘッドカバーにヒザが当たることがあったが、新型ではエンジンがコンパクト化され、ニーグリップ時の違和感もなくなった。ライダーの体格にもよるが、大事な要素だと思う。

 

Uターンもやりやすい。ハンドル切れ角が大きく、加えてホイールベースも短いため小回りが利く。グラッとしても、車重が軽く足着きもいいので、心理的不安も少ない。極低速で粘りのあるエンジンも有利。ただし、乾式単板クラッチ特有のクセは相変わらずなので、発進だけは丁寧につないでやりたいところだ。

 

往年の味わいを残しつつ、より信頼性が高まったエンジンと、バイクらしいオーソドックスな車体を持った現代のクラシック。V7は気負いなく普通に乗れるイタリアンバイクである。はじめての外車に選びたい人はもちろん、スペックに踊らされることに疲れたベテランライダーにこそ、是非おすすめしたいモデルだ。

 

画像をクリックすると拡大画像が表示されます

SPECIFICATIONS – MOTO GUZZI V7 Special

モトグッツィ V7 Special 写真

価格(消費税込み) = 105万円

縦置きVツイン+シャフトドライブの伝統を今に残すモトグッツィのベーシックモデル、V7シリーズの最新作。エンジンをリファインし大幅なパワーアップを実現。

■エンジン型式 = 空冷4ストローク90度V型2気筒OHV2バルブ

■総排気量 = 744cc

■ボア×ストローク = -

■最高出力 = 50PS(37kW)/6,200rpm

■最大トルク = 60Nm/2,800rpm

■トランスミッション = 5速

■サイズ = -

■車両重量 = 198kg

■シート高 = 805mm

■ホイールベース = -

■タンク容量 = 22リットル

■Fタイヤサイズ = 100/90-18

■Rタイヤサイズ = 130/80-17

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

あわせて読みたい記事