鈴木健二選手JNCC&JECレースマシン SEROW250(ヤマハ SEROW250)

掲載日:2018年12月28日 プロが造るカスタム    

取材協力/鈴木健二選手JNCC&JECレースマシン
記事提供/ガルル編集部
※この記事は『ガルルvol.370』に掲載された内容を再編集したものです

鈴木健二選手JNCC&JECレースマシン SEROW250(ヤマハ SEROW250)のカスタム画像
YAMAHA SEROW250

エンジンはノーマル!
足まわりを重視したレース仕様車

カントクという愛称でも呼ばれている鈴木健二選手。かつては、全日本モトクロスでヤマハファクトリーチームの監督をしており、現在はヤマハでオフロードのレーシングマシン開発を担当。エンデューロレースにも参戦し、15年にはWR250Rをモディファイしたマシンを駆り、全日本エンデューロ選手権第4戦の日高で、レーサーを相手に見事優勝している。そんな鈴木選手が次のマシンとして選んだのがSEROW250だったのだ。

「面白いことをやりたかったのと、セローのイメージを変えたかったんです。どうしてもオフロードの入門機、トコトコ走るマシンと見られがちですよね。セローはもっとスポーティに走れますし、高いポテンシャルを持っていることを証明したかったんです」と鈴木選手。

16年はJNCCのFUNクラスへこのSEROW250で出場し、優勝した他、全日本エンデューロ選手権の日高ではレーサーに混じり3位を獲得している。相当なカスタムが施されているのかと思いきや、エンジンはノーマル! 主たるカスタムは、足まわりの高性能化とポジションの適正化だけなのだ。

鈴木健二選手JNCC&JECレースマシン ヤマハ SEROW250の詳細写真は次のページにて

こちらの記事もおすすめです

この記事に関連するキーワード

注目のアイテムはコチラ

新着記事

タグで検索