スズキ レッツG 試乗インプレ・レビュー

スズキ レッツG
スズキ レッツG

スズキ レッツG

掲載日:2015年03月06日 記事カテゴリ 試乗インプレ・レビュー   

取材・写真・文/野岸“ねぎ”泰之

スニーカーのような気軽さで乗れる
カジュアルな低燃費スクーター

スズキの誇るロングセラー原付スクーター、レッツの初代モデルが発売されたのは1996年のこと。以来、何度もモデルチェンジを繰り返しながら、人気モデルのポジションを保ってきた。そんなレッツシリーズの新しいモデル、レッツGが2014年末に発売となった。新たにスズキ独自の低燃費「SEP(SUZUKI ECO PERFORMANCE)エンジン」を日本仕様車として初めて搭載。優れた燃費性能を手に入れたこのレッツG、果たしてその実力はどんなものなのだろう。早速、装備や走りをチェックしてみよう。

スズキ レッツG 特徴

スズキ レッツG 写真 スズキ レッツG 写真 スズキ レッツG 写真


軽く、扱いやすい車体には
メッキパーツを贅沢に採用

まず驚いたのが、その軽さ。調べると、燃料やオイルを含めた装備重量で69kgしかないのである。同じスズキの、従来モデルであるレッツ5Gが73kg、アドレスV50が72kgなのに比べても、かなり軽く仕上げられているのがわかる。そのため、押し歩きがとても楽に行える。左側のシート下にはグリップが設けられ、センタースタンドがけも簡単。シート高も695mmと低めに設定されていて、乗り降りにストレスがなく、非常に楽な造りだ。これなら、小柄な人や年配の方でも気軽に扱えるだろう。逆に、体格の大きな人にはちょっと窮屈かもしれない。

 

外観は曲線の多い柔らかなフォルムで構成されており、丸いヘッドライトと相まって、飽きのこない、親しみやすいデザインとなっている。従来モデルのレッツ5まではウインカーがフロントカウルに配置されていたが、今回からハンドルにビルトインされ、表情が大きく変わっている。また、ウインカーレンズはクリアタイプになった。ちなみに今回のレッツシリーズには、スタンダードモデルであるGのつかない『レッツ』も用意されているが、レッツGにはミラーやグリップエンド、リアのグリップにメッキ処理がされ、ホイールがシルバー、シート表皮に2種類の切り替えとパイピングを施すなど、より贅沢な装備となっている。

 

ユーティリティは、横向きにフルフェイスヘルメットが入るシート下のトランクスペースやコンビニフック、フロントインナーラック、シャッター付きキーシリンダーなど、過不足のない装備。その中で目を引くのが、インナーラックだ。1Lのペットボトルに加えてグローブなどの小物まで入る余裕があり、このクラスとしては大きく、利便性が高い。

 

スズキ レッツG 写真

スズキ レッツG 写真

スズキ レッツG 写真

スズキ レッツG 試乗インプレッション

ライトでコンパクトなボディのため
ヒラヒラと軽快な乗り心地

最高出力3.0kWのエンジンは空冷単気筒で、SEP(SUZUKI ECO PERFORMANCE)と呼ばれれる新開発のものを搭載。これは、燃焼効率を上げ、フリクションロスをなくすことにより、パワーを落とすことなく低燃費を実現したスズキの先進技術。吸気ポートの形状の最適化や部品の配置についても徹底的に検討され、30km/h定地燃費で74km/L、WMTCモード値でも54.8km/Lという、国内空冷50ccスクータークラスでトップレベルの低燃費を実現している。燃料タンク容量もレッツ4に比べて0.3L増の4.8Lとなり、航続距離も伸びている。

 

セルモーターで始動したエンジンの音は軽快で、アクセルを開けると若干高めの音にシフトするものの、耳ざわりな感じはない。発進加速はあくまでマイルドなもので、ある程度スピードに乗ってから、モリモリとトルクが出てくるタイプのエンジンだ。

 

軽くてコンパクトな車体のため、ヒラヒラとした軽快な乗り味で、混んだ道、細い道でも気兼ねなく走らせることができる。逆に軽快過ぎてフロントの接地感が心もとない場合もあるので、ジェントルな走りを心掛ける方がいいかもしれない。とはいうものの、トータルのパッケージで見ると、軽くて小回りが利き、日本の道と日本人の体格にマッチした、とてもいいバランスのスクーターだと感じた。

 

幹線道路を長時間走るような通勤・通学用途は苦手かもしれないが、家から駅までのラストワンマイル・モビリティとしてはもちろん、日常的な買い物の足など、原付本来の使い方がよく似合う、気軽に履けるスニーカーのようなカジュアルさと魅力を持ったスクーターといえるだろう。

 

スズキ レッツG 写真

スズキ レッツG 写真

スズキ レッツG 写真

画像をクリックすると拡大画像が表示されます

Specifications – SUZUKI Let’s G

スズキ レッツG 写真

価格(消費税込み) = 15万4,440円
※表示価格は2015年3月現在

「使いやすく、本当にいいものを」をテーマに2015年に新発売された原付スクーター。流行に左右されない外観デザインに、環境性能に優れた新開発エンジンを搭載。日本市場のために生み出された「Made in JAPAN」原付である。

■エンジン種類 = 強制空冷4サイクル・単気筒/SOHC 2バルブ

■総排気量 = 49cc

■最高出力 = 3.0kW[4.1PS]/8,500rpm

■最大トルク = 3.7N.m[0.38kgf-m]/6,500rpm

■始動方式 = キック・セルフ併用式

■サイズ = 全長1,660×全幅615×全高995mm

■シート高 = 695mm

■軸間距離 = 1,150mm

■最小回転半径 = 1.8m

■装備重量 = 69kg

■燃料供給装置形式 = フューエルインジェクションシステム

■燃料タンク容量 = 4.8L

■乗車定員 = 1名

■FRタイヤ = 80/90-10 35J

この記事を読んでいる方におすすめの商品

あわせて読みたい記事

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます