外装から足回りまでフルチューニングしたTMAX

掲載日:2018年11月21日 プロが造るカスタム    

取材協力/弥生
取材・写真・文/ガスグラフィックス

外装から足回りまでフルチューニングTMAXの画像
ヤマハ TMAX(弥生)

TMAXのフルチューニングで
街乗りからサーキットまで楽しむ

各所に配置された艶やかなカーボンパーツ。ノーマルとは明らかに異なる存在感を主張する前後サスペンションやホイールといった足回り。速さと力強さを実感させるアクラポビッチの排気音など。余すところなくチューニング&ドレスアップが施されたTMAX530が、4月に鈴鹿ツインサーキットで開催されたTMAX DAYSに参加していた。

ルックスと走りの質を向上させるためのパーツの豊富さは、ビッグスクーターの中でも群を抜くTMAX。それだけに、愛車のスタイルをどの方向に進化させるのか、それが全国のTMAXオーナーの悩みでもある。

外装から足回りまでフルチューニングTMAXのカスタム画像

そういう意味でこの弥生が造ったフルチューン530は、中途半端なことはせずに「全てに手を入れる」という意思が表れている。特に、走りを楽しむことができるスクーターであることがTMAXの大きな魅力なのだから、その部分をしっかりと仕上げたことで、こうしてサーキットでも満足のいく走りができる車両として完成したのだ。

しかも、ベースとなったSJ12J(4型)は、初代から続くスポーティーな走りをそのまま踏襲しているモデルである。現行のSJ15J(5型)が、ラグジュアリーな嗜好性を高めたモデルとなっているため、生まれた当初のコンセプトを楽しみたいユーザーにとっては、この4型こそがスポーティーなTMAXとして、最新でありベストな立ち位置となるのだ。それだけに、こうしてフルチューンが施されたスタイルは、これからもずっと支持されていくに違いない。

弥生 TMAXの詳細写真は次ページにて

こちらの記事もおすすめです

この記事に関連するキーワード

この記事を読んでいる方におすすめの商品

新着記事

タグで検索