ヤマハ マジェスティ 試乗インプレ・レビュー

ヤマハ マジェスティ
ヤマハ マジェスティ

ヤマハ マジェスティ

掲載日:2011年09月05日 記事カテゴリ 試乗インプレ・レビュー    

ビッグスクーターブームの立役者は
秀逸な走りと、一歩先行く使い勝手の良さが魅力

1995年に登場すると、スポーティな走りと快適な乗り心地で、一躍ビッグスクーターブームを起こしたマジェスティ。2000年にはスタイリングを一新、新型フレームの採用など、走りと使い勝手をさらに向上させ、人気を不動のものとした。そして2007年にはフルモデルチェンジが行われ、第三世代となる現行モデルが満を持して登場。シンプル操作で使いやすい電子制御CVTを新たに採用することで、走行シーンに応じたキビキビした走りを楽しめるようになり、ラゲッジスペースもより広く使いやすくなるなど、完成度を一段と高めた。発売から4年経過した今でも、秀逸な走りと細部までこだわった高級感ある仕上がりが、ライダーの所有欲を満たしてくれる魅力的なモデルだ。

ヤマハ マジェスティ 特徴

ヤマハ マジェスティ 写真 ヤマハ マジェスティ 写真 ヤマハ マジェスティ 写真


シンプル操作の電子制御CVTで
イージーにスポーツ走行できる

ヤマハ マジェスティ 写真一昔前のビッグスクーターにしか乗ったことがない人には、「高速道路での追い越し加速がいまいち…」、「エンジンブレーキが効かないから下り坂で不便」などの印象を、このカテゴリの車両には持っているかもしれない。これらの問題点を解消すべく採用されたのが、現在のビッグスクーターモデルで定番の装備となっている電子制御CVT。これはベルト式CVTを電子制御することで変速比を自在にコントロールし、エンジンブレーキを効かせたり、追い越し加速性能を向上させているものだ。しかし、この変速比をコントロールするためのボタン操作が意外に煩雑だったりする。そこで、マジェスティが採用した YCC-AT (ヤマハ・チップ・コントロールド・オートマチック・トランスミッション)は、操作を極力シンプルにしたのが大きなポイントだ。操作は走行モードを3つのなから選択して、あとはシフトダウンを行う I-S スイッチをエンジンブレーキを効かせたい時や、力強い加速を得たいときにプッシュするだけ。

 

3つの走行モードは、スムーズな走りと低燃費を実現するノーマルモード、エンジンの回転数を高回転で維持し加速やエンジンブレーキの効きを高めたアシスト1モード、さらに素早いアクセル操作でシフトダウンを行い有段的に加速するアシスト2モードとなっている。これにより、スクーターの持っているイージーなライディング感覚をスポイルすることなく、誰でもスポーティな走りを楽しめるようにしているのだ。

ヤマハ マジェスティ 試乗インプレッション

走って楽しく、モノもたくさん積める
日常の足からツーリングまで幅広く使える!

ヤマハ マジェスティ 写真ビッグスクーターのなかでも、とりわけロー&ロングなボディが目を引くマジェスティ。大柄な見た目とは裏腹に重心が低くなっているので、取り回しやすいのが印象的だ。また足付きもよく、免許取り立てのビギナーライダーにも安心感を与えてくれることは間違いない。このため、日常での使い勝手は抜群。さらに、低い車体はタンデムのしやすさにも繋がる。これは、ライダーとタンデムシートの高低差が少ないため、1人でライディングしているときと、タンデム走行の時との重心の位置があまり変わらず、ライディングフィールの変化が少ないためだ。

 

ヤマハ マジェスティ 写真収納に関しては、シート下のラゲッジスペースはフルフェイスヘルメットを2個収納でき、十分な容量を確保している。しかし、シート下ラゲッジスペースはその形状から、350ml ドリンク缶24本入りケースやトイレットペーパーの12ロールパックといったような長方形状は収納が難しい。

 

ヤマハ マジェスティ 写真さて、実際に走り出してみると、軽いシャープな車体の動きに驚かされる。そのスタイルからは想像できないほど素直に、そして機敏に動く。とくに、電子制御CVTのおかげで、スクーターながらシフトダウンを可能とし、コーナーリングでの立ち上がりでリアタイヤにしっかりトラクションがかけられる。もっとも、スポーティに走れるため、バンク角はやや少なく感じられてしまう。

 

通勤通学や買い物などの普段使いから、タンデムでのツーリングまでオールマイティに使え、スポーティにコーナーを駆け抜けることが出来るマジェスティ。これ1台あれば、バイクライフを満喫できるのは確かだ。

 

画像をクリックすると拡大画像が表示されます

試乗ライダー プロフィール
バイクブロス・マガジンズ編集部 栗原 守睦
XR250に乗っていながら最近はめっきりアスファルトの上しか走っていない、シティオフローダー。デコボコ道は楽しいけど、なめなめ走行の下手の横好き。身長163cm、体重64kg。

SPECIFICATIONS – YAMAHA MAJESTY

ヤマハ マジェスティ 写真

価格(消費税込み) = 70万2,450円

カスタムベースとして注目されると、ビッグスクーターはおじさんの乗り物というイメージを一蹴し、若者からベテランまで虜にしたスクーターブームの切っ掛けを作ったマジェスティ。現行モデルでは電子制御CVTを採用することで、「ビッグスクーターは、マニュアルミッションに比べ走りがつまらない」というイメージも払拭してくれた、ビッグスクーターの定番モデル。

■エンジン型式 = 水冷4ストローク単気筒SOHC4バルブ

■総排気量 = 249cc

■ボア×ストローク = 68.0×68.6mm

■最高出力 = 14kW(19PS)/6,500rpm

■最大トルク = 22N・m(2.2kgf・m)/5,000rpm

■トランスミッションVベルト式無段変速(電子制御CVT)

■サイズ = 全長2,175×全幅780×全高1,185mm

■シート高 = 700mm

■ホイールベース = 1,550mm

■タンク容量 = 12L

■Fタイヤサイズ = 110/90-13 M/C 55P

■Rタイヤサイズ = 140/70-12 65L


あわせて読みたい記事