カワサキ Z125 PRO 試乗インプレ・レビュー

カワサキ Z125 PRO
カワサキ Z125 PRO

カワサキ Z125 PRO

掲載日:2016年07月01日 記事カテゴリ 試乗インプレ・レビュー   

取材・写真・文/淺倉恵介

カワサキの本気が感じられる作り込み
スーパーネイキッド”Z”の血統が生きる

魅力的なモデルが次々と登場する125ccスポーツバイク。そこに覇権を唱える、新たな1台として登場したのが、カワサキのZ125 PROだ。ネーミングに”Z”とあるように、同社のネイキッドスポーツであるZシリーズに連なる1台として、クラスを超えた気合の入った作り込みが光る。人気のファンバイクモデル、KSRシリーズのコンポーネンツをベースに使用しながら、さらにロード性能を高めた小さな本格派だ。

カワサキ Z125 PRO 特徴

カワサキ Z125PRO 写真 カワサキ Z125PRO 写真 カワサキ Z125PRO 写真


スパルタンなデザインワークは秀逸
クラスを超えた豪華装備も魅力

Z125 PROは、前後12インチホイールと横置きシリンダーの空冷エンジンを持つ。そう聞くと、カワサキのファンバイクKSRシリーズの後継モデルかと考えがちだが、実はそうではない。モタード的なキャラクターを与えられていたKSRとは異なり、Z125 PROは完全オンロード志向。そのポリシーは、まずスタイリングに現れている。

 

Z125 PROの意匠は、カワサキの誇るネイキッドスポーツバイク、Zシリーズに共通するシャープなフォルムがポイント。このクラスのマシンは、モチーフとする上級モデルをデフォルメした、どこかユニークさを漂わすデザインが多いが、Z125 PROはコンパクト車体や小さなホイールという難しい条件の中で、いかにスパルタンでスタイリッシュに仕上げられるかが考えられたものだ。あくまでZシリーズにおいての”最小”、”最軽量”をうたう、純然たるネイキッドスポーツとして生み出された一台なのだ。

 

エンジンはミニモトクロッサーKLX110を起源とすしつつ、排気量は124ccまで拡大した空冷SOHC2バルブ単気筒。最高出力は9.7ps、最大トルクは9.6N・mを発揮する。ミッションは4速リターン式、海外仕様には自動遠心式クラッチを装備したセミATミッション仕様も存在するのだが、日本国内で販売されるのは一般的なマニュアルクラッチ式のみになる。

 

フレームは完全新設計。Zシリーズのフラッグシップ、Z1000と同様にオフセットレイダウンリヤサスペンションを採用。また、リヤショックユニットはプリロード調整が可能となっている。前後ブレーキにペタルディスクを装備するなど、クラスを超えたクオリティが光る。性能面はもちろん、所有感も満たしてくれるのだ。

カワサキ Z125PRO 写真

カワサキ Z125PRO 写真

カワサキ Z125PRO 写真

カワサキ Z125 PRO 試乗インプレッション

待望のマニュアルミッションが楽しい!!
高速域のスタビリティはクラス随一

Z125 PROに跨ると、意外にライディングポジションが大柄なことに気づく。もちろん、小さな車格なりにコンパクトではあるのだが、身体があまり窮屈に感じない。この手のバイクは、身体を折りたたんで乗るようなものが少なくない。Z125 PROの乗車感は、ミドルクラス並と言っては誇張が過ぎるが、車格からするとリラックスできる。通勤通学などの普段使いを考えると、嬉しい部分。

 

エンジンのキャラクターは実にフラット。クラッチミートからレブリミットまでスムーズに吹け上がってくれる。パワーが盛り上がる感覚は弱いので、エキサイティングさに欠けるかもしれないが、その分トルクの谷もないので扱いやすさが際立つ。過激なルックスとは対照的に、乗り手を急かせないパワー特性なのだ。

 

ミッションは一般的なクラッチを持つ、1速-N-2速-3速-4速の4段リターン式。数世代前の先祖にあたるKSR110はクラッチレスのセミATで、ボトムニュートラルの4速ミッションだったが、これを好まないユーザーも多かった。限られたパワーを引き出して走るには、やはりマニュアルミッションがいい。パワーバンドを活かして、キビキビと走るのが面白い。10馬力そこそこのパワーといえど、街中なら車の流れをリードできるし、速度の速いバイパスなどでも流れに乗るには十分だ。

 

ただし、4速でレブリミットまで引っ張るのには、それなりの距離が必要。1速から3速の、ギヤ比のオーバーラップが良好なので、普通に走らせるのなら3速までで十分。4速はオーバードライブ的な存在と考えてもいいかもしれない。

 

サスペンションはスプリングが硬めで、小柄なテスターではギャップで跳ねる場面があった。だが、そのカタ目のアシが高速域で効く。4速全開の速度域でのスタビリティは、前後12インチという小径ホイールを履くマシンとしては出色の出来。安心して、スピードを楽しめる。また、スプリングの硬さはブレーキングでも有効。ブレーキを強めにかけても、フロントがダイブしにくいのだ。これで、もう少し減衰がかかっていれば……と、考えてしまうのは贅沢というものだろうか? だが、その”もう少し……”が欲しくなってしまう素性の良さがZ125 PROにはある。コミューターとして、スポーツバイクとして、様々な可能性を感じさせてくれるマシンだ。

カワサキ Z125PRO 写真

カワサキ Z125PRO 写真

カワサキ Z125PRO 写真

画像をクリックすると拡大画像が表示されます

Specifications – カワサキ Z125 PRO

カワサキ Z125PRO 写真

価格(消費税8%込み)=34万5600円
※表示価格は2016年6月現在

信頼性の高い横置き空冷4ストロークエンジンを、新設計の高張力鋼製バックボーンフレームに搭載。前後12インチホイールの、軽快な走りが楽しいロードスポーツバイク。カワサキの誇るスポーツネイキッド、Zシリーズの最小モデル。

■エンジン型式=空冷4ストロークSOHC2バルブ単気筒

■総排気量=124cc

■最高出力=7.1kw(9.7PS)/8,000rpm

■最大トルク=9.6N-m(0.98kgf-m)/6,000rpm

■トランスミッション形式=常噛4段リターン

■始動方式=セルフスターター

■全長×全幅×全高=1,700×750×1,005mm

■シート高=780mm

■軸間距離=1,175mm

■車両重量=102kg

■燃料装置=電子制御式フューエルインジェクション

■燃料タンク=7.4L

■FRブレーキ形式=F 200mm油圧式シングル R 184mm油圧式シングル

■FRタイヤ=F 100/90-12 R 120/70-12

この記事を読んでいる方におすすめの商品

あわせて読みたい記事

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます