ホンダ スーパーカブ110(2012) 試乗インプレ・レビュー

ホンダ スーパーカブ110(2012)
ホンダ スーパーカブ110(2012)

ホンダ スーパーカブ110(2012)

掲載日:2012年05月15日 記事カテゴリ 試乗インプレ・レビュー

取材・写真・文/河合宏介

エコロジー&エコノミーな新生カブ110
使い方やシーンを選ばないマルチな走りが魅力

スーパーカブは、1958年の「スーパーカブC100」から続くホンダ伝統のモデルだ。その原付2種車両となるカブ110の最新モデルが2012年3月にリリースされた。

 

丸目ライトが特徴的だった前モデルのスーパーカブ110(JA07)からの「フルモデルチェンジ」とメーカーが詠うように、今回ご紹介する新型スーパーカブ110(JA10/本ページでは2012と表記)は、スタイリング以外にも細かな変更点が随所に見られるモデルである。エンジンは最適化が進み、外観からも一部のパーツ形状が異なるのが見て取れる。フレームも見直されホイールベースは20mm延長。全体的なスタイリングも一新され、乾燥重量も若干増加している。また、低コスト化が推し進められ、部品調達から生産・組み立てまで中国工場で行われるようになった。これにより、新型であるにも関わらず前モデルからメーカー希望小売価格が21,000円も安く設定されている。

 

スペック表を見比べてなければ発見できないような繊細な変更点が多々あるが、粘り強いエンジン出力特性や17インチタイヤ、さらに自動遠心クラッチといった、スーパーカブの遺伝子はしっかりと継承されており、変化というよりは、進化と捉えるのが妥当ではないだろうか。このカブ110(2012)は、各部をさらに磨きあげた機能が搭載されたモデルと見ることもできるのだ。日本のモーターサイクル史の源流のひとつであり、その歴史を紡いできたカブシリーズらしい進化モデルの乗り味をレポートしよう。

ホンダ スーパーカブ110(2012) 特徴

ホンダ スーパーカブ110(2012) 写真 ホンダ スーパーカブ110(2012) 写真 ホンダ スーパーカブ110(2012)


「カブカスタム」のようなスクエアデザイン
各部のブラッシュアップで使い勝手が向上

カブ110(2012)は、今までの丸いデザインから、四角をベースにしたスタイリングに変更された。角を丸くしたデザインで、タフさと親しみやすさを感じる印象だ。特徴的な四角いヘッドライトと共に、メーター周りも一新。時速120キロまで刻まれたメーターは少々見栄っ張りに思えるが、それよりも、シフトインジケーターのスペースはあるのに採用されなかった点が残念だ。リアのスタイリングも変更され、テールライトとウインカーは一体感のあるデザインに仕上げられている。その姿は、かつての「カブカスタム」のようにも見えてくる。

 

バックミラーが横長タイプとなったことで、丸形に比べてカバー範囲が広がっているように感じた。ウインカーは前モデル同様のプッシュキャンセル式だが、ウインカーボタンがホーンボタン下にあるPCXと同様のタイプに変更されていて、コスト削減を感じる部分だ。ホーンは、原付とは思えないほど大きく太い音量。なお、これらのスイッチはそれなりの大きさがあり、厚手のグローブをしていても操作性は良好だった。

 

実用車らしいリアキャリアは、フルフラットを維持しつつも前モデルより少し小さくなっている。とはいえ、左右の荷かけフックなどは健在で、安定して荷物を固定することに問題はない。歴代モデルと同様、サイドスタンドとセンタースタンドの両方を装備しているのは、荷物の集配だけでなくメンテナンス時にも心強い。また、水や泥はねを防ぐレッグシールドは、つま先の部分だけ横に張り出している細かな設計だ。同じ理由からリアフェンダーの端が大きく跳ね上がっているので、この試乗では体験できなかったが、雨の日でも快適な走りができそうだ。

 

シート前下のカバーを開けると、携帯工具(プラスドライバーのみ)と書類入れのホルダーがある。ここからヒューズとバッテリー(密閉式のMFバッテリー)などにアクセスできる。シート下には容量4.3リットルの燃料タンク。メーターパネルにある燃料計が赤枠に入りかけたら、残量はおよそ1リットル。都市部を156キロ走って、燃費はリッターおよそ50キロ。この数値は、前モデルのカブ110と同様の結果だった。燃費を意識して運転すれば、もう少しは伸びるかもしれない。

ホンダ スーパーカブ110(2012) 写真

ホンダ スーパーカブ110(2012) 写真

ホンダ スーパーカブ110(2012) 写真

ホンダ スーパーカブ110(2012) 試乗インプレッション

軽快さと安定感のある満足できる乗り心地
力強く扱いやすい低・中速域のトルク特性

ハンドルロック一体式のメインスイッチをONにしてセルを回せば、エンジンは何の抵抗もなく目を覚ます。その始動性は、前モデルのカブ110同様にすこぶる良好だ。サイドスタンドの出し入れやギアの状態に関わらず始動可能な点は、配達現場で鍛えられたカブシリーズならではの機能といえるだろう。テスター(身長163cm)が座ると、両足がかかとまで接地して、両膝が軽く曲がるくらいのシート高。このシート高は前モデルと変わっていない。着座して手を伸ばせばそこにハンドルグリップがあるという自然なポジションだ。

 

シーソー式のシフトペダルを前にひとつ踏むと1速に入り、その状態でエンストすることなくスクーター感覚でスタートできる。走り出したらシフトペダルを前に踏むたびに2速、3速、4速へシフトアップ。新型のカブ110(2012)は、このシフトフィーリングが前モデルに比べて軽快になったように感じたが、個体差の範囲と言えなくもない。同様に、前モデルとのわずかな違いを感じたのが加速性の良さだ。その分、最高速の伸びが頼りない気もしたが違いは些細なもので、乗り手の心情的要素が大きいのかもしれない。ちなみに、メーターの最高速表記が変更されたのに伴って、シフトチェンジの目安表記速度も変更されたが、表記通りシフトチェンジするとエンジンが回り過ぎてしまう。少し回し気味の加速でも、1速で時速20キロ前後、2速で時速40キロ前後、3速で時速60キロ前後、それ以上は4速が良いだろう。なお、前モデルに比べてフロントブレーキサイズが若干小さくなっているが、ストッピングパワーは充分だと感じた。

 

ハンドリングは若干のホイールベースの延長があったためか、安定度が増したようにも感じる。旋回動作中も素直なステア特性で、バンク途中で不用意に切れ込むこともなく安定したターンができるのは、前モデルの良さをしっかりと引き継いでいる点だった。試乗して改めて感じたことは、トコトコした乗り心地を楽しみながら移動でき、単調な定速走行でも飽きがこない味のある走りが受け継がれているということ。国内はもちろん世界に愛され、多くのファンがいるカブシリーズ。そんなカブ独特のライディングを、このカブ110(2012)でも存分に楽しめることだろう。

ホンダ スーパーカブ110(2012) 写真

ホンダ スーパーカブ110(2012) 写真

ホンダ スーパーカブ110(2012) 写真

画像をクリックすると拡大画像が表示されます

SPECIFICATIONS – HONDA SUPER CUB 110(2012)

ホンダ スーパーカブ110(2012) 写真

価格(消費税込み) = 22万8,900円

2009年に発売されたスーパーカブ110が、フルモデルチェンジされてリリースされた。従来のモデルの価格と比べて、21,000円安く設定されているのも魅力だ。

エンジン形式 = 空冷4ストロークOHC単気筒

総排気量 = 109cc

最高出力 = 5.9kW(8.0PS)/7,500rpm

最大トルク = 8.5N・m(0.87kgf-m)/5,500rpm

トランスミッション = 常時噛合式4段リターン

始動方式 = セルフ式(キック式併設)

点火方式 = フル・トランジスター式バッテリー点火

サイズ = 全長1,915×全幅700×全高1,050mm

シート高 = 735mm

最小回転半径 = 1.9m

乾燥重量 = 98kg

燃料供給装置形式 = 電子式(PGM-FI)

消費燃費率 = 63.5km/L

燃料タンク容量 = 4.3L

乗車定員 = 2名

Fタイヤサイズ = 70/90-17

Rタイヤサイズ = 80/90-17

Fブレーキ形式 = 機械式リーディング・トレーリング

Rブレーキ形式 = 機械式リーディング・トレーリング


ホンダ スーパーカブ110(2012)の人気パーツをチェック!

あわせて読みたい記事

新着記事
バイクブロス おすすめ比較・検索サービス

あなたのバイク今いくら?

バイク買取無料一括査定

メーカー:
郵便番号:   -
郵便番号を検索