ヤマハ ジョグZR 試乗インプレ・レビュー

 ヤマハ ジョグZR

ヤマハ ジョグZR

掲載日:2009年05月24日 記事カテゴリ 試乗インプレ・レビュー    

スポーティな乗り味が魅力の
ハイスペック・スクーター

ヤマハ ジョグZR 写真原付スクーターと言うと、どうしても実用的なイメージが強いのですが、じつはスポーティなバージョンもラインナップされています。ヤマハの「ジョグZR」はその代表的車種で、歴代ジョグシリーズをベースに高性能なサスペンションやブレーキを採用し、スクーターならではの「走る楽しさ」を追求してきました。このジョグZRはスクーターレースにおいても人気の高いモデルで、走行性能の高さには定評があります。もちろん、シート下収納やオートマチックミッションなど、快適性能はベースモデル同様。毎日の足として便利に使えて、なおかつスポーツライディングを楽しめるマルチなスクーター、それがジョグZRなのです。国内メーカー製原付スクーターの中で最もスポーティなモデルを、徹底的にインプレッションします!

ヤマハ ジョグZR 試乗インプレッション

誰でも乗れる優しさと
内側に秘めたスポーツ性能

ジョグZRは現在発売されているジョグをベースとしたモデルですが、スポーティバージョンということもあり、外見から大きく異なります。スタイリッ シュで軽量なアルミダイキャストホイール、リザーバータンク付リアサスペンション、フロントディスクブレーキなどを採用。また、スポーティな雰囲気を盛り 上げる装備として、大型リアスポイラー、専用のメーターパネルとエンブレム、ブルーリフレクターのヘッドライト、クリアウインカー、レッドステッチのシー トがおごられています。走行面以外での装備ですが、こちらも充実。ベースモデルと違いリアキャリアは装着されていませんが、Lサイズのヘルメットが入るシート下収納やフロントポケット、2ヵ所のコンビニフックは共通。スポーティなルックスと性能を実現しながら、日常での使い勝手にも不便はありません。ジョグZRとベースモデルとの価格差はおおよそ4万円弱となりますが、装備の充実度を考えればお得な価格設定と言えます

 

さて、実際の走行ですが、ベースとなったジョグ同様に初速から軽快なフットワークで、スピードの伸び方もスムーズ。アクセルに対するレスポンスも良好で、右手の入力に応じたパワーを供給してくれます。最高出力は3.1kW(4.2PS)となりますが、今回のインプレッションでは特に不満を感じませんでした。これを受け止める足回りですが、こちらはベースモデルよりも明らかにハイパフォーマンス。サスペンション性能に余裕があるため、原付スクーターでありがちな底付感もなく、コーナーでも荷重をしっかりと受け止めてくれます。特にブレーキ性能は秀逸で、ドラム式とは比較にならない制動力とコントロール性を発揮。リリースの感覚もわかりやすいため、スポーティなライディングを存分に楽しめます。また、足回りが良いので安定しており、舗装があまり良くない道でも安心感があります。性能自体は全体的にまだ余裕を感じるほどなので、市販されているカスタムパーツを上手く使いこなせば、さらに走りを楽しめるはず。自分好みの乗り味を追求して、手を入れていくという楽しみ方も面白いかもしれません。ジョグZRは、快適・便利な原付スクーターに、エキサイティングな走行性能を上手くミックスしたモデルと言えるでしょう。

画像をクリックすると拡大画像が表示されます

みんなでチェック!『ヤマハ ジョグZR』ショートインプレ

ヤマハ ジョグZR 写真ブレーキが
楽しいスクーター

最近乗った原付スクーターの中で、これが一番面白いかもしれません。特にブレーキの性能に満足。これだけ効いて扱いやすければ、十分にスポーツできますよ。乗る前までは4サイクルだから力が無いかも…と思っていましたけど、実際に乗ると十分なパワーがありましたね。(クラブマン編集部 コダイラ)

ヤマハ ジョグZR 写真やっぱり見た目が
カッコイイ!

スポーツスクーターって、やっぱりこういうスタイルがカッコいいですよね。キャリアも便利だけど、スポイラー付きの方が私は好きです。取り回しも軽いですし、エンジンのレスポンスも良好。最近こういうスクーターが少なくなっていますけど、乗ると「こっちが良い!」って思います。(モトギアプラス編集部 ササユリ)

ヤマハ ジョグZR 写真思わずニヤリとする
面白さ

乗る前まで「原付がだからドンくさいんじゃないかな」と思っていましたが、正直やられました。結構面白いじゃないですか! コーナーではいい感じに寝ますし、立ち上がりも気持ち良い。乗っていてつい力が入っちゃいましたね。今回の試乗では、もしかしたら僕が一番乗っていたかも(笑)。(バージンハーレー編集部 ジャージー)

ヤマハ ジョグZR 写真潜在能力を感じる
高性能

4サイクルエンジンだけに、2サイクルのようなはじける加速…とはいきませんが、力強いパワーの伸びは昔のジョグとはまた違う面白さがあります。低回転の厚みは前にはなかった魅力かな。高回転ではまだ余裕がありそうですので、これをカスタムしたら楽しくなりそうな予感がします。(バイクブロスマガジンズ編集部 ムラヤマ)

『ヤマハ ジョグZR』便利に使って楽しく走れる万能モデル

国内で唯一のスポーツ50ccスクーター
走りの楽しさと利便性を満喫しよう!

ヤマハ ジョグZR 写真近年の排気ガス規制の強化によって、国内メーカーが揃ってラインナップしていたスポーツスクーターは、ジョグZRのみになってしまいました。エンジンこそベースモデルと共通ですが、それ以外の要素をうまく組み合わせ、現在発売されている50ccの中で最も楽しめるモデルの一つとなっています。便利に使えるだけでなく、走っても面白いスクーターは今や希少価値。性能を向上させるカスタムパーツも多数発売されており、走りの面白さは乗り手次第でまだまだ広がっていきます。あなたもジョグZRで、走る楽しみを味わってみませんか?

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

あわせて読みたい記事