PGO G-MAX150LC
PGO G-MAX150LC

PGO G-MAX150LC – 高速道路にも乗れるスポーティスクーターが2代目に

掲載日:2014年08月11日 試乗インプレ・レビュー    

取材・文・写真/田宮 徹

高速道路にも乗れるスポーティスクーターが
新世代水冷エンジンを搭載した2代目に

台湾のモーティブ・パワー・インダストリー社が、1996年から展開するPGOブランド。この代表作のひとつとして活躍してきたアローロ125が、水冷エンジンを搭載したG-MAX125へと生まれ変わり日本市場でデビューしたのは、13年秋のことだった。そして、これから約半年遅れで、G-MAX150もLC(リキッドクール=水冷)仕様へとフルモデルチェンジされた。

125と共通の車体に、排気量が26.5cc、最高出力が2.8馬力アップしたパワーユニットを組み合わせたこの新型G-MAX150。当然ながら日本では、高速道路にも乗れることが125に対する最大のアドバンテージとなる。ちなみにこの150ccスクータークラスには、近年では国内メーカーも国内仕様車を投入していて、注目が高まっている。

PGO G-MAX150LCの特徴

PGO G-MAX150LCの画像

ハイパワーを誇るエンジンと
スポーティ装備が満載された車体

今回のG-MAX150LCには、日本市場では12年にデビューしたティグラ150と共通化された、新世代水冷単気筒エンジンが使われている。この「ヴォルテックス・クーリングエンジン」は、独自の冷却システムにより、冷却液をより効率よくシリンダーやシリンダーヘッドまわりに送ることを追求。これにより、熱変化率を最小限に抑え、安定した出力の発揮と耐久性の向上を図ってある。また同時に、特殊合金を使ったピストンや高剛性クランクケースなども採用して、優れた耐久性と燃費性能を実現してある。

PGO G-MAX150LCの画像

一方で車体は、スチール製ダブルクレードルフレームをメインとした構成。シリーズの特徴となっているのは、車体中央部に直立配置された「6バーリンケージ・セントラリズド・リアサスペンション」。このリアサスを避け、なおかつフルフェイスヘルメットが入るトランクスペースを確保するため、燃料タンクはフロアボード中央部に配置されている。フロントに対向4ポットキャリパーを搭載するなど、全体的にスポーティな装備内容だ。

PGO G-MAX150LCの試乗インプレッションは次ページにて

この記事に関連するキーワード

こちらの記事もおすすめです

この記事を読んでいる方におすすめの商品

新着記事

タグで検索

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。