【バーグマン400 ABS】400ccのビッグスクーターを選ぶ意味

掲載日:2018年05月25日 試乗インプレ・レビュー    

取材・文・写真/田宮 徹

【バーグマン400 ABS】400ccのビッグスクーターを選ぶ意味

BURGMAN400 ABS

これまでのスカイウェイブから
車名を世界基準のバーグマンに

初代が1998年秋に新登場して以降、20年間にわたって販売が続けられてきたスカイウェイブ400シリーズが、2017年夏に国内排出ガス規制の変更により生産終了。その後継として2017年8月に発売が開始されたのが、このバーグマン400 ABSだ。

スズキは、欧州をはじめとする海外市場ではこれまでも、大中排気量帯のスクーターをバーグマンとして展開してきた。今回のモデルチェンジでは、車名もこれに統一。すでに欧州市場に導入されていた2017年型を、少し遅れて日本市場にも投入するカタチで、大幅刷新を図ってきた。

スズキ バーグマン400 ABSの特徴は次ページにて

この記事に関連するキーワード

こちらの記事もおすすめです

この記事を読んでいる方におすすめの商品

新着記事

タグで検索

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。