新設計の水冷エンジン「i-get」を搭載したベスパ GTS スーパー 150をインプレッション

掲載日:2018年02月15日 試乗インプレ・レビュー    

取材・文/佐川 健太郎  撮影/山家 健一

新設計の水冷エンジン「i-get」を搭載したベスパ GTS スーパー 150をインプレッション

VESPA GTS SUPER 150

現代のスクーターの礎を築いた
ベスパの最新モデルが登場

第二次世界大戦後間もない1946年に、当時航空機メーカーだったピアッジオが初めて手掛けたスクーターとして誕生したのがベスパである。航空機製造技術を応用したスチールモノコックボディや片持ち式のフロントサスペンション、エンジンと駆動部が一体となったユニットスイング方式など、その車体構成はブランド立ち上げ当初から一貫して受け継がれてきた。ベスパは現在のフルカバードタイプのスクーターの始祖的な存在であり、その後作られた数多くのスクーターに影響を与えた。そのベスパから、2018年モデルとして登場したクリーンでパワフルな新型エンジンの採用によって、さらなる利便性と快適なツーリング性能を兼ね備えた『GTSスーパー150』を紹介したい。

動画『やさしいバイク解説:ベスパ GTS スーパー 150』はコチラ

ベスパ GTS スーパー 150の特徴は次ページにて

この記事に関連するキーワード

こちらの記事もおすすめです

この記事を読んでいる方におすすめの商品

新着記事

タグで検索

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。