キムコ ジーディンク250i

G-Dink250i
KYMCO

新規制にいち早く対応した250ccスクーター キムコ G-Dink250iをインプレッション

掲載日:2017年12月27日 試乗インプレ・レビュー    

取材・写真・文/西野鉄兵

250ccスクーター新時代に先頭を切って登場!
スクーターならではの利便性を徹底的に追及している

2017年10月、新たな排ガス規制により、各社さまざまな名車が生産終了となった。なかでも国内メーカーの250ccスクーターはほとんどが姿を消すことに。ヤマハのマジェスティやホンダのフォルツァなどビッグスクーターブームを牽引したモデルがラインナップ落ちとなってしまったのだ。

そんなスクーターファンを脅かす事態のなか、台湾メーカーのキムコは2017年11月1日にニューモデルを販売開始した。それがこのG-Dink250iである。最新の排ガス規制「EURO4」の基準をHCやNOXにおいて約60%も下回るクリーンなエンジンを搭載している。

スタイリングで最大の特徴は、250ccスクーター唯一のフラットフロアの採用だ。これにより足元に大きめのバッグなどを置くこともできる。また、電源ソケットを2カ所に配備するなど最新モデルならでは装備が嬉しい。

ABSを前後に標準搭載しながら、43万2,000円という価格も非常に魅力的だ。

G-Dink250iの特徴は次ページにて

この記事に関連するキーワード

こちらの記事もおすすめです

この記事を読んでいる方におすすめの商品

新着記事

タグで検索

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。