ベスパ GTS250
ベスパ GTS250

ベスパ GTS250 – 先進デザインとファッション性で時代をリード

掲載日:2016年10月05日 試乗インプレ・レビュー    

取材・文/佐川 健太郎  写真・動画/山家 健一  衣装協力/HYOD

先進デザインとファッション性で時代をリード
スクーター文化を根付かせたベスパ

1946年に誕生したベスパは、スクーターというジャンルをライフスタイルに根付かせた初めてのブランドとして知られる。開発当初から操作が簡単で、オイルで服が汚れず、女性がスカートでも乗れるバイクという現在につながるコンセプトを、70年前にすでに具現化していたのがベスパである。航空機製造の技術を応用したスチールモノコックボディや片持ち式のフロントサスペンション、エンジンと駆動部が一体となったユニットスイング方式などは、ブランド立ち上げ当初から一貫して受け継がれてきたデザインである。「ローマの休日」をはじめとする多くの映画やTVドラマにも登場するなど、時代を映すファッションアイコンとしても、スクーターという価値を超えた存在と言っていいだろう。今回はそのベスパの代表的モデル、GTS250を紹介したい。

動画『やさしいバイク解説:ベスパ GTS250』はコチラ

GTS250の特徴は次ページにて

こちらの記事もおすすめです

この記事に関連するキーワード

この記事を読んでいる方におすすめの商品

新着記事

タグで検索