ヤマハ マジェスティS 試乗インプレ・レビュー

ヤマハ マジェスティS
ヤマハ マジェスティS

ヤマハ マジェスティS

掲載日:2014年01月14日 記事カテゴリ 試乗インプレ・レビュー    

取材・文・写真/田宮 徹

原二感覚ながら高速道路も走れる
コンパクトなシティコミューター

ヤマハが13年10月末に国内販売をスタートしたマジェスティSは、スポーティな走行性能、市街地でも扱いやすいコンパクトなボディサイズ、優れた利便性などを追求した、新型軽二輪オートマチックコミューターだ。

 

搭載するエンジンの排気量は155ccで、これは日本においては「高速道路にも乗れる大きさ」ということになる。現状のヤマハ・スクーターラインアップで考えれば、軽二輪フルサイズとなる249ccのマジェスティと、スタンダード原付二種であるシグナス-Xの間を補完するモデルということになる。つまり、「原付二種的な市街地俊敏性や扱いやすさが魅力だけど、たまには高速道路にも乗りたい」というユーザーの要望に応える1台だ。

ヤマハ マジェスティS 特徴

ヤマハ マジェスティS 写真 ヤマハ マジェスティS 写真 ヤマハ マジェスティS 写真


前後13インチのホイールと
15馬力の水冷エンジン

ヤマハ マジェスティS 写真このマジェスティSは、前後13インチホイールを採用している。二輪車における前後ホイール径は、車体の安定性と旋回性に大きな影響を与える部分。原付二種クラスでは、12インチ径が採用されることも多いが、ひとまわり大径のサイズをチョイスすることで、安定性向上を狙っている。また、ブレーキは前後ともディスク式で、信頼度の高い制動力を実現している。

 

一方でパワーユニットは、ユニットスイング式の155cc水冷単気筒エンジン。250版の現行マジェスティと同様となる、ヤマハ独自の防振理論に基づいたプログレッシブピボットマウントを採用している。この機構は、従来の防振リンクを介さずユニットを直接懸架することから、ダイレクト感のある操縦性を可能にする。リアサスペンションは、スペース効率を高めるため、ミッドシップ配置のモノクロス仕様となっている。

 

もちろん、利便性追求の部分にも抜かりはない。約32L容量のメイントランク、約2.7L容量のフロントポケット、折りたたみ式のアルミ製コンビニフックなどで、積載性は十分。シャッターキーや折りたたみ式タンデムステップ、フロント給油口やサイドスタンドを標準装備している。

ヤマハ マジェスティS 試乗インプレッション

日本の道にジャストフィットする
エンジンとボディサイズ

ヤマハ マジェスティS 写真さて実車にまたがってみると、まずは意外とシート高があることに気づく。発表されているスペックは795mmで、シート幅がそれなりにあることから、身長167cmで体重63kgの筆者がまたがると、シート前側に座った状態で両足の裏が1/3ほど、後ろ側に座った状態ではつま先のみが接地する感じだ。小柄な女性などは、少し不安を覚えるかもしれない。ただし、車両重量が145kgと軽めなので、べったり足が着かなくても、問題なく支えていられる。

 

一方で、高めにセットされたシートは、走りだしてしまえば市街地における高いアイポイントにつながり、結果的には状況判断がしやすくて乗りやすい。もちろん、幅が広めなシートは優れた快適性を生みだしている。

 

ヤマハ マジェスティS 写真エンジンは、原付二種クラスのシグナス-Xが11馬力なのに対し、15馬力と発表されている。ストップ状態からのアクセル全開加速では、出足でクラッチがつながりはじめるほんの一瞬だけはごく普通だが、その後はかなり元気の良いダッシュを披露する。レッドゾーンが9500回転なのに対し、すぐに7500回転をキープした加速状態になることを考えると、かなり高回転を多用する変速機構と言ってよいだろう。

 

従来、日本仕様のスクーターは、厳しい加速騒音規制への対応から、常用速度域である30~60km/hあたりで加速が鈍ることも多いが、このマジェスティSのパワーユニットにはそのような落ち込みも感じられない。つまり、とてもスムーズな加速が続いていく。

 

市街地での日常ユースを考えると、これだけでもかなり高評価だが、さらにその加速は、100km/h付近まで衰えることなく続いていく。さすがに、100km/h超の世界では余力が少なくなるが、それでもプラス20%ほどの性能は秘めている。日本の法定最高速度を考慮し、この範囲内での性能を重視したような変速設定が与えられていて、かなり好感が持てる。

 

ちなみにエンジン音は、近年の国内仕様スクーターからすると、やや力強い印象もある。とはいえ、もちろん厳しい規制をクリアしている国内仕様車のため、十分に静か。早朝や深夜に住宅街を走らなければならないユーザーでも、気にすることなく使用できるだろう。

 

ヤマハ マジェスティS 写真一方で車体も、エンジン同様に日本の市街地に向く設定となっている。前後13インチホイールを履く車体は安定性に優れ、しかも軽い車体は交差点やカーブをひらひらと旋回できる。ハンドリングにこれと言ったクセはなく、だれでもすぐに自在に操れるようになるだろう。

 

操縦しやすいニュートラルなコーナリング特性のため、かなり無理が効くことから、郊外のカーブでスポーティに走るとメインスタンドが接地してしまうこともあるが、バンク角が極端に少ないわけでもない。

 

また、ブレーキは前後ともコントローラブル。とくにフロントは、優れた車体バランスや13インチ径の前輪、よく動くフロントサスペンションの恩恵もあり、スクーターとしてはかなり強く握り込んでいける仕様となっている。スクーターが本来は苦手とするフロントブレーキだけの急制動も、まるで怖さがない。このモデルでスポーティに走り続けるという人は少ないだろうが、市街地においても、安心感につながってくれる。

 

ヤマハ マジェスティS 写真スリムな車体は、混雑した道路や狭い裏路地でも、ストレスなく扱うことが可能。とくに都市部においては、抜群の機動力を発揮してくれる。

 

もちろん、前述のようにいざとなれば高速道路に乗ることができ、原付二種クラスを大きく凌ぐ加速力はタンデムも十分にこなす。ライダー側だけでなく後席の居住性にも優れるため、ある程度の長い距離をタンデムで移動することも問題ない。

 

原付二種クラスとの大きな違いは、保険や税金などのランニングコストと、駅前などにある原付二種クラスまでOKな駐輪場が使用できなくなる点。しかし代わりに、優れた動力性能と、高速道路の使用許可を得ることができる。

 

どちらを取るかはユーザーの生活スタイルによっても異なるだろうが、単純にひとつのシティコミューターモデルとして、マジェスティSは非常に優秀であると断言できる。

 

画像をクリックすると拡大画像が表示されます

SPECIFICATIONS – YAMAHA MAJESTY S

ヤマハ マジェスティS 写真

価格(消費税込み) = 34万200円

13年10月末に日本市場へのデリバリーが開始された、ヤマハの軽二輪ATコミューター。スポーティな走行性能と、市街地で扱いやすいコンパクトなボディサイズを特徴とする。

■エンジン型式 = 水冷4ストローク単気筒SOHC4バルブ

■総排気量 = 155cc

■ボア×ストローク = 58.0×58.7mm

■最高出力 = 11kw(15PS)/7,500rpm

■最大トルク = 14N・m(1.4.kgf-m)/6,000rpm

■燃料供給 = フューエルインジェクション

■トランスミッション = Vベルト式無段変速

■サイズ = 全長2,030×全幅715×全高1,115mm

■ホイールベース = 1,405mm

■シート高 = 795mm

■車両重量 = 145kg

■燃料タンク容量 = 7.4リットル

■Fタイヤサイズ = 120/70-13

■Rタイヤサイズ = 130/70-13

■ブレーキ形式(F/R) = 油圧式ディスク/油圧式ディスク


あわせて読みたい記事