<

最終記事更新日/2017年08月31日

今、150ccクラスのスクーターが注目を集めている。海外では150ccという排気量帯はアジア向けを中心としたグローバルモデルの中核を担っていて、しかもその市場規模は日本国内の二輪車全体の市場をはるかに超える巨大なものだ。そんなマーケットを狙って、各メーカーは魅力的で高性能、かつ低コストな150ccモデルを続々と投入しているのである。

日本に上陸している150ccクラスのスクーターは、そんな海外市場向けの一部のモデルか、もしくは海外市場向けに開発されたエンジンを流用して日本仕様に仕上げられたモデルのどちらかだ。これが近年150ccクラスの車種が日本でも増えてきた背景といえる。

税金や保険といった維持費の部分でわずかに原付2種に劣るわけだが、150ccクラスのスクーターであるならば、高速道路はもちろん、地域によってはクルマやバイクの主要移動ルートとなっている有料バイパスも通行可能なため、原付2種とは比較にならない移動効率を発揮してくれる。しかも車格は原付2種とほぼ同等という身近な存在感も素敵ではないか。ここでは、そんな150ccクラスのスクーターの試乗インプレッションをまとめてみた。

※各車種の詳細情報は掲載日時点でのものになります。

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。