ヤマハ ドラッグスター400 プロが造るカスタム

ヤマハ ドラッグスター400

掲載日:2016年12月22日 記事カテゴリ プロが造るカスタム    

写真/若林浩志  文/motortoon

最新パーツによって作り上げられた高バランスチョッパー

国産アメリカンパーツメーカーとして名を馳せるガレージT&F。メーカーとしての側面だけでなく、コンプリートカスタムや中古車両の販売も行うなど、バイクショップやカスタムショップとしての顔をもつまさに国産アメリカンの総合ブランドともいうべき存在だ。

そんな同社によるDS400は、自社製パーツをふんだんに奢ったコンプリートマシン。低く長くをコンセプトに、ベース車両のもつスタイルをより洗練された物に仕上げている。トリプルツリーにより、ロー&ロングを実現し、さらにタイヤは同社オリジナルのADLERTビンテージタイヤを装着。クラシックなトレッドパターンとファットなシルエットで、足元の印象を一変させている。

タンクは、ナローストレッチタンクをセレクト。ぎりぎりまでフレームにフィットする繊細な作りで、エクステリアの低さを強調。スタイルの良さにもかかわらず、6.5リットルのガソリン容量を確保しているのは、FRPタンクならではのメリットだ。また、タンク及びフラットフェンダーには、単純なブラックではなく、フレークを強く打ち出した上品で存在感のあるペイントが施される。さらにステンレスのベントマフラーにより、ニュースクール的なニュアンスのある、T&Fらしいチョッパーに仕上げられている。

カスタム費(車両代別)40万円

パーツのフィッティングやシルエットの良さから、ノーマルフレームを活かしつつもワンランク上の美しいラインを作り出している。低く流れるようなラインはまさにアメリカンらしさ溢れるもの。

Machine Detail Check!

最新のベントマフラーは、ステンレスモデルをセレクト。インジェクションモデルにも対応している。

フレークの効いたペイントにより、新作のナローストレッチタンクの曲線美がさらに強調される。

人気の高いSUエアクリーナーとプッシュロッドカバーを取り入れることで、エンジンの見所を増やしている。

スタイルの要とも言えるトリプルツリー。さらにヘッドライトも4.5インチのメッキロケットライトに換装されている。

サイド出しミニメーターステーのタイプIIにLEDインジケーターを組み込む。こうしたフィッティングの良さは車種専用部品ならではだ。

リア周りは、ロングヒット商品であるフラットフェンダーで締める。タイヤはユナリのビンテージタイヤをチョイス。

ショップ情報

住所/〒474-0027 愛知県大府市追分町2-289

電話/0562-46-3669

FAX/0562-48-9772

営業時間/10:00~19:00(月~金)10:00~18:00(土・日)

定休日/水曜、祝日

あわせて読みたい記事