今日から使えるライテク実践講座-「安定したライディングフォームとは?」

バージンバイク×マガジンズ

Text / Kentaro SAGAWA Photo / Satoshi MAYUMI  取材協力 /ライディングアカデミー東京

ライディングアカデミー東京」佐川健太郎の“スマートテク”とは?
普段から役立つ実践的なノウハウや方法をレクチャーしてくれるのは、バイクライフをもっと豊かにするためのライディングスクール「ライディングアカデミー東京」の佐川健太郎校長。せっかく手元にある大型バイク、安全に走りを楽しみ、満面の笑みで1日を終えたいもの。そのためには、ライダー自身のスキルアップと安全意識の向上、環境へも配慮したスマートなライディングを目指したい。それが“スマートテク”なのだ。
「車体を安定させるためのライディングフォームとは?」
PAGE01PAGE02PAGE03PAGE04

安全なバイクの止め方

リラックスしながら
しっかりホールドしよう!

ライディングフォームは、バイクを安全にうまく乗りこなすための第一歩。逆に言えば、きれいなフォームで乗っている人はライディングも巧いですよね。

 

フォームについて、昔から「人車一体」という言葉があります。では一体感を出すためには、どうしたらいいのか…。ヒントはバイクと接している部分にあります。ライダーは主に下半身でバイクと接していますが、とりわけ重要なのはニーグリップ。文字どおりヒザでタンクを挟み込むというよりも、実際には太モモやヒザ、尻などの広い範囲で車体を押さえるイメージです。

 

とはいえ、いつもガチガチに力を入れるのではなく、普段は太モモの内側をタンクに添えておく程度で十分。ブレーキングやコーナリング時に、必要に応じて力を加減すればムダに疲れません。

 

もうひとつのポイントは上半身のリラックス。肩や腕からムダな力が抜けることで、ステアリングが自由になり、自然に曲がれるようになります。そのためにはまず下半身をしっかり安定させること。何事も土台がグラついていては、安心できませんよね。

Practice

腰から下でバイクをホールドし、上半身はリラックス。目線は高く、腕は軽く曲げて、背中は丸めない。着座位置も大事です。ステップに立ち上がり、そのまま真下に腰を降ろしたら、だいたいそのバイクのベスト位置になっているはずです。

基本はリラックス

腰から下でバイクをホールドし、上半身はリラックス。目線は高く、腕は軽く曲げて、背中は丸めない。着座位置も大事です。ステップに立ち上がり、そのまま真下に腰を降ろしたら、だいたいそのバイクのベスト位置になっているはずです。

 

緊張して肩に力が入っていると、腕や手にも力が入り、スロットルやブレーキ操作に悪影響が出てしまいます。「緊張しているな」と思ったら、深呼吸するなどしてリラックス。両肩を下げるイメージを持つと効果的です。

肩に力が入っている

緊張して肩に力が入っていると、腕や手にも力が入り、スロットルやブレーキ操作に悪影響が出てしまいます。「緊張しているな」と思ったら、深呼吸するなどしてリラックス。両肩を下げるイメージを持つと効果的です。

 

ヒザというより内腿全体の広い範囲で車体をホールドします。点より面で接するほうが一体感を得られやすいからです。体格にもよりますが、タンクと股間には2~3cmの隙間を作っておくほうがライダーは動きやすくなります。

内腿でホールド

ヒザというより内腿全体の広い範囲で車体をホールドします。点より面で接するほうが一体感を得られやすいからです。体格にもよりますが、タンクと股間には2~3cmの隙間を作っておくほうがライダーは動きやすくなります。

 

ヒザが開いていると一体感が得られず、急にバイクが振られたときなども押さえが利かず不安定になりがち。なによりカッコ悪いですよね。常に力いっぱいニーグリップしておく必要はありませんが、太腿はタンクに当てておきましょう。

ヒザが開いている

ヒザが開いていると一体感が得られず、急にバイクが振られたときなども押さえが利かず不安定になりがち。なによりカッコ悪いですよね。常に力いっぱいニーグリップしておく必要はありませんが、太腿はタンクに当てておきましょう。

 

かかとも車体側にぴったりと当てておくのが基本。これだけで一体感が違ってきます。ほとんどのバイクにはヒールプレートが付いていますが、これはかかとで車体をホールドするためでもあります。爪先は進行方向に向けましょう。

かかとを当てる

かかとも車体側にぴったりと当てておくのが基本。これだけで一体感が違ってきます。ほとんどのバイクにはヒールプレートが付いていますが、これはかかとで車体をホールドするためでもあります。爪先は進行方向に向けましょう。

 

なんとなくステップに足を置いているだけだと、かかとが車体から離れたり、爪先が外側を向いたりしがち。これでは必要なときにステップに力が入りにくく、また爪先が路面や縁石などに引っかかったりして危険です。

かかとが離れている

なんとなくステップに足を置いているだけだと、かかとが車体から離れたり、爪先が外側を向いたりしがち。これでは必要なときにステップに力が入りにくく、また爪先が路面や縁石などに引っかかったりして危険です。

 

バイクには、車体を傾けたほうに自然にステアリングが切れていく、セルフステアという特性があります。上半身をフレキシブルに保ち、なるべくハンドルを腕力で押さえないようにするのが、セルフステアを引き出すコツです。これを体験するには、片手で低速ターンしてみるといいでしょう。ハンドルが『ガクッ』と切れる感覚が分かればしめたものです。

ハンドルを押さえない

バイクには、車体を傾けたほうに自然にステアリングが切れていく、セルフステアという特性があります。上半身をフレキシブルに保ち、なるべくハンドルを腕力で押さえないようにするのが、セルフステアを引き出すコツです。これを体験するには、片手で低速ターンしてみるといいでしょう。ハンドルが『ガクッ』と切れる感覚が分かればしめたものです。

 

ハンドルの外側から包み込むように、柔らかくグリップを握りましょう。肘をやや外側に曲げるようにすれば、自然とグリップに対して斜めに手を置くことになるはずです。安全のため、ブレーキレバーには指を1本かけておくと安心です。

グリップの握り方

ハンドルの外側から包み込むように、柔らかくグリップを握りましょう。肘をやや外側に曲げるようにすれば、自然とグリップに対して斜めに手を置くことになるはずです。安全のため、ブレーキレバーには指を1本かけておくと安心です。

 

両手をまっすぐ前に突き出すようにしてグリップを握ると、グリップ対してほぼ直角に手を置くことになります。これだと、肘がしぼられたようなフォームになりがちで、自然なステアリングの動きを妨げる原因になります。

グリップの握り方

両手をまっすぐ前に突き出すようにしてグリップを握ると、グリップ対してほぼ直角に手を置くことになります。これだと、肘がしぼられたようなフォームになりがちで、自然なステアリングの動きを妨げる原因になります。

 

ステップワークを使ってスポーティに走りたいときなどは、やや後方に足を置く場合もありますが、通常はすぐにブレーキペダルを踏める位置にセットすべきでしょう。

ステップに爪先を置く

ステップワークを使ってスポーティに走りたいときなどは、やや後方に足を置く場合もありますが、通常はすぐにブレーキペダルを踏める位置にセットすべきでしょう。

 

ステップに土踏まずを乗せるのが、最も安定したポジションです。爪先を前に向け、ブレーキペダルを親指の付け根あたりで踏むと力の加減をコントロールしやすいはずです。

土踏まずで踏む

ステップに土踏まずを乗せるのが、最も安定したポジションです。爪先を前に向け、ブレーキペダルを親指の付け根あたりで踏むと力の加減をコントロールしやすいはずです。

 

意外と多いパターン。ステップから足が外れやすくブレーキ操作も正確にはできません。爪先も外側に開きやすく、見た目にもスマートではないですよね。

ステップにかかとを置く

意外と多いパターン。ステップから足が外れやすくブレーキ操作も正確にはできません。爪先も外側に開きやすく、見た目にもスマートではないですよね。

スマテク+α

ハーレーの場合、モデルにもよってはニーグリップしづらいタイプもありますが、タンク後端やステップなどを利用して、車体との接点を作っておくと安心。積極的に走りをコントロールしたいときも有効です。姿勢を崩しすぎないこと。

接点の多い乗車姿勢

ハーレーの場合、モデルにもよってはニーグリップしづらいタイプもありますが、タンク後端やステップなどを利用して、車体との接点を作っておくと安心。積極的に走りをコントロールしたいときも有効です。姿勢を崩しすぎないこと。

 

クルーザータイプの場合、背中を丸めてシート後方にどっかり座っている人を見かけますが、これだと腰に負担が集中してかえって疲労しやすくなります。腕も伸びて懐に余裕がなくなるので、ハンドル操作もしにくくなります。

負担の多い乗車姿勢

クルーザータイプの場合、背中を丸めてシート後方にどっかり座っている人を見かけますが、これだと腰に負担が集中してかえって疲労しやすくなります。腕も伸びて懐に余裕がなくなるので、ハンドル操作もしにくくなります。

 

前後サスペンションのストローク量が多く、姿勢変化も大きいデュアルパーパスモデルでは特に、きちんと車体のセンターに乗ることが大事です。前後連動ABSの強烈な減速に耐えるためにはニーグリップもしっかり意識しましょう。

人車一体の乗車姿勢

前後サスペンションのストローク量が多く、姿勢変化も大きいデュアルパーパスモデルでは特に、きちんと車体のセンターに乗ることが大事です。前後連動ABSの強烈な減速に耐えるためにはニーグリップもしっかり意識しましょう。

 

着座位置が後ろすぎるとフロントの接地感が減る上に、加速時にハンドルを引いてしまうなど、バイクの挙動を不安定にしがちです。腕に余裕がないとUターンや不整地でハンドル操作がしにくく、バランスを取るのが難しくなります。

不安定な乗車姿勢

着座位置が後ろすぎるとフロントの接地感が減る上に、加速時にハンドルを引いてしまうなど、バイクの挙動を不安定にしがちです。腕に余裕がないとUターンや不整地でハンドル操作がしにくく、バランスを取るのが難しくなります。

PAGE01PAGE02PAGE03PAGE04

スマテク講座 講師
佐川 健太郎(Kentaro SAGAWA)
「ライディングアカデミー東京」校長。1963年東京生まれ。モーターサイクルジャーナリストとして2輪専門誌等で活躍中。公道で役立つ実践的な低速系ライディングから、モータースポーツとしてのサーキットライディングまで、テクニックやノウハウに造詣が深く、メーカー系イベントや各種スクール、走行会などでも講師を務める。米国ケビン・シュワンツ・スクール修了。MFJ公認インストラクター。
■スマテクに関するソボクなギモン受付中!■

この記事に関するご質問、ご相談を受付けています。ひとことでライテクと言っても、ライダーによって体格や考え方も異なるし、バイクそのものの特性や走行シチュエーションによってさまざまです。「これが100%正解!」なんて、無いに等しいところですが、広く一般的な基礎知識やノウハウ、こんなときはどうするのがベターなのか?といったギモンに対して、高いライディングスキルを持ち、知識と経験豊かなプロライダーが直々にお応えします。こんな機会はめったにありません!

佐川校長へどんどん質問・相談してみよう!

※コメントはこの記事に関する内容に限らせていただきます。なるべく多くのご質問にお応えするつもりですが、内容によってはコメントできない場合もありますことを予め御了承ください。

これまでの相談一覧

HIRO さん

05月02日

ステップに足を置くとき、土踏まずを乗せるとつま先が常にリアブレーキを踏んでいる状態になります。離そうとするとものすごく足がつりそうに成ってしまい辛いです。 なので自分は常につま先をステップに置いていますが、他に対処法はありますか?
(ベダルは限界位置まで下げて調整しています)

校長 さん

05月03日

>HIROさん
ご質問をいただき、ありがとうございます。
ステップに土踏まずを乗せておく一番の理由は、何かあったときにとっさにブレーキペダルを踏めるようにするためです。ただし、HIROさんがおっしゃるとおり、慣れないと向う脛の筋肉が疲れますよね。ペダル位置を下げているのに、どうしても辛いようなら、足を置く位置を少し後方に下げてみてください。ペダルのペグ部分から足先が少しずれるだけでも、だいぶ楽になるはずです。スポーツライディングなどでは、ステップを積極的に踏み変えていくので、足先に近い部分でステップを踏んでいくこともあります。ただし、街乗りする場合、特に交差点を通過する際は、急な飛び出しなどに備えて、足先はペダルの上にセットしておくことをおすすめします。

カワサキ さん

05月05日

ZXR250に5年乗っていますが、レーサーレプリカの場合の基本姿勢が今ひとつ分かりません。
腕力に頼らず、ニーグリップを心がけていますが、減速Gで、前に身体が持って行かれてしまいます。
また身長がある程度有るので、(ZZR600位が丁度身体に馴染みます)上体の角度もどのくらい前傾すれば良いのか分かりません。
宜しくお願いします。

校長 さん

05月08日

>カワサキさん
ご質問、ありがとうございます。
基本フォームの作り方ですが、どのモデルにも共通していえることですが、まずは着座位置を決めましょう。ステップ上に立ち上がり、そのまま真っすぐ腰を下した場所がだいたいそのバイクにフィットした着座位置になっています。
着座位置が決まったら、肘が軽く外に曲がる程度に腕に余裕を持たせて、ハンドルグリップを外側から包み込むように握ります。このようなフォームが自然に作れるように、上体の前傾度を決めていきます。ネイキッドなら上体はほぼ直立しているでしょうし、レプリカでは当然前傾度は大きくなります。
減速Gで体が前のめりになるのは「ニーグリップの不足」や「背筋で上体を支え切れていない」などが主な原因です。
減速Gによる荷重を腕で支えないように、しっかり下半身ホールドと背筋を使っていきましょう。スポーツライディングではまた違ったホールド方法もありますが、それは機会をみてスマテクでお伝えします。
次回のスマテクPOINT2で加速&減速フォームについて解説しているので、そちらも参考にしてみてくださいね。

ギダン さん

05月16日

初めまして、バイクは大型(F800ST)ですが、腕はまだまだ、初心者リターンライダーのギダンと申します。
納車から約200km走行しましたが、乗って20分もすると肩甲骨と背骨(上部)が痛くなります。
先生の基本はリラックスを何度も思い返し姿勢を正しているつもりですが、原因はやはり姿勢が悪いの一言でしょうか?楽しいはずのバイクライフが、、どのようにして良いのかわかりません。是非、ご助言よろしくお願いいたします。
ちなみに身長は168cmです。

章仁 さん

11月26日

下りで曲がろうとすると腕に力が入りがちなので、タンクをがっちりニーグリップしてしまうと今度は太ももが筋肉痛になります。
もっと楽に乗りたいのですが、どんなイメージで乗ったらいいのでしょうか。

校長 さん

01月12日

>章仁 さん
コメントをいただき、ありがとうございます。
下りだからといってタンクをがっちりニーグリップする必要はありません。「ヒザで挟む」というよりは、「太ももの内側全体で押さえる」イメージです。上体をやや起こし気味にしつつ「尾てい骨を座面にくっつけるイメージ」でやや骨盤を寝かし、シートにどっかり荷重すると「前ズレ」しにくくなります。ブレーキング時には多少腕に力が入っても仕方ないですが、倒し込み以降では極力抜いてセルフステアを引き出すようにしましょう。

通りすがり さん

04月23日

骨盤を寝かしては体重を背中で支えることになり好ましくないですね。いざという時の運動性も悪くなります。 尾てい骨が浮くくらいに骨盤を起こして体重はお腹で受け止める姿勢がいいと思いますよ・・・

校長 さん

05月08日

>通りすがり さん
コメントをいただき、ありがとうございます。
おっしゃるとおり、基本的に「猫背」や「腰をかがめる」フォームは腰痛の原因になりやすく、体にも良くないですね。あとは、加速・減速・コーナリングなどのライディングシーンに応じて、柔軟かつ臨機応変にフォームを調整できるようになればベストだと思います。

投稿する