今日から使えるライテク実践講座-「安定したライディングフォームとは?」

バージンバイク×マガジンズ

Text / Kentaro SAGAWA Photo / Satoshi MAYUMI  取材協力 /ライディングアカデミー東京

ライディングアカデミー東京」佐川健太郎の“スマートテク”とは?
普段から役立つ実践的なノウハウや方法をレクチャーしてくれるのは、バイクライフをもっと豊かにするためのライディングスクール「ライディングアカデミー東京」の佐川健太郎校長。せっかく手元にある大型バイク、安全に走りを楽しみ、満面の笑みで1日を終えたいもの。そのためには、ライダー自身のスキルアップと安全意識の向上、環境へも配慮したスマートなライディングを目指したい。それが“スマートテク”なのだ。
「車体を安定させるためのライディングフォームとは?」
PAGE01PAGE02PAGE03PAGE04

スポーツライディング+α

ハングオフで
スポーティに走ろう!

バイクは移動手段であるとともに、ライディングをスポーツとして楽しむための道具でもある、と私は思っています。

 

安全が何よりも最優先されるのは言うまでもないことですが、ライディングの基礎をしっかり身に付けた上で、安全な場所で周囲の迷惑にならないようにスポーティな走りを楽しんでいただきたいものです。

 

バイクをより積極的に乗りこなすためのフォームとして、ハングオフがあります。昔はハングオンとも呼ばれていましたね。腰を大きくイン側に落としたフォームですが、これには理由があります。

 

まず腰をイン側にずらすことで重心をイン側に移動させることができ、同じバンク角でも旋回力を増すことができます。これはリーンインと同じ原理です。また、腰を落とすことで低重心化が図られ安定して旋回することができます。

 

さらにそこからイン側のヒザを開くことでバランスがとりやすくなり、場合によってはヒザを路面に当ててバンク角を探ることも可能です。ただし、見た目がカッコいいから、とカタチだけ真似ても危険なライディングになってしまいますので、まずは基本から積み上げていきましょう!

Practice

ハングオフはライダーの重心をイン側の低い位置に移動することで、バンク角を稼ぎつつ旋回安定性を引き出す効果があります。頭の位置はセンターが基本ですが、コーナーの後半では車体を起こしつつ頭をイン側に入れてバランスを取ることも。

ハングオフ

ハングオフはライダーの重心をイン側の低い位置に移動することで、バンク角を稼ぎつつ旋回安定性を引き出す効果があります。頭の位置はセンターが基本ですが、コーナーの後半では車体を起こしつつ頭をイン側に入れてバランスを取ることも。

 

後ろから見ると重心の移動が分かりやすいかも。ステップへの足の置き方は人それぞれですが、私の場合、イン側ステップの先端を踏むことでステップワークを有効に使っています。そしてリラックス。内側の脇腹を緩めるイメージです。

脇腹を緩める

後ろから見ると重心の移動が分かりやすいかも。ステップへの足の置き方は人それぞれですが、私の場合、イン側ステップの先端を踏むことでステップワークを有効に使っています。そしてリラックス。内側の脇腹を緩めるイメージです。

 

ハングオフで腰を移動させるときは、単に横にずらすだけではなく、斜め前に腰を落とし込むようなイメージにします。スタンドをかけた状態で、尻をシートの上で滑らせながら半円を描くように左右にずらしてみましょう。

腰を回り込ませる

ハングオフで腰を移動させるときは、単に横にずらすだけではなく、斜め前に腰を落とし込むようなイメージにします。スタンドをかけた状態で、尻をシートの上で滑らせながら半円を描くように左右にずらしてみましょう。

 

ハングオフでよくありがちなのが、腰はあまり移動せずに上体だけイン側にずれている例。これではほとんどリーインと同じですね。腰を真横にずらしただけではヒザの位置も下がりません。左の写真と比べてみてください。

上体だけインに入る

ハングオフでよくありがちなのが、腰はあまり移動せずに上体だけイン側にずれている例。これではほとんどリーインと同じですね。腰を真横にずらしただけではヒザの位置も下がりません。左の写真と比べてみてください。

 

【左】ハングオフ・フォームでは外足でタンクをホールドしますが、基本はヒザというより内腿でタンクの後端部をしっかり押さえておくイメージです。ブレーキング時などは特にこのホールドが大事。着座位置が前にずれるのを防ぎます。【右】ブレーキングが終わって、バイクを倒し込んでいくときは、外ヒザを積極的に使っていきます。タンクの横を押しながら上に持ち上げるような動きで、ちょうどサッカーでいうボレーキックのようなイメージ。倒し込みのキッカケを作ります。

内腿でホールド

ハングオフ・フォームでは外足でタンクをホールドしますが、基本はヒザというより内腿でタンクの後端部をしっかり押さえておくイメージです。ブレーキング時などは特にこのホールドが大事。着座位置が前にずれるのを防ぎます。

 

ヒザで倒し込む

ブレーキングが終わって、バイクを倒し込んでいくときは、外ヒザを積極的に使っていきます。タンクの横を押しながら上に持ち上げるような動きで、ちょうどサッカーでいうボレーキックのようなイメージ。倒し込みのキッカケを作ります。

 

【左】イン側のヒザについても、ブレーキング中はタンクに当てておくほうが押さえは効きます。人によっては開いたままブレーキングする場合もありますが、よほど外足ホールドが確実にできていないと難しいでしょう。【右】倒し込みではイン側のヒザのホールドを解いてハングオフに持ち込みます。慣れてくると、ヒザを開く勢いをキッカケ作りに利用することもできます。このとき爪先は開かず正面かやや車体側に向けるぐらいがコツ。

ヒザでホールド

イン側のヒザについても、ブレーキング中はタンクに当てておくほうが押さえは効きます。人によっては開いたままブレーキングする場合もありますが、よほど外足ホールドが確実にできていないと難しいでしょう。

 

ヒザの力を抜く

倒し込みではイン側のヒザのホールドを解いてハングオフに持ち込みます。慣れてくると、ヒザを開く勢いをキッカケ作りに利用することもできます。このとき爪先は開かず正面かやや車体側に向けるぐらいがコツ。

 

「外足荷重」という言葉がありますが、私はあまり強く意識していません。外側ステップには軽く足を置くだけで、むしろ踵をしっかりヒールプレートに当てることを重視しています。これだけでホールド感はぐんと高まります。

踵でホールド

「外足荷重」という言葉がありますが、私はあまり強く意識していません。外側ステップには軽く足を置くだけで、むしろ踵をしっかりヒールプレートに当てることを重視しています。これだけでホールド感はぐんと高まります。

 

実際に試してみれば分かりますが、外側の爪先が開いていると、これに連動して外側のヒザも開いてしまい、外足全体のホールドが甘くなってしまいます。だらしなく見えて、カッコも悪いですよね。

外足が開く

実際に試してみれば分かりますが、外側の爪先が開いていると、これに連動して外側のヒザも開いてしまい、外足全体のホールドが甘くなってしまいます。だらしなく見えて、カッコも悪いですよね。

スマテク+α

【○・左】歩くようなゆっくりした速度でバランスを取って走る場合、シートの前寄りに座るのがポイント。腕に余裕が生まれ、ハンドル操作がやりやすく、ステップ入力もしやすくなります。バランス補正は左右に小刻みにハンドルを切るのがコツ。 【×・右】クルーザータイプのライポジはゆったりと後ろ寄りに座るように設定されています。ただ、極低速ではハンドル位置が遠くなり、ステップ位置が前方にあるので踏ん張りが効きずらくなりがち。特に小柄な人は前寄りに座りましょう。

極低速では前乗り

歩くようなゆっくりした速度でバランスを取って走る場合、シートの前寄りに座るのがポイント。腕に余裕が生まれ、ハンドル操作がやりやすく、ステップ入力もしやすくなります。バランス補正は左右に小刻みにハンドルを切るのがコツ。

 

後ろ乗りはバランスが苦手

クルーザータイプのライポジはゆったりと後ろ寄りに座るように設定されています。ただ、極低速ではハンドル位置が遠くなり、ステップ位置が前方にあるので踏ん張りが効きずらくなりがち。特に小柄な人は前寄りに座りましょう。

 

【左】デュアルパーパスモデルの場合、極低速ではスタンディングのほうがバランスを取りやすいことがあります。ライダーが立ち上がることで相対的に重心位置を下げる効果があるからです。曲がりたい方向に顔ごと目線を向けましょう。 【右】極低速でターンする場合、目線とともに上体を曲がりたい方向に向けることで、腕に余裕が生まれてハンドル操作もしやすくなります。左右の足先もイン側に向けると、上体の捻りが楽になり、外ヒザでタンクを押さえやすくなります。

スタンディングが安定する

デュアルパーパスモデルの場合、極低速ではスタンディングのほうがバランスを取りやすいことがあります。ライダーが立ち上がることで相対的に重心位置を下げる効果があるからです。曲がりたい方向に顔ごと目線を向けましょう。

 

上体と足先を向ける

極低速でターンする場合、目線とともに上体を曲がりたい方向に向けることで、腕に余裕が生まれてハンドル操作もしやすくなります。左右の足先もイン側に向けると、上体の捻りが楽になり、外ヒザでタンクを押さえやすくなります。

バイクとの対話を楽しもう!

バイクに乗っているときは常に頭脳はフル回転! 手と足と体、全身を使って乗りこなすのが醍醐味。ライディングはまさにスポーツといってもいいでしょう。

とはいえ、ライディングは速さを追求するものではありません。スピードよりも、思いどおりに操ることの充実感、バイクとの対話を楽しんでいただきたいものです。けっしてムリせず、他人と比べず、悠々とマイペースで。でもバイクはしっかり自分のものになっている。それが本当にスマートなライダーと言えるでしょう!

PAGE01PAGE02PAGE03PAGE04

スマテク講座 講師
佐川 健太郎(Kentaro SAGAWA)
「ライディングアカデミー東京」校長。1963年東京生まれ。モーターサイクルジャーナリストとして2輪専門誌等で活躍中。公道で役立つ実践的な低速系ライディングから、モータースポーツとしてのサーキットライディングまで、テクニックやノウハウに造詣が深く、メーカー系イベントや各種スクール、走行会などでも講師を務める。米国ケビン・シュワンツ・スクール修了。MFJ公認インストラクター。
■スマテクに関するソボクなギモン受付中!■

この記事に関するご質問、ご相談を受付けています。ひとことでライテクと言っても、ライダーによって体格や考え方も異なるし、バイクそのものの特性や走行シチュエーションによってさまざまです。「これが100%正解!」なんて、無いに等しいところですが、広く一般的な基礎知識やノウハウ、こんなときはどうするのがベターなのか?といったギモンに対して、高いライディングスキルを持ち、知識と経験豊かなプロライダーが直々にお応えします。こんな機会はめったにありません!

佐川校長へどんどん質問・相談してみよう!

※コメントはこの記事に関する内容に限らせていただきます。なるべく多くのご質問にお応えするつもりですが、内容によってはコメントできない場合もありますことを予め御了承ください。

これまでの相談一覧

ひざ小僧 さん

05月24日

ハングオフのやり方ですが、イン側ステップに荷重すると思うのですが、その際シートから尻を外す位の方がいいのでしょうか。
シートにドッカリ座ったまま、イン側ステップを思いっきり踏みつけても何も変化無いと思うのです。
イメージとしたら、ガクっとイン側に全体重を載せる感じでしょうか。
また関西でも講習してください!

校長 さん

05月26日

>ひざ小僧さん
コメントをいただき、ありがとうございます。
ハングオフフォームですが、イン側の尻がシートから外れるぐらいずらすと、重心移動の効果が分かりやすく、見た目も本格的になります。上の写真で後ろから撮ったフォームを参考にしてみてくださいね。
イン側ステップへの荷重に関しては、倒し込みのキッカケを作るために瞬間的に踏み込むだけです。車体が倒れ込んでからは基本的にはシートに体重を預けていきます。イメージとしては、まず尻ずらし、次にステップワーク、そしてシート荷重。つまり、ブレーキリリースから倒し込み、旋回へとコーナリングの段階が進むにつれて、荷重していく部位や方向が変化していくのです。
ひざ小僧さんがおっしゃるとおり、「シートにドッカリ座ったまま、イン側ステップを思いっきり踏みつけても…」それは変化しないでしょう。順番が大事なのです。

ところで、ひざ小僧さんは、関西でのスクール講習にご参加いただいた方なのですね!ありがとうございます。また計画いたしますで「ライディングアカデミー東京」のHPをときどきチェックしてみてくださいね(^^)

ムルムル さん

11月07日

こんにちは、DUCATI Multistrada 1000DS のオーナーです。

バイクによって、適したライディングフォームが異なると思うのですが、色々試した結果、ハングオフぎみ(自分ではそのつもりで乗っています)がコーナリング途中でも車体が安定して気に入っています。

コーナー進入時には、

1.コーナー出口を見る。上半身も向ける。
ここが一番肝心なところで、
思いっきり向くぐらいでいい加減だと思っています。
2.肩の力を抜く。
3.腰をイン側にずらし体重移動する。
極端にずらしたりしていませんので「ハングオフぎみ」というところでしょうか。

そうすると、非常に自然にバイクが倒れこみ曲がってくれます。(のような気がします)

バイクを倒しこんでいても不安が少なく、
上手く肩・腕の力が抜けていると、コーナリング途中でもハンドルの切れ角を調整したりできます。
バイクがモタード系(車体はオフロード系)なので、当初はリーンアウトで試していましたが、今は、「ハングオフもどき」です。
DUCATI Multistrada でのライディングについて、アドバイス、ご意見をいただけましたら幸いです。

追伸:但し、ユーターンはいまだに苦手です。止まっているか、超低速で大きく向きを変えようとすると転倒の不安で上手くチャレンジできません。

校長 さん

11月11日

>ムルムルさん
DUCATI Multistrada はドゥカティの中でもとても乗りやすく、どんな乗り方でも許容してくれる懐の深いバイクです。ジャンルとしてはマルチパーパスなので、足長でシートが高めなのが特徴。上体がアップライトでハンドルまでの距離も短くコンパクトなライポジです。
リーンウィズはもちろん、タイトコーナーなどはオフ車のようにリーンアウト気味で乗ってもいいし、中高速コーナーであればハングオフでヒザを擦りながら走ることもできます。現に私の主催するスクールでも、そうした乗り方をしているユーザーの方がいます。つまり、シチュエーションによって自在に乗り方を変えていける柔軟性が大事ということです。
文面から察するにムルムルさんの現在の乗り方はスラロームなどの低速系のライディングフォームがベースになっていると想像できます。これはこれで有りです。ただし、コーナーの大きさや路面状態、速度域によって走り方は幾通りもあることを忘れないでください。また、Uターン上達法についてはLESSON5に詳しいので、そちらも参考にしていただけると幸いです。

緑6 さん

04月08日

ハングオフの外足のホールドなのですが
外足の膝とタンクの接地面、シートへの腿での加重が
大切とよくいわれますが
その際外足は力を抜くものなのですか?
自分は外足ステップを踏み込むことで膝をタンクに
押し当てるようにしないと
しっかりとしたホールドがえられない気がして・・・
(つっぱり棒の原理みたいな)
そうでもしないとバイクから落ちそうになります。

校長 さん

05月17日

>緑6 さん
コメントをいただき、ありがとうございます。
ハングオフのときの外足ホールドですが、基本的に緑6さんがおっしゃっている「つっぱり棒の原理」でよろしいかと思います。ステップに向かって下方向に踏み込むのではなく、カカトをヒールプレートに押し付ける方向、つまり横方向=ホールドする方向に入力するという意味です。あとは内モモをタンクのエッジに引っかけるようにすれば、バイクとの一体感はさらに高まると思いますよ。トライしてみてください。

左コーナー さん

11月03日



コーナリング中は
バンクしているほうの
脇は多少しまりますか?

アマノジャク さん

12月09日

こんにちは。
CB1100に乗っています。この単車はゆったり走れる非常によくできたオートバイだと思います。
ところで最近サーキットを走り始めました。
結論から言うと、曲がりません。寝るには寝ますがどんどんはらんでいきます。
そして現状ですが、リアタイヤは端まで使っています。フロントはこのオートバイの構造上端まで使えないのかもしれません、7~8ミリほど使えていません。コーナリング中はステップと膝をすりながらのフルバンクです。フォームは、ハングオンですが、ふつうのハングではあまりにもすぐ接地するので、フロントタイヤの一直線上から意図的に頭をイン側にずらし、バンク角を稼ごうとしています。自分では、これがいけなかったかな、と思っていますが、まだ確かめられてはいません。
どうせそんなに速く走れはしないオートバイですから、あまり速さにこだわらないようにしてはいますが、プロレーサーが乗ったらもっと曲がるものなのかな、などとも思ったりします。
タイヤも細いですし、キャスター角も大きい。バンク角もない。CB1100に乗った経験が校長さんにおありかどうかは分かりませんが、こういうオートバイをできるだけ速く走らせようとするとき、校長さんならどうされますか。この質問の意図としては、現代スーパースポーツに挑戦しようというのではなく、あくまでCB1100自身の限界に迫りたい、というものです。

校長 さん

01月12日

>左コーナー さん
コメントをいただき、ありがとうございます。コーナリング中、イン側の腕は畳んで肘をやや張り出すカタチになります。そのほうが腕の力が抜けてセルフステアを発揮しやすいからです。脇をしめるとハンドルを押さえたり、腕を突っ張ったりの原因となります。この頁のメイン写真を見ていただければなんとなくお分かりいただけると思いますが、いかがでしょう。

校長 さん

01月14日

>アマノジャク さん
コメントをいただき、ありがとうございます。
おっしゃるとおり、CB1100はテイストを味わうネオクラシックスタイルのバイクですから、速く走らせようとするといろいろと問題も出てきますね。ノーマルにこだわるなら乗り方を工夫するしかないですが、頭をイン側に入れすぎると逆に車体が起きてしまい曲がりにくくなったり、頭が車体センターからずれることでコントロール性がシビアになり、滑りなどへの対応が遅れることがあります。私だったら、そのバイクに合った走り方で楽しみたいと思います。
もし、CB1100で本格的に速さを追求するなら、タイヤの性能を上げる、レーシングステップに交換してバンク角を稼ぐ、サスペンションをチューニングするなどの方法もあるでしょう。目標をどこに置くかがポイントになると思います。

KIRISU さん

06月10日

以前サスセッティングで質問させて頂き、助言をいただきました。
その節はありがとうございました。
助言を頂いた後に試したらとても気持ちよく走る事ができました。

また質問させて下さい。
今ZRX1100でバックステップにセパハン仕様で走っています。
ハングオンをする際、左側はバンク出来るのですが、右側だけは深くバンク出来ません。
右側は左側よりも不安感があり上手く走れません。
しっかり腰を出してるつもりですが、どうすれば良いでしょうか。
説明下手で申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

マイケルさん さん

06月13日

初めましてxjr1300に乗っている者です。現在、ライディングにつあて悩んでいます。それはリアタイヤが端まで使えない事です。タイヤにしっかりと荷重を掛け、潰すことで端まで使うことができるものと考えていますが、その荷重の掛け方がよくわかりません。フォームはハングオフをしているつもりです。腰もお尻が落ちるぐらいずらしています。ただ、腰をずらした時、内側の足がとても窮屈になり(あんまり足は開いていません)そこに力が入っている感じがあります。一応、ケニー佐川先生の膝擦りメソッドは拝見させて頂いており、見よう見まねでハングオフしているつもりです。そこで、リアタイヤにしっかりと荷重の掛かるコツみたいなのがありましたら、ご教授頂きたくお願い致します。

校長 さん

07月25日

>KIRISU さん
コメントをいただき、ありがとうございます。
誰でも左右で苦手意識があるものですが、往々にして苦手な側はフォームが小さくまとまってしまっているものです。右コーナーではより大きく腰をずらしたりして大胆なフォームをとってみてください。同時に外足でのタンクのホールド、リラックスしてシートにどっしり荷重することも意識してみてください。

校長 さん

07月25日

>マイケルさん
コメントをいただき、ありがとうございます。
安定したコーナリングをするためには、基本はシート荷重になります。腰だけずらしても、シートを通じてしっかり荷重できていないと、サスペンションやタイヤに仕事をさせることができません。「内足に力が入っている」ということは、
もしかしたら、上体がイン側に入ってしまっているのかも。ハングオフしても頭はセンターキープで、どっかりシートに荷重してあげてください。「軸」に乗れている感覚が出てくれば、自然とタイヤも使えるはずですよ。リヤサスも最初はプリロードやダンパーをある程度緩めたほうが、接地感もつかみやすいと思います。ただ、「タイヤの端まで使える」のはきちんと乗れている結果ですから、いたずらにそれを目的にはしないでくださいね。それと、練習は必ずクローズドコースで行ってください。

angyah さん

06月04日

はじめまして。
XJR1200に乗っています。
只今、空き地にて0の字で膝擦りの練習をしています。
左バンクは0の字や峠でも少しずつ膝擦り出来るようになりましたが、
どうしても右バンクが苦手で思う様にバンク角が深くならず
あまり膝が擦れません。何かよい練習方法はありますか?
また、私はバンク中の外足がステップに爪先だけ乗ってしまいます。因みに身長は172センチです。とっさのリヤブレーキにも対応出来そうにないですし、あまり良くないのでしょうか?

校長 さん

06月11日

>angyahさん
コメントをいただき、ありがとうございます。
ヒザ擦りは右が苦手な人が約9割です。右コーナーそのものが苦手という人が多いですね。
ヒザ擦りできない主な原因としては、腰の移動量が足りない、ヒザの開きが足りない、リラックスできていない、などがあります。まずは大胆に大きなフォームを作ることだと思います。上体の力を抜いて、わき腹を緩めるよう意識してみてください。
ただ「ヒザ擦り」はサーキット走行などに適したフォームであり、無理に行うとリスクを高める場合があります。練習は必ずクローズドコースで行うようにしてください。

saki さん

01月27日

はじめまして。
ハングオフについて質問があります。
太もも/お尻の位置についての質問です。

今まで体をバイクの斜め前に入れるような形(感覚的な話ですが)でハングオフをしていましたが、リア荷重を増やす為に「お尻をもう少し斜め後ろの方向へ動かす」という風に意識をした方がいいのでしょうか?

分かりにくい説明ですみません。
よろしくお願いします!

P.S. ZX-6RR(以前)⇒CBR954RR(現在)に乗ってます

校長 さん

02月20日

>saki さん
コメントをいただき、ありがとうございます。
ハングオフでスポーティに走りたいのであれば、おっしゃるとおりだと思います。特にスーパースポーツは前傾が強く、油断するとタンクにへばりつくようないわゆる「前乗り」スタイルになってしまいがちです。そうなると、リヤ荷重が抜けてトラクションを有効にかけられなくなります。これを修正するためには、意識して着座位置はやや後ろめにセットしたほうが、バイクとの一体感やしっかり荷重できている感覚が出てくると思います。さらに腰をイン側にずらせば、体重移動の効果をより生かせるはずです。
ただし、スラロームのような細かい低速ターンを繰り返す場合は、腰はずらさずに上体だけイン側に入れていくフォームも有効です。使い分けできるとベストですね。

忍者 さん

02月13日

はじめまして!
僕は現代ninja250に乗っているのですが、このバイクはハングオンを学ぶには不向きでしょうか?

校長 さん

05月11日

>忍者さん
コメントをいただき、ありがとうございます。
Ninja250はハングオフを学ぶには最適だと思いますよ。いろいろなサンデーレースでもその戦闘力の高さは実証済みですし、実際のところサーキットでは皆さんNinja250でハングオフスタイルで走っています。

投稿する