今日から使えるライテク実践講座-「安定したライディングフォームとは?」

バージンバイク×マガジンズ

Text / Kentaro SAGAWA Photo / Satoshi MAYUMI  取材協力 /ライディングアカデミー東京

ライディングアカデミー東京」佐川健太郎の“スマートテク”とは?
普段から役立つ実践的なノウハウや方法をレクチャーしてくれるのは、バイクライフをもっと豊かにするためのライディングスクール「ライディングアカデミー東京」の佐川健太郎校長。せっかく手元にある大型バイク、安全に走りを楽しみ、満面の笑みで1日を終えたいもの。そのためには、ライダー自身のスキルアップと安全意識の向上、環境へも配慮したスマートなライディングを目指したい。それが“スマートテク”なのだ。
「車体を安定させるためのライディングフォームとは?」
PAGE01PAGE02PAGE03PAGE04

加速&減速フォーム

加速と減速で
フォームを切り替えよう!

加速持に上体が後ろに引っ張られる感じがしたり、減速時に前方に押し出されるように感じたことはありませんか? これらの力をそれぞれ加速G(加速度)、減速G(減速度)と呼びますが、その力に無理なく耐えられるようなフォーム作りを目指しましょう!

 

とりわけ大型バイクの場合、強大なパワーと高性能なブレーキを備えているため、加速・減速ともに大きなGを受けます。大型バイクを乗りこなすためには、なおさらフォームをしっかり身に付けたいところですね。

 

加速時は上体を前傾させることが基本。こうすることで加速Gを受け止めやすくなり、頭の位置を前に持ってくることで前輪荷重を高めて、フロントの浮き上がりを防ぐことができます。

 

減速時はというと、ニーグリップでしっかりバイクをホールドして、着座位置が前にずれないようにしつつ、上体は起こし気味にしてフロントに荷重をかけすぎないようにします。このときも極力、腕に力が入らないようにしましょう。

 

街乗りなどでは、それほど極端なフォーム変化は必要ありませんが、いざというときに自然に体が動くことが大事です。普段から意識してみてくださいね!

Practice

真っすぐに座った姿勢から、そのまま上体を前に傾けるイメージで前傾。背中は丸めません。加速時にシートに「グーッ」と荷重がかかるのを感じられればOK。ヒザは軽くタンクに当てておく程度で十分です。顔は上げて目線は遠くに。

加速時は上体を前傾

真っすぐに座った姿勢から、そのまま上体を前に傾けるイメージで前傾。背中は丸めません。加速時にシートに「グーッ」と荷重がかかるのを感じられればOK。ヒザは軽くタンクに当てておく程度で十分です。顔は上げて目線は遠くに。

 

加速に合わせて適切な前傾ができていないと、上体が後ろに持っていかれる感じになり、腕でハンドルを引っ張ってしまいがちです。その結果、前輪荷重が抜けてフロントが不安定になったり、スロットルを不用意に開けてしまうことも。

バイクに置いていかれる

加速に合わせて適切な前傾ができていないと、上体が後ろに持っていかれる感じになり、腕でハンドルを引っ張ってしまいがちです。その結果、前輪荷重が抜けてフロントが不安定になったり、スロットルを不用意に開けてしまうことも。

 

ヒザや内腿、カカトなど下半身をフルに使って車体をホールドし、背筋で上体を支えて前のめりにならないようにします。肩や腕はリラックスさせて指先に意識を集中すれば、前輪ロックしてもブレーキレバーを緩めやすくなります。

減速時は下半身ホールド

ヒザや内腿、カカトなど下半身をフルに使って車体をホールドし、背筋で上体を支えて前のめりにならないようにします。肩や腕はリラックスさせて指先に意識を集中すれば、前輪ロックしてもブレーキレバーを緩めやすくなります。

 

ニーグリップが甘いと減速Gに耐えきれず、前のめりになりそうな上体を腕力で支えてしまいがちです。「ブレーキで腕に力が入ってしまう」という人のほとんどはこのパターン。上体がガチガチだと、とっさの操作に遅れが出てしまいます。

上体がガチガチ

ニーグリップが甘いと減速Gに耐えきれず、前のめりになりそうな上体を腕力で支えてしまいがちです。「ブレーキで腕に力が入ってしまう」という人のほとんどはこのパターン。上体がガチガチだと、とっさの操作に遅れが出てしまいます。

 

スロットルは斜めに軽く握り、「手首」というより「前腕」の捻りによって操作するようなイメージ。よく「ドアノブを捻るように」などとも表現されます。私の場合、小指や薬指がメインで、中指や人差し指はブレーキレバー用です。

スロットルはやわらかく持つ

スロットルは斜めに軽く握り、「手首」というより「前腕」の捻りによって操作するようなイメージ。よく「ドアノブを捻るように」などとも表現されます。私の場合、小指や薬指がメインで、中指や人差し指はブレーキレバー用です。

 

緊張してグリップをがっちり握ってしまうと、微妙なスロットル操作ができなくなり、かえってギクシャクしてしまいます。また、腕で体重を支えようとすると手首の動きだけでスロットルを操作しがち。手首が疲れやすい人は要注意デス!

がっちり握ってガバ開け

緊張してグリップをがっちり握ってしまうと、微妙なスロットル操作ができなくなり、かえってギクシャクしてしまいます。また、腕で体重を支えようとすると手首の動きだけでスロットルを操作しがち。手首が疲れやすい人は要注意デス!

 

ブレーキレバーの位置は握り込んだときに、メインに使う指の第1~第2関節の間にレバーがくるように調整するといいでしょう。横から見ると指の形が「コの字型」になっているイメージ。手首がまっすぐになる高さがベストです。

コの字型でレバー操作

ブレーキレバーの位置は握り込んだときに、メインに使う指の第1~第2関節の間にレバーがくるように調整するといいでしょう。横から見ると指の形が「コの字型」になっているイメージ。手首がまっすぐになる高さがベストです。

 

レバー位置が遠いまま乗っている人が意外と多いようです。引っ掛かりが悪く操作ミスしたり、引き込むときに必要以上に強く握ってしまい、「ガッツン」ブレーキになってしまったり。ブレーキが苦手な人は、レバー位置を見直してみてください。

遠すぎてもダメ

レバー位置が遠いまま乗っている人が意外と多いようです。引っ掛かりが悪く操作ミスしたり、引き込むときに必要以上に強く握ってしまい、「ガッツン」ブレーキになってしまったり。ブレーキが苦手な人は、レバー位置を見直してみてください。

スマテク+α

ハーレーの場合、リーンウィズが最もしっくりきます。下手にアクションは入れず、後輪に乗っているイメージでシートにどっかり座ると接地感が出てくるはずです。シートの左右への体重の預け方で曲がり方をコントロールできます。

リーンウィズでリア荷重

ハーレーの場合、リーンウィズが最もしっくりきます。下手にアクションは入れず、後輪に乗っているイメージでシートにどっかり座ると接地感が出てくるはずです。シートの左右への体重の預け方で曲がり方をコントロールできます。

 

ハンドル位置が高くステップ位置も前寄りのクルーザーは、必然的にシートへの荷重割合が大きくなります。シート自体も大きめに作られているので、これを利用してオシリ全体でしっかりホールドするイメージを持つと安定感が出ます。

尻でホールド

ハンドル位置が高くステップ位置も前寄りのクルーザーは、必然的にシートへの荷重割合が大きくなります。シート自体も大きめに作られているので、これを利用してオシリ全体でしっかりホールドするイメージを持つと安定感が出ます。

 

オフロード走行も想定内のデュアルパーパスモデルの場合、スタンディングにも対応したライポジになっています。基本はステップにまっすぐ荷重できる位置に立つこと。肘は外、ヒザは前に軽く曲げてショックを吸収します。

ステップにしっかり乗る

オフロード走行も想定内のデュアルパーパスモデルの場合、スタンディングにも対応したライポジになっています。基本はステップにまっすぐ荷重できる位置に立つこと。肘は外、ヒザは前に軽く曲げてショックを吸収します。

 

腰が引けた、いわゆる「へっぴり腰」だと加速したときにステップに踏ん張りが効かず、バイクに体が置いていかれがち。肘やヒザを曲げ過ぎても疲れるだけで、路面からの衝撃もうまく吸収・分散できずバランスを崩しやすくなります。

へっぴり腰はダメ

腰が引けた、いわゆる「へっぴり腰」だと加速したときにステップに踏ん張りが効かず、バイクに体が置いていかれがち。肘やヒザを曲げ過ぎても疲れるだけで、路面からの衝撃もうまく吸収・分散できずバランスを崩しやすくなります。

PAGE01PAGE02PAGE03PAGE04

スマテク講座 講師
佐川 健太郎(Kentaro SAGAWA)
「ライディングアカデミー東京」校長。1963年東京生まれ。モーターサイクルジャーナリストとして2輪専門誌等で活躍中。公道で役立つ実践的な低速系ライディングから、モータースポーツとしてのサーキットライディングまで、テクニックやノウハウに造詣が深く、メーカー系イベントや各種スクール、走行会などでも講師を務める。米国ケビン・シュワンツ・スクール修了。MFJ公認インストラクター。
■スマテクに関するソボクなギモン受付中!■

この記事に関するご質問、ご相談を受付けています。ひとことでライテクと言っても、ライダーによって体格や考え方も異なるし、バイクそのものの特性や走行シチュエーションによってさまざまです。「これが100%正解!」なんて、無いに等しいところですが、広く一般的な基礎知識やノウハウ、こんなときはどうするのがベターなのか?といったギモンに対して、高いライディングスキルを持ち、知識と経験豊かなプロライダーが直々にお応えします。こんな機会はめったにありません!

佐川校長へどんどん質問・相談してみよう!

※コメントはこの記事に関する内容に限らせていただきます。なるべく多くのご質問にお応えするつもりですが、内容によってはコメントできない場合もありますことを予め御了承ください。

これまでの相談一覧

青木 さん

05月11日

年甲斐もなく、GSXR600に乗り始めましたが、加速する時
体を前傾にするとそもそも前傾なので、目線がかなり道路下側になってしまいます。
「顔をあげて目線は遠くに」と書いていらっしゃいますが、
前傾姿勢のスポーツ車の場合、その限りではないという事でしょうか?
特にヘルメットを被ると前が見えずらいです。

校長 さん

05月12日

>青木さん
お問い合わせ、ありがとうございます。
年甲斐もなく…とおっしゃいますが、今乗りたいと思うバイクに乗るのが一番ですよ。私もたとえお爺さんになってもスーパースポーツにカッコよく乗っていたいと思います。
さて、たしかにこのタイプは前傾がきついポジションに作られています。これはレースを前提として加速性能や運動性を重視しているためです。フルスロットルで加速するとき、車体姿勢はフロントフォークが伸び上がった状態になるため、ライダーは伏せたとしても自分が思っているほど前傾になってないものです。
背中を丸めるのではなく、腰から上体を傾けていくようにすれば、顔を上げるのもそれほど辛くはならないと思います。体格にもよりますが、着座位置も少し後ろにずらすと楽になるかもしれませんので試してみてください。また、ツーリングなどで普通に流しているときは、伏せる必要はありませんので楽な姿勢で乗ってください。
目線についてはヘルメットのフィッティングも影響します。
ヘルメットが頭の形に合っていないと、特にブレーキングなどで前にずれて視界が悪くなることもあります。その場合はヘルメットメーカー純正の交換用パッドが出ていますので、メーカーに問い合わせるなどして、内装の厚みを調整してみてください。それでだいぶ楽になるはずですよ!

ほんじゃまか さん

10月19日

現在ハーレーのロードキングを2週間前に購入しました
以前はスズキのデスペラード800ccに乗っていましたが
感覚がぜんぜん違うんです
2項目あるのですが
①、信号待ちや渋滞でバイクを止める時なのですが、全然安定しないのです、恥ずかしい話止める時に足を降ろしても止めれないので小走りみたいになってしまいますし、前みたいにスーッと止まりません、正直怖いです良いアドバイスして頂けないでしょうか
②降りてバイクを押し引きが不安定で2回立ちごけをしてしまいました、好きで乗っていたバイクなのですが不安からかだんだん乗りたいと思わなくなってきています
バイクに乗るのが怖くなってしまってるんです
お忙しいと思いますが良いアドバイスをお願いいたします

校長 さん

10月24日

>ほんじゃまかさん
ご質問いただき、ありがとうございます。
ロードキングとデスぺラードの違いに戸惑いを感じていらっしゃるようですが、それは無理もないことです。
まず排気量と重量が違いすぎます。デスぺラードは800ccで200㎏ちょっと。それに対しロードキングは1500cc近くで345㎏もあります。大きく重いということは、それだけでブレーキングも取り回しも難しくなります。
ご質問①について。ブレーキングの際、通常の国産バイクはフロントを中心に減速し、停止直前はフロントを緩めてリヤブレーキで止まると安定する傾向があります。これに対してハーレーは制動力の中心はリヤブレーキです。私の経験では、ハーレーの場合、停止直前にリヤを緩めてフロントブレーキを軽くかけて止まると安定する場合も多いようです。
足は停止直前に着くようにしましょう。少し前側に出してカカトから着くようにすると、停止したときにちょうどいい位置になります。早くから中途半端に出していると、かえってバランスを崩しやすくなりますし引っ掛かったりして危険なので注意しましょう。そしてブレーキング時は車体を垂直にしてハンドルをまっすぐにしたまま停止するのが、ふらつき防止のポイントです。
ご質問②について。取り回しではまず足元が滑りやすくないか確認してください。次にハンドルをまっすぐにしたまま、車体を少しだけ自分側に傾けて、腰をシート脇やタンク脇に当てて安定させます。バイクの重みと自分の体重によって互いに支え合う形にすると安定感が増します。シートが低い場合は自分が腰を落としてバイクに歩み寄ることです。体が離れているとかえって不安定になり、反対側に倒してしまいがちです。そして押し出すときは腕だけでなく「腰」で車体を押します。引く時も腰を当てたまま「尻」でシートを押していくイメージです。方向転換したいときは、前後に動き出してからハンドルを切るようにしたほうが力も要らず安定します。好きなバイクなのですから、焦らず少しずつバイクに慣れていってください。取り回しはコツと慣れで必ず上達しますから。

フレディ さん

03月07日

私はcb400sfを一年ほど前に購入しました。
今ではバイクにも慣れ、もっとコーナリングが上手くなりたい!と思ってます。
ある程度のノウハウを理解し、少しずつ練習したいのですが あまりバイクを傾けた事のない僕のタイヤは まだ周りがツルツルです。勝手な想像かも知れませんが、滑りそうで怖いです。
何かアドバイスがあれば、教えて下さい。
よろしくお願いします。

校長 さん

03月21日

フレディさん
コメント、ありがとうございます。
コーナリングはバイクライディングの醍醐味ですからね。余裕を持って楽しみながら上達していきましょう。さて、タイヤの端がツルツルで滑りそう…とのことですが、使ってない面まで一気に倒し込むとやはり滑りやすくなります。もし、タイヤの端まで使いたいなら、タイヤを温めながら徐々にバンク角を増やしていってください。ただ、それなりの荷重がかかっていないとグリップしないため、それを試すのはサーキットなどの安全なクローズドコースにしましょう!

投稿する