今日から使えるライテク実践講座-「滑らかなシフトチェンジでスマートに走るには?」

シフトワーク基本編

Text / Kentaro SAGAWA Photo / Satoshi MAYUMI  取材協力 /ライディングアカデミー東京
ライディングアカデミー東京」佐川健太郎の“スマテク”とは?
普段から役立つ実践的なノウハウや方法をレクチャーしてくれるのは、バイクライフをもっと豊かにするためのライディングスクール「ライディングアカデミー東京」の佐川健太郎校長。せっかく手元にある大型バイク、安全に走りを楽しみ、満面の笑みで1日を終えたいもの。そのためには、ライダー自身のスキルアップと安全意識の向上、環境へも配慮したスマートなライディングを目指したい。それが“スマートテク”なのだ。
「車体を安定させるためのライディングフォームとは?」
PAGE01PAGE02PAGE03PAGE04

最小限の動きで
滑らかに操作しよう!

オートマが主流のクルマとは違い、ほとんどのバイクはライダーが自分でギアを選択して走ります。面倒なようですが、シフトワークはバイクを操る楽しみでもありますよね。

 

シフトワークは何故必要なのか…。それは速度に合わせて最適な減速比を得るためです。減速比とは簡単に言うとギアの組み合わせパターンのことで、たとえばローギアは「減速比が大きい=低速型」だし、トップギアは「減速比が小さい=高速型」になります。

 

皆さんも経験上お分かりだと思いますが、低いギアほど速度は低いが力強く、高いギアほど速度は高いが力は弱くなります。だから、発進時は俊敏な加速を得るためにローギアを使いますし、高速道路をクルーズするときはトップギアが快適で経済的なわけです。

 

さて、シフトワークを上手くこなすコツですが、操作全体を「小さく滑らかな動き」でまとめていくことです。シフトワークにはスロットルやクラッチ、チェンジペダルなどの操作の連携が必要になってきますが、無駄に大きなアクションをしている人もちらほら…。これは「雑」な操作にもつながり、バイクにも負担をかけます。できる限りスムーズに柔らかく、最小限の動作で完結させましょう。それがスマートなライディングへの第一歩です!

Practice

発進では滑らかにクラッチをつなぎ、バイクが動き出したらすぐにステップに足を乗せてシフトアップに備えます。加速中は頻繁にギアチェンジするので足先はペダルの下に入れたままでOK。上体は前傾させて加速Gに備えましょう。

発進・加速

発進では滑らかにクラッチをつなぎ、バイクが動き出したらすぐにステップに足を乗せてシフトアップに備えます。加速中は頻繁にギアチェンジするので足先はペダルの下に入れたままでOK。上体は前傾させて加速Gに備えましょう。

 

停止時は前後ブレーキを使って減速しながら十分速度が落ちたところでシフトダウン。速度が高いと回転数が上がりすぎてギクシャクしてしまいます。エンジンブレーキも併用して、なるべく停止直前にクラッチを切るようにしましょう。

減速・停止

停止時は前後ブレーキを使って減速しながら十分速度が落ちたところでシフトダウン。速度が高いと回転数が上がりすぎてギクシャクしてしまいます。エンジンブレーキも併用して、なるべく停止直前にクラッチを切るようにしましょう。

シフトワークではクラッチ操作がポイント。動力がカットできればいいのでレバーを全部握る必要はありません。つなぐときはジンワリと、が基本。特に発進時は繊細に。半クラまでは速やかに持っていき、動き出したら丁寧にリリースします。

ジンワリつなぐ

シフトワークではクラッチ操作がポイント。動力がカットできればいいのでレバーを全部握る必要はありません。つなぐときはジンワリと、が基本。特に発進時は繊細に。半クラまでは速やかに持っていき、動き出したら丁寧にリリースします。

シフトチェンジごとにクラッチレバーをいっぱいまで握ると、つなぐタイミングが分かりづらく、指も疲れます。また、ポンッと雑につなぐとバイクの挙動を乱しがち。発進時にエンストしたり、減速時はリアホッピングの原因にもなります。

スパッとつなぐ

シフトチェンジごとにクラッチレバーをいっぱいまで握ると、つなぐタイミングが分かりづらく、指も疲れます。また、ポンッと雑につなぐとバイクの挙動を乱しがち。発進時にエンストしたり、減速時はリアホッピングの原因にもなります。

シフトアップするときは、まずスロットルを戻します。スロットルを戻しきれていないと、クラッチを切ったときにエンジン回転数が上がってしまい、ギクシャクの原因に。ブレーキレバーに指をかけておくのは緊急時のためです。

スロットルを戻す

シフトアップするときは、まずスロットルを戻します。スロットルを戻しきれていないと、クラッチを切ったときにエンジン回転数が上がってしまい、ギクシャクの原因に。ブレーキレバーに指をかけておくのは緊急時のためです。

 

ブーツのシフトパッドをペダルに軽く当てがうように用意しておけば、スロットルを戻すと同時に「まるで吸い込まれるように」ギアが入ります。雑にガチャガチャやったり、力を入れてかき上げる必要はありません。

ペダルに足先を当てる

ブーツのシフトパッドをペダルに軽く当てがうように用意しておけば、スロットルを戻すと同時に「まるで吸い込まれるように」ギアが入ります。雑にガチャガチャやったり、力を入れてかき上げる必要はありません。

 

シフトアップのタイミングですが、街乗りなどではトルクが盛り上がる手前でギアチェンジするのがスムーズです。ちなみにCB1300SFの場合、最大トルク発生回転数は5,500rpmなので、4,500rpmぐらいがベストタイミングでしょう。

トルクバンド手前でシフト

シフトアップのタイミングですが、街乗りなどではトルクが盛り上がる手前でギアチェンジするのがスムーズです。ちなみにCB1300SFの場合、最大トルク発生回転数は5,500rpmなので、4,500rpmぐらいがベストタイミングでしょう。

スマテク+α

発進時は最もクラッチに負担がかかります。あまり回転数を上げずに、なるべく短い時間でクラッチをつなぐよう意識しましょう。特にドゥカティなどで採用されている乾式クラッチは、半クラを多用するとクラッチディスクに負担がかかりやすくなります。半クラで長く引っ張るような走りは避けましょう。

半クラで引っ張りすぎない

発進時は最もクラッチに負担がかかります。あまり回転数を上げずに、なるべく短い時間でクラッチをつなぐよう意識しましょう。特にドゥカティなどで採用されている乾式クラッチは、半クラを多用するとクラッチディスクに負担がかかりやすくなります。半クラで長く引っ張るような走りは避けましょう。

 

滑らかなパワー特性が魅力のフラットツインですが、直4などに比べると極低速で粘りが薄く、エンジン回転数が落ちた状態からいきなりスロットルを開けるとエンストしやすくなります。駐車場や狭い路地に入る場合などは特に注意。ちゃんとローギアに入っているか、ギアポジションも確認しましょう。

ギアポジションに注意!

滑らかなパワー特性が魅力のフラットツインですが、直4などに比べると極低速で粘りが薄く、エンジン回転数が落ちた状態からいきなりスロットルを開けるとエンストしやすくなります。駐車場や狭い路地に入る場合などは特に注意。ちゃんとローギアに入っているか、ギアポジションも確認しましょう。

PAGE01PAGE02PAGE03PAGE04

スマテク講座 講師
佐川 健太郎(Kentaro SAGAWA)
「ライディングアカデミー東京」校長。1963年東京生まれ。モーターサイクルジャーナリストとして2輪専門誌等で活躍中。公道で役立つ実践的な低速系ライディングから、モータースポーツとしてのサーキットライディングまで、テクニックやノウハウに造詣が深く、メーカー系イベントや各種スクール、走行会などでも講師を務める。米国ケビン・シュワンツ・スクール修了。MFJ公認インストラクター。
■スマテクに関するソボクなギモン受付中!■

この記事に関するご質問、ご相談を受付けています。ひとことでライテクと言っても、ライダーによって体格や考え方も異なるし、バイクそのものの特性や走行シチュエーションによってさまざまです。「これが100%正解!」なんて、無いに等しいところですが、広く一般的な基礎知識やノウハウ、こんなときはどうするのがベターなのか?といったギモンに対して、高いライディングスキルを持ち、知識と経験豊かなプロライダーが直々にお応えします。こんな機会はめったにありません!

佐川校長へどんどん質問・相談してみよう!

※コメントはこの記事に関する内容に限らせていただきます。なるべく多くのご質問にお応えするつもりですが、内容によってはコメントできない場合もありますことを予め御了承ください。

これまでの相談一覧

三塚ケンイチ さん

07月03日

はじめまして、いつも愛読させて頂いています、三塚と申します。
昨年、大型二輪取得と同時に250ccからBMW・F650CSに乗り換えました。
250ccとはやはり勝手が違い低速ではトルクもなくスピードも出てしまうので、
街中や渋滞でクリープ状態の車の後ろでは二速半クラッチで走り続ける事が多々あります。
記事のドゥカティではありませんが、半クラで走り続けるのはマシンの負担になるので扱い方としてはNGになるのでしょうか?

校長 さん

07月06日

>三塚ケンイチ さん
ご質問、ありがとうございます。F650CSにお乗りとのことですが、軽量・コンパクトで低重心で乗りやすいバイクですね。エンジンは単気筒ですが、排気量は650ccあるので250ccに比べれば低速トルクも十分あります。
渋滞ノロノロ運転などでは1速のまま、半クラとリヤブレーキを使って速度調整しながら走ってみてください。2速半クラだと、かえってクラッチに負担をかけてしまいます。
半クラでも回転数を上げなければ負担は最小限で済みます。アイドリング回転数近くで半クラ一定のまま、ゆっくりと歩くような速度で走れることが理想です。もちろん、半クラを使わずに済むならそれに越したことはありません。
もし渋滞が延々と続くようであれば、休憩を入れてバイクとご自身の体を休めてください。

スマテク1年生 さん

07月06日

なんてことないSR500に乗っています。クラッチ操作の話ということで、実にソボクなギモンなんですが…、「湿式多板」とか「乾式単板」とか「乾式クラッチ」とか、いろいろありますが、それぞれのメリット、デメリットってどういうところにあるのでしょうか?また実際に乗るとき、どういう注意が必要なのでしょうか?初歩的な質問でスイマセンが、教えてください!

校長 さん

07月11日

>スマテク1年生さん
ご質問をいただき、ありがとうございます。「湿式多板」や「乾式単板」というのは、クラッチの構造のことです。湿式というのはクラッチ板がエンジンオイルに浸かった状態であり、多板というのはクラッチ板が何枚も重なりあった構造になっているタイプです。国産をはじめとする多くのミッション付きバイクは「湿式多板」を採用しています。理由としては、半クラ操作がしやすく耐久性が高いなどのメリットがあり、ストリートモデルに適しているからです。
一方、ドゥカティのスポーツモデルにはクラッチ板がオイルに浸されていない「乾式多板」タイプが採用されています。乾式のメリットは、オイルが介在しないためクラッチのキレがよく、パワーロスが少ないことなどが挙げられます。そのためサーキット性能重視のドゥカティでは古くから乾式が使われていると言われます。デメリットは湿式の逆で耐久性や静寂性に劣り、半クラ操作がしにくい点などです。
また、BMWのフラットツインや旧Kシリーズには伝統的に「乾式単板」が採用されています。これはエンジンのシンプル化やドライブラインのコンパクト化を目指したものと言われています。デメリットとしてはクラッチのつながりがやや急なこと、半クラを多用しすぎると熱でクラッチ板を傷めやすいことなどです。
注意点としては、乾式の特性から発進などでエンストしやすい傾向があるので、「クラッチミートをよりデリケートに操作する」、また熱でヒートしやすいので「半クラを多用しすぎない」などが挙げられます。湿式についてはエンジンオイルと共用なのでオイル交換サイクルを守ることぐらいでしょう。

sin さん

10月30日

初めまして。YAMAHAのRZ50に乗っているのですが、シフトチェンジを行うときはトルクバンド手前でシフトアップした方がいいのでしょうか?2ストロークエンジンなのでパワーバンドまで回さないとプラグがカブってしまいますし、トルク感がないのでしっかり上まで回しています。2ストロークエンジンに優しいシフトアップを教えてください。
あと、2ストロークエンジンに優しい運転の仕方を教えてください。

校長 さん

12月03日

>sinさん
コメントをいただき、ありがとうございます。
「トルクバンド手前でシフトアップ」するのは公道で加速していく場合の基本と考えてください。もちろん、排気量やエンジンレイアウトによっても出力特性は変わりますので、これはひとつの目安にすぎません。お乗りのRZ50の場合、排気量も小さく極低速トルクは細いですし、2ストなので中途半端にスロットルを開け閉めしていると、たしかにエンジンもくすぶりがちです。2ストはパンチの効いた中速域が魅力であり、小排気量はパワーを使いきって走るのが醍醐味でもあります。ご質問のシフトアップ方法については、2ストも4ストも基本的に同じで、そのエンジンが最も調子がよく回り、かつライダーが扱いやすい回転域を使っていくべきと思います。そして、たとえ上まで引っ張ったとしても、パワーカーブが寝てくる前にシフトアップするのが妥当でしょう。公道ではルールとマナーを守ってその範囲内でシフトワークを楽しんでみてください。

moto さん

11月28日

初めまして
YAMAHAのFZR250に乗っています
ギアチェンジに質問させて頂きます
1速から2速へ上げる時に良くNに入ります、ギアには問題は無いので自分の足のポジションや力、タイミングなどの問題なのかと思っています....免許は取り立てでバイクも乗り初めたばかりです。Nに入ってしまうと後続車に嫌がらせをしていると思われそうで嫌です...1速~上げる時のタイミングや足のポジションはどの辺で取ると滑らかにシフトアップする事が出来ますか?1~2では少しショックが出てしまいます、回答お願い致します。 

校長 さん

11月29日

moto さん
コメントをいただき、ありがとうございます。
以下はシフトアップのときのポイントです。
順を追っていますので、参考までに。
●発進したらトルクがかかる程度にスロットルを開ける。
●ペダルをブーツ(シューズ)のシフトパッドに当てて
予め少しテンションをかけておく。
●スロットルを素早く戻す。
●半クラを使う場合も時間は短く、クラッチを切り過ぎない。
●シフトペダルを確実に押し上げて、しっかりギヤを送り込む。
1~2速はNを飛び越えていくため、一層しっかりとギヤを送り込んでやる必要があります。あまりにギヤ抜けが頻発するようだと、シフト機構にトラブルがある可能性もありますので、一度ショップで診てもらうことをおすすめします。

YOS さん

04月08日

はじめまして
スズキのGS50に乗っています。
まだ乗りたてなのでわからないことがあります・・・

赤信号で止まろうとしているときにブレーキをかけながらギアを落とします。(低速になりました)そして、止まる前に信号が青に変わってしまいました。
そのとき、ギアをローにしていても、2、3にしていても、低速から動きだすと(スロットルを回す)最初「ガックン」となって、スムーズな動き出しができません。
どうしたら直りますか??

校長 さん

06月11日

>YOS さん
コメントをいただき、ありがとうございます。
減速から加速に移行するときに、チェーンが逆向きに引っ張られることで「ガックン」というショックが起きているのだと思います。バイクの機構上、ある程度は仕方ない部分もありますが、「丁寧なスロットルワーク」や「1段高めのギヤを使う」などを心掛けてみてください。それでもショックが気になるなら「リヤブレーキを少し当てながら加速する」方法を試してみてください。ショックが和らぐと思います。

エイプ さん

12月26日

半クラの位置がイマイチわかりません!!

校長 さん

02月20日

>エイプ さん
コメントをいただき、ありがとうございます。
半クラの位置をつかむための練習方法をご紹介しておきます。ローギヤでクラッチをめいっぱい切った状態から、アクセルはつかわずアイドリング回転のまま、ゆっくりと時間をかけて徐々にクラッチをつないでいきます。すると、バイクが動き始める瞬間が訪れますが、そこがまさしく半クラが始まる位置です。そこからさらにじんわりクラッチレバーを放していくと、バネ(クラッチスプリング)の反力を感じなくなる瞬間がありますが、そこが半クラが終了する位置、つまり完全にクラッチがつながった状態です。これを目安に半クラの感覚をつかんでみてください。ちなみに、一般的にエンジントルクが小さい小排気量車は半クラの位置が分かりにくく、また、ワイヤー式クラッチのモデルはワイヤーの摺動抵抗があるため、メンテナンス状態によっては油圧クラッチに比べて半クラの操作がしずらいことがあります。

ミニトレ さん

09月28日

はじめまして、YAMAHAのgt80乗りです。
2ストのgt80についてなのですが、高回転時の加速はとても快いものなのですが、低速トルクが細く、なかなかこのフィーリングに慣れられません、はじめてのバイクなので、よくわからなくて乗り方のコツ(?)が知りたいです!!

校長 さん

12月18日

>ミニトレさん
コメントをいただき、ありがとうございます。
難しい質問ですね~。おっしゃるとおり、2ストエンジンの特性として一般的に低速トルクが細く、しかも小排気量なので、ある程度以上は回転数を上げていかないと、キビキビとは走れないかもしれません。2ストマシンにはパワーバンドをうまく使って走るなど、ピーキーさ故の楽しさもありますので、良いところを引き出してあげてください。

TZR さん

10月22日

初めましてこの前TZR50Rに乗り始めたのですが
乗るにあたってきおつけておいたほうがいいことを教えてください

校長 さん

11月27日

>TZR さん
コメントをいただき、ありがとうございます。
TZR50ですか! おそらく20年以上前のモデルですから、まずはメンテナンスがしっかりなされているか各部をよくチェックしたほうがよろしいかと思います。特にブレーキなどの足回り、そして2ストなのでリードバルブが劣化していないか、エアクリーナーの目詰まり、キャブセッティングがきちんと出ているか等々。マシンが快調であれば、乗り方は普通のバイクと同じはずです。

花式 さん

12月15日

こんばんわ!
僕はFZ-1FAZERに乗りたいのですが、減速の時にシフトダウンする時の速度は、5速に下げるのは何kmぐらいから、4速に下げるのは何kmぐらいから、って言うのがいまいち分からないのでそこを教えてください!
それと、なにか為になるこのがあればぜひ聞かせてください!

bkowa さん

12月25日

私はバイクに乗って61年目を迎えます。
何時も不安な事はコーナーに入る時凄く不安になります。
タイヤは古いが目はまだあります。今年の春先右カブをちょっと調子に乗り気持ちよく回ろうとし、真ん中へんでステップが当たり、まくれて転倒骨折肩アバラ4本どうして転倒したか不思議で
3日後現場を検証春先の為交差真ん中に砂が溜まっていた。
原因は解りましたが、実際に今のバイクはタイヤのグリップが
良いのか90Rのコーナーを旋回を90㎞~100㎞で走行出来るのか不安です。温度、タイヤ(コンパン度?硬さ)広さ・幅等で
(選択方法)注意点はありますか。

校長 さん

08月08日

>花式 さん
コメントいただきありがとうございます。
FZ-1FAZERに限らずですが、ギヤチェンジする理由は目的に合った最も効率的なエンジン回転数を使うためです。たとえば、ツーリングなどで燃費を稼ぎたいときはなるべく低い回転数を使いたいですから、40㎞/h巡航でも5速を使う場合があるかもしれません。逆にサーキットライディングなどで最大限加速したいときなどは100㎞/h以上まで3速で引っ張っているかもしれません。この場合は速く走ることが目的ですから、最大トルク~最高出力が出る辺りの回転数をキープすることになります。つまり、〇速ギヤは〇㎞/hからという決まりはないということです。簡単に言えば、自分が一番気持ちよく乗れるギヤ(回転数)を瞬時にセレクトできるよう、いろいろなシチュエーションでギヤと速度と回転数の関係を体に覚え込ませることがポイントになるでしょう。いろいろ試してみてください!

校長 さん

08月08日

>bkowa さん
コメントをいただきありがとうございます。
それだけ長くバイクに乗られていること自体、素晴らしいことと思います。私のような若輩者が恐縮ですが、やはり公道は何が起こるか分からず、不確定な要素が多い場所だと思います。そこで大事なのは「危険予測」です。交差点であれば、おっしゃるとおり中央部分に砂利がたまっていても不思議ではありませんし、マンホールがあったり、異物わ拾ってパンクするかもしれません。コーナーでは何が起こっても充分対処できるだけの余裕を持てる速度やバンク角を常に意識しておくことが大事と思います。これは、どんなバイクやタイヤにも当てはまることと思います。公道ではけっして無理をせず、ちょっとだけ冒険してみたい気持ちを満たすには、サーキットなどのクローズドコースで走ることをおすすめいたします。私のスクールにも、そういうベテランライダーの皆様がたくさんいらしていますよ。

投稿する