今日から使えるライテク実践講座-「滑らかなシフトチェンジでスマートに走るには?」

シフトワーク市街地編

Text / Kentaro SAGAWA Photo / Satoshi MAYUMI  取材協力 /ライディングアカデミー東京
ライディングアカデミー東京」佐川健太郎の“スマテク”とは?
普段から役立つ実践的なノウハウや方法をレクチャーしてくれるのは、バイクライフをもっと豊かにするためのライディングスクール「ライディングアカデミー東京」の佐川健太郎校長。せっかく手元にある大型バイク、安全に走りを楽しみ、満面の笑みで1日を終えたいもの。そのためには、ライダー自身のスキルアップと安全意識の向上、環境へも配慮したスマートなライディングを目指したい。それが“スマートテク”なのだ。
「車体を安定させるためのライディングフォームとは?」
PAGE01PAGE02PAGE03PAGE04

速度に見合った
ギアで走ろう!

大型バイクはトルクに余裕があるので、小排気量マシンのように頻繁なギアチェンジをしなくても悠々と走れます。それでも、よりスマートに乗りこなすためには、速度に見合ったギアを選択していくのがポイントになってきます。

 

同じ速度でも選択したギアによってエンジン回転数は変わってきます。たとえば同じ60km/hでもローギアなら6,000rpm、トップギアなら2,000rpmといった具合。この場合、前者は速度に対してエンジン回転数が高すぎてギクシャクしてしまうでしょうし、後者は逆にエンジン回転数が低すぎてノッキング症状(ガタガタという振動など)が出てしまうかもしれません。これらは速度に見合ったギアになっていないために起こります。

 

シフトタイミングはエンジン回転数で判断します。シフトアップ時はトルクが盛り上がる手前あたりが適当。シフトダウン時はより低めの過度なエンジンブレーキがかからない回転数で行うとスムーズです。とはいえ、ずっとタコメーターを見ているわけにはいかないので、エンジン音である程度判断できるようになりましょう。また、市街地でむやみに回転数を上げて走るのは他人の迷惑になり、燃費も悪くなります。スマートな大人の走りを目指しましょう!

Practice

市街地ではそもそも急発進・急加速はナンセンス。アイドリング+αの低い回転数で繊細にクラッチミートさせたら、滑らかにシフトアップしていきたい。ポイントは低いギアであまり引っ張り過ぎず、テンポよくギアを上げていくこと。シフトタイミングはトルクが盛り上がる手前あたりが目安。

 

市街地ではそもそも急発進・急加速はナンセンス。アイドリング+αの低い回転数で繊細にクラッチミートさせたら、滑らかにシフトアップしていきたい。ポイントは低いギアであまり引っ張り過ぎず、テンポよくギアを上げていくこと。シフトタイミングはトルクが盛り上がる手前あたりが目安。

シフトアップはトルクバンド手前で

市街地ではそもそも急発進・急加速はナンセンス。アイドリング+αの低い回転数で繊細にクラッチミートさせたら、滑らかにシフトアップしていきたい。ポイントは低いギアであまり引っ張り過ぎず、テンポよくギアを上げていくこと。シフトタイミングはトルクが盛り上がる手前あたりが目安。

信号停止などでは減速しながらシフトダウンしていきますが、ポイントは回転数が十分落ちてからギアを下げること。回転数が高いままだとシフトダウン時に後輪ロックやホッピング(後輪が跳ねること)を起こすことがあります。慣れないうちは停止直前にまとめてシフトダウンしてもOKです。

 

信号停止などでは減速しながらシフトダウンしていきますが、ポイントは回転数が十分落ちてからギアを下げること。回転数が高いままだとシフトダウン時に後輪ロックやホッピング(後輪が跳ねること)を起こすことがあります。慣れないうちは停止直前にまとめてシフトダウンしてもOKです。

シフトダウンは回転数が落ちてから

信号停止などでは減速しながらシフトダウンしていきますが、ポイントは回転数が十分落ちてからギアを下げること。回転数が高いままだとシフトダウン時に後輪ロックやホッピング(後輪が跳ねること)を起こすことがあります。慣れないうちは停止直前にまとめてシフトダウンしてもOKです。

シフトダウンでギアを下げたとき、急にクラッチをつなぐと後輪ロックやホッピングが起きやすく、バイクが不安定になります。特に回転数が高めの状態からギアを落とすときは、半クラを長めに当ててエンジンブレーキを緩和するのがコツ。これにより「角がとれた」スムーズな減速が可能になります。

 

シフトダウンでギアを下げたとき、急にクラッチをつなぐと後輪ロックやホッピングが起きやすく、バイクが不安定になります。特に回転数が高めの状態からギアを落とすときは、半クラを長めに当ててエンジンブレーキを緩和するのがコツ。これにより「角がとれた」スムーズな減速が可能になります。

半クラでエンブレを逃がす

シフトダウンでギアを下げたとき、急にクラッチをつなぐと後輪ロックやホッピングが起きやすく、バイクが不安定になります。特に回転数が高めの状態からギアを落とすときは、半クラを長めに当ててエンジンブレーキを緩和するのがコツ。これにより「角がとれた」スムーズな減速が可能になります。

スマテク+α

降車してからローに入れたいときは、ペダルをガンガン踏んでもダメ。特にドゥカティなどは繊細に作られているので、ペダルを傷めやすくなります。そんなときは車体を前後にわずかに動かしながら、右足で軽くペダルを踏み込んだり、手でペダルを操作すれば軽い力で滑らかにギアが入るはずです。

 

降車してからローに入れたいときは、ペダルをガンガン踏んでもダメ。特にドゥカティなどは繊細に作られているので、ペダルを傷めやすくなります。そんなときは車体を前後にわずかに動かしながら、右足で軽くペダルを踏み込んだり、手でペダルを操作すれば軽い力で滑らかにギアが入るはずです。

 

駐車時はローギアに入れるのが基本。もし、降車してから気付いてローに入れたいときは、ペダルをガンガン踏んでもダメ。特に繊細に作られているドゥカティは、チェンジ部分を傷めやすくなります。そんなときは車体を前後にわずかに動かしながら、足で軽くペダルを踏み込むか、手でペダルを操作すれば軽い力で滑らかにギアが入るはずです。

停止時こそ繊細にシフト

駐車時はローギアに入れるのが基本。もし、降車してから気付いてローに入れたいときは、ペダルをガンガン踏んでもダメ。特に繊細に作られているドゥカティは、チェンジ部分を傷めやすくなります。そんなときは車体を前後にわずかに動かしながら、足で軽くペダルを踏み込むか、手でペダルを操作すれば軽い力で滑らかにギアが入るはずです。

BMWに限らずですが、駐車やUターン時にエンスト・立ちゴケするパターンが目立ちます。特に重量級ツアラーなどは、一度バランスを崩すと立て直しが困難。極低速での不用意なエンストを防ぐ意味でも、きちんとローギアに入っているか、ギアポジションを把握しておきましょう。写真のR1200RTのように、ギアポジションが表示されるタイプは便利ですね。

 

ギアポジションを把握しておく

BMWに限らずですが、駐車やUターン時にエンスト・立ちゴケするパターンが目立ちます。特に重量級ツアラーなどは、一度バランスを崩すと立て直しが困難。極低速での不用意なエンストを防ぐ意味でも、きちんとローギアに入っているか、ギアポジションを把握しておきましょう。写真のR1200RTのように、ギアポジションが表示されるタイプは便利ですね。

PAGE01PAGE02PAGE03PAGE04

スマテク講座 講師
佐川 健太郎(Kentaro SAGAWA)
「ライディングアカデミー東京」校長。1963年東京生まれ。モーターサイクルジャーナリストとして2輪専門誌等で活躍中。公道で役立つ実践的な低速系ライディングから、モータースポーツとしてのサーキットライディングまで、テクニックやノウハウに造詣が深く、メーカー系イベントや各種スクール、走行会などでも講師を務める。米国ケビン・シュワンツ・スクール修了。MFJ公認インストラクター。
■スマテクに関するソボクなギモン受付中!■

この記事に関するご質問、ご相談を受付けています。ひとことでライテクと言っても、ライダーによって体格や考え方も異なるし、バイクそのものの特性や走行シチュエーションによってさまざまです。「これが100%正解!」なんて、無いに等しいところですが、広く一般的な基礎知識やノウハウ、こんなときはどうするのがベターなのか?といったギモンに対して、高いライディングスキルを持ち、知識と経験豊かなプロライダーが直々にお応えします。こんな機会はめったにありません!

佐川校長へどんどん質問・相談してみよう!

※コメントはこの記事に関する内容に限らせていただきます。なるべく多くのご質問にお応えするつもりですが、内容によってはコメントできない場合もありますことを予め御了承ください。

これまでの相談一覧

トンビ さん

07月10日

はじめまして
ビューエルXB12Rに乗っているのですが、
初めての大型のためどのくらいの回転数でシフトアップをしていけばスムーズに、また燃費をよく走れるかがわからないです。
現在は2500rpmでシフトアップをしているのですが、もう少し高回転まであげたほうがいいのでしょうか?
もうひとつ質問なんですが、なぜ停止時にローギアに入れておいたほうがいいのでしょうか?
平地であればNでも変わらないと思うのですが・・・

よろしくお願いします。

blacko さん

07月11日

こんにちは。
いつも記事の更新を楽しみにしております。
バイクに乗り始めの僕にはありがたい記事が満載です。

僕はBMW F800STに乗っていますが、5→4・4→3のエンブレの効きが弱い気がして、5→3・4→2・3→2といった使い方をしています。
またセカンドのエンブレでは利きすぎるので、ガクンとならないよう回転数を合わせるのが難しく、難儀しています。

この2個飛ばしの使い方は間違いでしょうか?
また、半クラで回転数を合わせるとクラッチがかなり痛むような気がするのですが、構わないのでしょうか?
半クラですと、セカンドでもいい感じに減速できますが、クラッチが痛むのが心配です。

よろしくお願いします。

校長 さん

07月11日

>トンビさん
ご質問いただき、ありがとうございます。
シフトアップタイミングはバイクによりそれぞれです。一般的には排気量の大きなバイクほど、低速トルクにも恵まれていますので、比較的低い回転域でもシフトアップできます。ビューエルXB12Rにお乗りということですが、Vツインなので直4ほどは極低速での粘りはないにしろ、排気量からいってもローギヤからなら2500rpmでもシフトアップは十分可能だと思います。
ひとつの目安としては、シフトアップしたときにノッキング症状を起こさない程度まで回転数を上げることです。もし、シフトアップしたときに「ガッガッガッ」みたいなエンジンが止まりそうな振動が出たら回転数が低すぎますので、もう少し加速してから上のギヤに入れてください。
街乗りやツーリングでしたら、早めにシフトアップして高めのギヤでクルーズするほうがVツインらしい鼓動感も感じられますし、スムーズに走れて燃費も稼げるはずです。ただ、いつも低回転で乗っているとカーボンが溜まったりとエンジンにも良くないので、たまには少しエンジンを回してあげてください。
また、停止時にローギヤに入れておくのは、坂道などで不意にサイドスタンドが外れて転倒するのを防ぐためです。4輪のサイドブレーキ代わりですね。もちろん、平地であればニュートラルでも構いませんが、強風などによってスタンドが外れやすくなることもあります。特にワインディングなどの駐車場は傾斜していることが多く、それに気付かずにミスしてしまうことも。ローギヤに入れて止まることを習慣化してしまえば、そのようなミスも軽減できます。発進時もすでにローギヤに入っているので慣れると楽ですよ。

校長 さん

07月11日

>blacko さん
ご質問いただき、ありがとうございます。
シフトダウン時にギヤを飛ばす方法ですが、実は私も使っています。トップギヤから減速・停止する場合などは、6→4→2→1のようにギヤを下げていくと楽ですよね。
これも毎回やるというわけでなければ、特に機械的な問題はないと思います。それよりも大事なのはシフト操作の方法。シフトミスして無理に「ガッチャーン」と入れたり、発進でも減速でも半クラを使いすぎるのはミッションやクラッチに負担をかけます。
半クラでエンジンブレーキを緩和する方法は、本文でもお伝えしたとおり、比較的高回転からシフトダウンするときに使えると便利です。
状況としては、下りの坂道などでどうしてもエンジン回転数が上がってしまうとき、またエンジン回転数を落とさずにスポーティに走りたい場合にも有効なテクニックです。これも毎回のように極端に使わなければ大丈夫です。
さらにアクセルを煽りながら回転数を合わせていく「ブリッピング・シフトダウン」という方法もありますが、これは次回以降で解説したいと思いますので楽しみにしていてください!

ひめさん さん

11月02日

40にて初めてバイクを購入して、楽しんでます。
信号待ちや一旦停止などで、減速するような時、2速1速にギアが入らずに発進時に慌てる事がよくあるのですが、スムーズに行うコツなどはあるのでしょうか?

おにくたん さん

11月02日

>>ひめさん

私は、停止時ならとりあえず1速まで落とすかNへ、
減速時は2速まで落としても1速まで落とすことはあまりないです。
とりあえず少しでもアクセル開いていれば2速でならエンストすることも無いです。

校長 さん

01月12日

>ひめさん さん
コメントをいただき、ありがとうございます。
クラッチレバーの位置が近すぎたり、ワイヤーの遊びが多すぎたり、シフトペダルの位置が低すぎたり等、操作系の調整が適切でないとシフトしずらくなります。グリスアップも含めて、一度チェックしてみてください。シフトペダルの操作も、足首をピボットにしてちゃんと押し下げられているか、ガンガン蹴っていないか等、自分の操作に問題がないかも再チェック。それでもギヤが入らないならシフト機構のメカニカルトラブルの可能性もあるので、バイクショップで整備してもらってください。

MARO さん

06月08日

ビラーゴ1100にのってます。初心者です
シャフトドライブのバイクは初めてなのですが、ギアの選択はチェーンのバイクと比べると変わってくるのでしょうか?
街中60キロで5速走行すると加速時ノッキングのような感じになります。4速にするとおさまります。

校長 さん

06月17日

>MARO さん
コメントをいただき、ありがとうございます。
シャフトとチェーンですが、駆動方式によるギヤの選択の違いは基本的にないと言っていいでしょう。問題になるのはギヤ比
です。5速60㎞/hなら普通は大丈夫だと思いますが、もしかしたらピラーゴは5速のギヤ比が高めなのかもしれません。また、高めのギヤで急加速すると、どんなバイクでもノッキング的な症状が出ることがありますし、特にVツインはトルク変動が大きいため、直4などに比べるとハイギヤ(低回転)でギクシャクしやすいです。スロットルの丁寧な操作でだいぶ緩和されると思いますよ。

まさゆき さん

09月28日

GL1800に乗っております。
本当に基礎的な事なのですが、もし不意に立ちゴケをしてしまい、立て直しが困難な場合やっぱり筋肉をつける所からですかね?

MM さん

10月23日

原付ですいませんが質問します。
モンキーz50に乗ってるんですがシフトダウンする時困ってます。ネットとかで調べて今のシフトダウンの仕方はエンジンブレーキと各ブレーキ使ってスピード落としてクラッチ握りアクセルを煽ってシフトダウンしてます。そうするとバイク自体のガクッとという振動はなく走れるのですが多分バイクに負担かけてるので普通にシフトダウンしたいんですがどうすればうまくいきますか??

MM さん

10月23日

原付ですいませんが質問します。
モンキーz50に乗ってるんですがシフトダウンする時困ってます。ネットとかで調べて今のシフトダウンの仕方はエンジンブレーキと各ブレーキ使ってスピード落としてクラッチ握りアクセルを煽ってシフトダウンしてます。そうするとバイク自体のガクッとという振動はなく走れるのですが多分バイクに負担かけてるので普通にシフトダウンしたいんですがどうすればうまくいきますか??

校長 さん

12月18日

>まさゆき さん
コメントをいただき、ありがとうございます。
かなりの重量車ですね。転倒車の引き起こしには、もちろんある程度の体力は必要になります。ただ、コツをつかむと割と簡単に起こせるものです。簡単に言うと、腕力ではなく脚力を使うことです。倒れたバイクに体を寄せて、両手でハンドルと車体をしっかり持って、背筋を伸ばして、脚力で一気に引き起こします。ブレーキレバーを握るか、ギヤを入れるなどして、車体が前後に動かないようにするとやりやすいです。

校長 さん

01月15日

>MMさん
コメントをいただき、ありがとうございます。
MMさんがおっしゃっているのは、いわゆるブリッピングシフトダウンのことですね。スポーツライディングには欠かせないテクニックではありますが、タイミングや操作方法が間違っていると、おっしゃるとおりミッションやクラッチに負担をかけることになりかねません。普通に穏やかにシフトダウンしたいのであれば、前後ブレーキとエンブレも併用しつつ十分減速してから、クラッチレバーを引いて1段ずつ丁寧にシフトダウンすれば大丈夫でしょう。ポイントは十分にエンジン回転数を落としてからシフトダウンすることです。

投稿する