カワサキ Z1000Mk.II プロが造るカスタム

MCフィニッシングサービス / Z1000Mk.II  カスタム写真
MCフィニッシングサービス / Z1000Mk.II  カスタム写真

カワサキ Z1000Mk.II

掲載日:2011年09月21日 記事カテゴリ プロが造るカスタム    

20年も前に、当時考えられる
チューニングをフル投入

今でこそバイクカスタムの世界にもフォークオフセットや車体姿勢、トレール量などのディメンションが重視されてきているが、カスタムブームが起こっていた’80年代末~’90年初等には、これらの用語も一般的ではなかった。もちろんメーカーが作る車両は多くのテストの末にこうした要素を決めているのだが、ユーザーレベルでそこまでを決めるためのハードルが高かった時代だったとも言える。

 

とは言え、元々が市販車であること、たとえば純正流用であっても、そうした数値が独自に設定されたパーツを組み合わせると、組み合わせた後に新たな数字は出てくる。要はそれを適正な数字として認められるだけのデータだったり、走行性能だったりを出せるかということになる。カワサキZ系のフロント19/リヤ18インチを前後18インチ、あるいは17インチ化する際に今も取り上げられるのは、基本的にはここだ。

 

当時は現FSW=富士スピードウェイもまだFISCOという通称だった。その頃から開催されていたMCFAJクラブマンレース、そのスーパーバイククラス参戦から得られたノウハウをすべて投入、20年前の当時として考えられる限りのチューニング技術と、最高のパーツをフィッティングしたのが、このZ1000Mk.II 。基本はストリート仕様となってはいるものの、保安部品を取り外せばサーキット走行も十分こなせるよう、セッティングがなされていた。

 

車両写真を見て、まず目がいくのはワンオフ製作されたインテークマニホールドが装着されたキャブレターまわりだろう。そう、このMk.II のエンジンは吸気効率を高めるために「インテークポートのストレート加工」が行われていたのだ。加えて当時アフターマーケットでようやく目にするようになったFCRキャブも通常のホリゾンタルではなく、ダウンドラフトタイプを装着。

 

ただフレームのバックボーンやタンクといったスペース上の物理的制限もあることから、当初からストレートポートを持つ水冷エンジンよりも取り付け角度が緩やかとなってしまうため、このような装着角度でも十分な油面レベルが確保できるようにフロート室の形状変更も同時に行っていた。パワー追求のために吸入効率を最重視しいち早くフラットバルブキャブを採り入れ、しかもストレートポート化までしてしまうあたり、いかにもレース的なコアな発想方法だ。しかもこのエンジン、点火もツインプラグ化されているのである。

 

一方、足まわりはモリワキKYBφ36mmフォーク+Z650用ステム(オフセットは60→50mm)、ビート製5本スポークフロント&ダイマグリヤホイールでの前後18インチといった内容。いかにも時代といった感じだが、武骨な仕上がり具合なども含め、当時の『ロードゴーイングレーサー』とは、まさにこんな車両のことを言っていたように思う。

 

こうした効率向上や、ステム変更=オフセット/トレール調整してディメンションを合わせ込む手法は、この頃始まったというわけではなく、これらの車両が現役だった’70~’80年代にも試みられ、実績を積んでいた。ただ一般向けには広がる土壌がなかった(カスタムブーム以後や今ほどまでにこの当時の車両がカスタム化して乗られるとも考えられていなかった)ため、一部レースユーザーやプロショップくらいにしかノウハウが残っていなかったのだ。これが今普通に使えて考えられる時代になったが、そこに至るにはこうした車両の存在があったのだ。

カワサキ Z1000Mk.II Detail Check!

オイルクーラー右横に設置されたアナログ式の油温計は、適正油温が真上に来るように角度を調整し、伏せた状態で見やすくしている。こうした配慮もレース経験の中から培われたもの

オイルクーラー右横に設置されたアナログ式の油温計は、適正油温が真上に来るように角度を調整し、伏せた状態で見やすくしている。こうした配慮もレース経験の中から培われたもの

ピストンは耐久性重視でコスワース製鍛造品を使い、カムシャフトはヨシムラST-2、ミッションはクロスタイプを組み込んでパワーを活用する。クラッチもバーネット製プレートで強化

ピストンは耐久性重視でコスワース製鍛造品を使い、カムシャフトはヨシムラST-2、ミッションはクロスタイプを組み込んでパワーを活用する。クラッチもバーネット製プレートで強化

ヘッドは大幅改造により吸気側をストレート化し、ツインプラグ化も図っている。このストレート吸気に合わせてFCRキャブはダウンドラフトタイプを使用した上でフロート形状を改造

ヘッドは大幅改造により吸気側をストレート化し、ツインプラグ化も図っている。このストレート吸気に合わせてFCRキャブはダウンドラフトタイプを使用した上でフロート形状を改造

Fホイールは1.85-19→ビート製2.50-18インチとなりブレーキはAP製CP2696・2ピストンキャリパーにベンチレーテッドディスクを組み合わせる。フォークはSTD同径のφ36mmモリワキKYB

Fホイールは1.85-19→ビート製2.50-18インチとなりブレーキはAP製CP2696・2ピストンキャリパーにベンチレーテッドディスクを組み合わせる。フォークはSTD同径のφ36mmモリワキKYB

アルミ角タイプのスイングアームはワンオフ品。レイダウン装着されるリヤサスユニットも異なるピッチのスプリングを組み合わせることでプログレッシブな特性を実現したワンオフ品だ

アルミ角タイプのスイングアームはワンオフ品。レイダウン装着されるリヤサスユニットも異なるピッチのスプリングを組み合わせることでプログレッシブな特性を実現したワンオフ品だ

レース時の様子。18インチ化にともないステムをZ650純正(オフセット60→50mm)に変更するのは'70年代からよく使われていた定番的手法。ハンドルバーはワンオフ製作の一文字タイプ

レース時の様子。18インチ化にともないステムをZ650純正(オフセット60→50mm)に変更するのは’70年代からよく使われていた定番的手法。ハンドルバーはワンオフ製作の一文字タイプ

ショップ情報
MCフィニッシングサービス

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

あわせて読みたい記事