モトグッツィ V7Ⅲ レーサー

V7Ⅲ RACER
MOTO GUZZI

クラシカルな外見に現代的な走りの性能が与えられたモトグッツィV7IIIレーサーをインプレッション

掲載日:2017年09月21日 試乗インプレ・レビュー    

取材・文/佐川健太郎  写真・動画/山家健一  衣装協力/HYOD

60年代に活躍した「赤フレーム」
初代V7シリーズを現代に再現

現行V7シリーズは、2008年に「Breva 750」をベースに1960年代の名車「V7」をイメージしたクラシカルなデザインを施したモデルとしてデビュー。その中で、V7レーサーは「レッドフレーム」のニックネームが付けられた、1971 年の初代「V7 Sport」のイメージを踏襲しているのが特徴で、ロングタンクにシングル風シート、ゼッケンプレートなど、往年のクラシックレーサーの雰囲気をまとった上級スポーツ仕様となっている。

2012年に新型となり、最高出力は40psから50psにアップ。2015年にリリースされた「V7Ⅱ」ではエンジン搭載位置の変更や6速ミッションの採用、ABSやトラクションコントロールなどの電子制御が組み込まれている。そして2017年、V7シリーズ誕生50周年に当たり、エンジンと車体を含む大幅な刷新とともに、モデルチェンジを行なった最新作が「V7Ⅲ レーサー」である。

動画『やさしいバイク解説:モトグッツィ V7Ⅲ レーサー』はコチラ

モトグッツィ V7Ⅲ レーサーの特徴は次ページにて

この記事に関連するキーワード

こちらの記事もおすすめです

この記事を読んでいる方におすすめの商品

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

新着記事

タグで検索

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。