スズキ ST250 Eタイプ 試乗インプレ・レビュー

スズキ ST250 Eタイプ
スズキ ST250 Eタイプ

スズキ ST250 Eタイプ

掲載日:2011年03月22日 記事カテゴリ 試乗インプレ・レビュー

人気のクラシカルなシングルスポーツ
インジェクション化で環境問題にも対応

ST250 Eタイプは、オーセンティックなスタイリングが魅力のシングルロードスポーツ。シングルと言うと、テイスト重視のマニアックな車両を想像しがちだが、ST250 Eタイプは違う。クラシカルなイメージを漂わすファッション性の高いフォルムを持ちながら、誰もが乗りやすいと感じる操縦性と、高い実用性を実現した本当の意味でベーシックなモーターサイクルと言えるだろう。

 

車名に冠される「Eタイプ」とは、本来は豪華版モデルとして追加発表されたグレードに与えられたネーミングであったが、吸気システムがインジェクション化された2008年のモデルチェンジ時にラインナップを集約。現在はST250 Eタイプのみが販売されている。

スズキ ST250 Eタイプ 特徴

スズキ ST250 Eタイプ 写真 スズキ ST250 Eタイプ 写真 スズキ ST250 Eタイプ 写真


スタイリッシュなデザインワークと
シンプルで信頼感の高い車体構成

シリーズのベースとなるST250は21世紀になってから誕生したモデルだが(発表は2003年)、搭載される249cc空冷SOHCエンジンの歴史は古い。同系エンジンのルーツである DR250S まで遡れば、30年近くの長い時間をかけて熟成されてきたもので、信頼性の高さは折り紙付き。そのタフさと低燃費性能には定評があり、先代モデルにあたる『ボルティ』はバイク便で多く使用され、一部では郵便配達業務にも採用されていた実績がある。

 

スズキ ST250 Eタイプ 写真もちろん、ただ歴史があるだけのエンジンではない。ST250 搭載時には数々の新技術を投入。シリンダーに採用されている SCEM (高速メッキシリンダー)は、優れた耐摩耗性や高い熱伝導率を持ち、空冷エンジンの性能の肝ともいえる冷却性能を大幅に向上させている。また、ボルティでは4バルブであった動弁系は、新たに2バルブを採用。日常使用で多用する、中低速域での扱いやすさを重視したパワー特性を狙ったものとされている。2008年には吸気システムがインジェクション化された。マフラーには三元触媒を装備し、平成18年度排出ガス規制に対応させている。

 

サスペンションはフロントにテレスコピック式フォーク、リアにはツインショックを採用するコンベンショナルな構成。クラシカルスタイルには欠かせないスポークホイールは前後18インチを採用し、軽快なハンドリングを実現している。ブレーキはフロントに油圧式ディスク、リアに機械式ドラムの組み合わせで充分な制動力を確保する。

 

手間のかかったグラデーション塗装が施された、スタイリング上で大きなポイントとなっている燃料タンクは、12Lの容量を確保し燃費の良さと相まって長い航続距離を実現。前後フェンダーは樹脂製だが、クオリティの高い塗装仕上げとなっている。ヘッドライトケース、メーターケース、チェーンケースなど、メッキパーツを多く使用しており高級感の演出に一役買っている。

スズキ ST250 Eタイプ 試乗インプレッション

熟成を重ねた空冷シングルは隠れた実力派
小さな車体は抜群の扱いやすさを発揮

スズキ ST250 Eタイプ 写真流麗でクラシカルなスタリングを持つ ST250 Eタイプ。ヴィンテージ風味のシングルということでドコドコと強い鼓動感を期待したのだが、残念ながら 250cc という排気量にそれを求めるのは難しいようだ。だが、その分シングルとは思えないくらいにスムーズだし、トルクは実に柔らかく粘る。試しに静止状態から一切スロットルを開かずにクラッチを繋いでみたが、エンストすることもなくスルスルと走り出してしまった。低中速回転域だけが強いエンジンかと思ったが、そうでもない。このエンジンは二面性が面白い。高いギアを使い、低い回転域で流すような走りをする時は持ち前の粘るトルク特性が活きて「トトトト…」と、軽い鼓動が気持ち良い。さらにスロットルを開くとレスポンスは俊敏。実馬力は大きくないので、ビッグバイクのような猛然と加速するわけでないが、高回転域まで引っ張るとなかなかエキサイティングだ。意外にも高回転で真価を発揮するエンジンのようだ。ハンドリングは軽快で良く曲がり、ブレーキの効きも必要十分なので、高回転をキープする走りが出来れば、峠の下りで車重を持て余すビッグバイクを追い回せるかもしれない。

 

スズキ ST250 Eタイプ 写真この ST250 Eタイプの良さは、なんと言っても小柄な車格にある。筆者は身長が 165cm あまりと、平均からするとかなり小柄なのだが、ST250 Eタイプには足着き性や取り回しで一切の不安を感じなかった。シングルならではのスリムな車体、軽い車重が効いている。ただ、ライディングポジションは気にならなくもない。ハンドルが近くステップが前方に位置するため、乗車姿勢が直立に近い。ちょうど背もたれ付きの椅子に、行儀よく座ったような姿勢になる。体重が全てお尻にかかり、長時間走行すると尾てい骨に響くのだ。もっとも、短時間のライディングなら実にラクなポジションなので、その辺りはトレードオフだ。
また、このモデルに搭載されるエンジンは低燃費であるとの評価が高い。ガソリン価格が高騰している現在、燃費性能は見逃せない。実際に燃費を計測したところ、高速道路で 31.2km/L、一般道では 26.9km/L という結果を得た。これはそれぞれ 100km ほどの距離を実走してのデータである。高速道路では法定速度の維持と一定のスロットルワークを意識したのだが、一般道では燃費云々を意識せず、通常使用でのスロットルワークで走行した。都心部での渋滞走行など不利な条件もあえて盛り込んだ結果なので、燃費走行を意識すれば、一般道でももっと低燃費が期待できるはずだ。

画像をクリックすると拡大画像が表示されます

Specifications – SUZUKI ST250 E type

スズキ ST250 Eタイプ 写真

価格(消費税込み) = 47万1,450円

熟成に熟成を重ねた空冷SOHCエンジンを搭載し、ヴィンテージモーターサイクル調のフォルムを身にまとったベーシックなシングルロードスポーツ。

■エンジン型式 = 空冷4サイクル単気筒/SOHC2バルブ

■総排気量 = 249cc

■ボア×ストローク = 72.0mm×61,2mm

■最高出力 = 14kW(19PS)/7,500rpm

■最大トルク = 21N・m(2.1kg・m)/5,500rpm

■トランスミッション = 常時噛合式5段リターン

■サイズ = 全長2,070×全幅750×全高1,075mm

■シート高 = 770mm

■ホイールベース = 1,375mm

■タンク容量 = 12L

■Fタイヤサイズ = 90/90-18

■Rタイヤサイズ = 110/90-18


あわせて読みたい記事

新着記事