ホンダ CB1100 – バイクらしさの原点へと回帰 試乗インプレ・レビュー

 ホンダ  CB1100
ホンダ  CB1100

ホンダ CB1100 – バイクらしさの原点へと回帰

掲載日:2010年03月11日 試乗インプレ・レビュー    

構成/バイクブロス・マガジンズ編集部

バイクらしさの原点へと回帰する
新たなる空冷CBの登場

「性能が良くて速く走れる」というのは、バイクにとって大切なことだ。そこへ向かって各メーカーが研鑽を続けた結果、今ではリッター換算で150馬力を軽く超え、停止状態から時速100kmまで数秒で到達するようなバイクも珍しくない。姿形もそれに合わせて進化を続け、一昔前からは想像出来なかったフォルムのモデルがカタログを賑わしている。世の中のバイク全てがそうだというわけではないが、ことホンダというメーカーに関してはそういった傾向が強かったように思えるのは筆者だけだろうか。そんなイメージが強かったから、今回のCB1100には心底驚いてしまった。事前に手にしたカタログには性能を誇らしげに謳う言葉は無く、「ignition of life」と大書された見開きから、バイクと共にある風景が続いている。前後18インチホイールに新設計の空冷エンジンを組み合わせた姿は、現行CBであるスーパーフォアとも、派生モデルであるスーパーボルドールとも違う、シリーズの原点に返ったような出で立ちだ。バイクらしい姿に、数値的な性能を押し出さず“エモーショナル”なネイキッドであることを明示するCB1100。これまでのアプローチとは違う方向から語りかけるこのモデルは一体のようなバイクなのか。試乗インプレッションを通してCB1100が持つ魅力に迫ってみたい。

ホンダ CB1100の試乗インプレッション

ホンダ CB1100の画像

ただ走るだけで笑みが浮かぶ
バイクとの対話が生み出す味わい

使い古されてしまった言葉かもしれないが、CB1100の走りを一言で表すとすれば、やはり「味わい」という言葉こそふさわしい。走り始めて実感するのは、スピードや旋回性といった性能を表す要素より、乗り手の頬を緩めるバイクとの対話。例えば、空冷直列4気筒エンジンのレスポンスは、リニアというよりライダーのアクションに対してしっかりと「溜め」を作ってから解放するという味付けで、右手をひねればすぐさま欲しいだけの力がでる近年のスポーツバイクとは一線を画している。ハンドリングも切れ味鋭い旋回性を発揮することは無い代わりに、乗り手の入力を裏切ることも無い。自分が思うように曲げるためにどう動けば良いか、ということをマシンとじっくりと対話しながら決められるのだ。そこには、コーナーリング性能の優劣といった客観的な言葉では表現しきれない喜びが存在している。それはまさしく、バイクだけでもライダーだけでも作れない味わいといえるだろう。こういった人車の間に優劣の無い関係性は、久しく味わっていなかったように思える。

ホンダ CB1100の画像

急かされない、というのもCB1100を語る上で外せない重要な魅力。1,152ccという排気量を持ちながら、時速40kmから100kmという常用域の楽しさは、これまでのリッターネイキッドにはまず感じられなかったものだ。大きくスロットルを開けなければ満足出来ないなどという感覚は、CB1100には存在しない。低いアクセル開度の時にも重厚なトルクを感じられ、わずかな右手の動きに従って豊かな表情を見せてくれる。じわりと右手を静かに動かせば、少しの溜めをおいた後に力強い回転が立ち上がるから、ゆっくりとしたペースで走っていても飽きがやって来ない。従来のリッターバイクではストレスがたまってしまうようなペースでゆっくりと流していてもCB1100は対話を絶やさないから、「飛ばせない」などという些細な悩みはいつの間にか消えてしまっているのだ。もちろん、思い切りよくスロットルを開ければ力強い加速が待っているが、それさえも乗り手を置き去りにせず、「さぁ、いくぞ」と目配せを送ってくるのだからたまらない。この濃密な時間を、一部の腕が立つベテランだけでは無く、多くのライダーが楽しめるよう作り上げていることこそ、CB1100最大の魅力だろう。

このように、ハンドリングやエンジンのレスポンスに味わい深いテイストを持つCB1100だが、物足りない部分が無い、というわけではない。やはり厳しい環境基準に対応するためか、エンジンの鼓動感やサウンドといった部分は心地良くはあるものの、1980年代の「空冷直4」よりいささか薄口に仕上げられている。とはいえ、そういった部分を含めてもCB1100は絶妙な味付けを感じられる1台だ。ハイパワーなスポーツネイキッドのように、乗ってすぐ分かる濃い味では無いかもしれないが、乗り続けることによって染み出してくる幾重にも重なる甘味は、スペックの数値だけでは分からない。CB1100が導き出した回答は、近年の国産モデルとは違うバイクの在り方を提案しているのでは無いだろうか。

ホンダ CB1100の特徴

ホンダ CB1100の画像

見えない部分へのこだわりが
洗練された機能美を生み出す

CB1100最大の特徴は、このマシンのアイデンティティともいえる空冷DOHC直列4気筒エンジン。フューエルタンクの両端からシリンダーヘッドが覗く姿は、コンパクト化が進むパワーユニットが多い中で格別の存在感を見せつけてくれる。整然と並ぶフィンはまさに空冷エンジンだけが成し得る造形で、性能はあれどつるりとした水冷エンジンには出せ無い美しさを感じてしまう。興味深いのは、この美しさが単なる外見だけでは無く、機能的なものを伴っているところ。例えば、空冷フィンの形状や配置、隙間はすべて“最適な冷却性能”を追求したからこそ生まれたもので、ただ単にデザインを重視しただけの存在では無い。フィンの厚みや枚数、導風方向(なんとプラグ座まで綺麗に空気を流している)にこだわった末に生まれたものだからこそ、洗練された機能美を作り出せているのだ。

ホンダ CB1100の画像

また、そういった機能とは直接関連しない部分のデザイン面でも、相当なこだわりを持って作りこまれているところが、CB1100の所有欲をくすぐるところ。例えば、リアフェンダーは配線を美しく通すための加工が行われているし、シートやタンクを外しても無駄な溶接痕を見せない丁寧な仕上げは、着物や足袋の裏地にこだわる日本的な美しさを感じさせてくれる。驚いたのはリアウィンカーステーの構造で、メッキフェンダーに黒い配線が映り込むと不細工に見えてしまうという理由から、別途金属のカバーを加えることで外観に配慮しているのだ。また、こういった金属パーツの多さも忘れてはならないCB1100の特徴の一つ。風景が映り込む前後フェンダーからタンデムグリップ、各種カバー類までプラスチックパーツはほとんど存在しない。サイドカバーとメーター以外はほぼ金属で出来ていると言ってよい。車両重量を考えると不利かもしれないが、そういった数値的優位性よりも質感を追求した姿勢は、まさに「大人の乗り物」と言いたくなってしまう。

ホンダ CB1100の画像

個性を感じる部分としてもう一つ上げておきたいのは、前後18インチホイールを採用する足回り。穏やかな走行感のために採用されたこのホイールだが、10本スポークの軽快なデザインや、リムの切削加工など凝った作りとなっており、リジッドのような外観でありながら、実はフローティングディスクというハブレスタイプのブレーキも特徴的だ。こういった雰囲気を盛り上げるディティールへのこだわりと、質感の高さを大切にするスタンスを保ちながら、シート下の小物収納スペースや荷掛けフックやヘルメットホルダーの装備など、ユーティリティ性もおろそかにしていない。CB1100は機能から生まれる美しさと、こだわりが作りだす存在感、そして適切な利便性をも兼ね備えた、完成度の高い1台となっている。

ホンダ CB1100の詳細写真

ホンダ CB1100の画像

今回の撮影場所は、新酒が出来たての由緒ある酒蔵。日本の伝統美を受け継ぐCB1100のデビューにふさわしいシチュエーションだ。

ホンダ CB1100の画像

トルクフルな走りを重視した、新設計の空冷1100ccDOHCエンジン。細やかなフィンが作り出す造形の美しさにも注目。

ホンダ CB1100の画像

エキゾーストパイプは往年の名車を思わせる取り回し。開発者によると、性能だけでなくスタイルにも相当こだわったとのこと。

ホンダ CB1100の画像

メーターはオーソドックスな2眼+液晶パネル。クロームメッキのメーターリングを採用するなど、質感が高いのも特徴だ。

ホンダ CB1100の画像

「愛車を磨く喜び」を心行くまで愉しめるよう、フェンダーは前後とも金属製。美しさや質感も高く、所有する喜びも満たしてくれる。

ホンダ CB1100の画像

ホイールは穏やかな操舵感を狙った前後18インチを採用。アルミ切削加工をほどこした10本スポークホイールは美しさと軽快感を両立している。

ホンダ CB1100の画像

フロントブレーキは一見するとリジッドマウントに見えるが、ハブレスタイプのフローティングディスク。また、写真はABS装着車となる。

ホンダ CB1100の画像

シート高は765mmとCB1300スーパーフォアより15mm低い。シート形状は着座部が絞り込まれており、アップタイプのハンドルとあわせてポジションにゆとりが感じられる。

ホンダ CB1100の画像

グラマラスなフォルムのフューエルタンク。これまでのCBシリーズの伝統的な形状を意識したデザインだ。

ホンダ CB1100の画像

シート下の見えない部分にも手抜きが無いCB1100F。配線のカタチに成型したリアフェンダーや段差の無いシートフレームなどがこだわりを感じさせてくれる。

ホンダ CB1100の画像

新型空冷エンジンは冷却性能を重視した設計で、スパークプラグ座にもスムーズに導風される形状となっている。

ホンダ CB1100の画像

排気量はリッター越えだが、乗った感覚では750クラスのようなコンパクトさ。足着き性も良好で、身長174cmのテスターだと片足がしっかりと着く。

関連商品はこちらから!

こちらの記事もおすすめです

この記事を読んでいる方におすすめの商品

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。