スズキ バンバン200 試乗インプレ・レビュー

スズキ バンバン200
スズキ バンバン200

スズキ バンバン200

掲載日:2009年07月03日 記事カテゴリ 試乗インプレ・レビュー

極太タイヤをリアに履いた
ユニークなシングルバイク

若いライダーには意外かもしれないが、スズキの「バンバン」は歴史の長いバイクだ。初代モデルであるバンバン90が発売されたのが1971年なので、デビューは今から30年以上も前となる。レクタングルと呼ばれる特殊な極太タイヤを履いており、一般的な舗装路では乗り味に癖があるものの、砂地や雪道といった悪路での走破性は高く、プレイバイクとして高い人気があった。名前自体も「どこでもバンバン走れる」からというストレートなもので、ユニークな1台として覚えているベテランライダーも多いかも知れない。今回試乗するバンバン200は、当時の雰囲気を再現したモデルで、4サイクルエンジンを搭載したストリートバイク。基本は別のバイクとなるものの、極太タイヤとスリムなボディを組み合わせたスタイルはまさに後継モデルにふさわしいもの。今回はフラットダートなどにも持ち込み、どれだけ「バンバン」走れるか試してみることにした。

スズキ バンバン200 試乗インプレッション

路面状態なんて気にしない
ストリートスタイルの土系バイク

スズキ バンバン200 写真「どこかとぼけたヤツだな」と言うのが、はじめてバンバン200を見たときの印象だった。細い車体に似つかわしくない極太のタイヤに、カスタムバイクのようなタックロール付きのシート、ハンドルは幅広でメーターは超コンパクト。ストリート系のカスタムバイクのようでいて、どこかトレールバイクの雰囲気も漂わせるスタイルからは、このバイクがどんな走りを見せてくれるのかが想像できない。百聞は一見にしかず、ということで早速エンジンに火を入れ、まずは混雑する都内に乗り出してみた。ここでの印象は乗り易いストリートバイクと言ったもので、豊かな低速トルクとゆとりあるポジションで快適そのもの。ハンドルの切れ角も大きいので、狭い道での切り返しも苦にならないのは好印象だ。その反面、高速走行はあまり得意科目ではない。風を全身で受け止めざるを得ないポジションと低速重視のエンジンは、高速道路を一気に走るというシチュエーションでは使いづらいだろう。とはいえ、時速80kmくらいでの巡航は適度なトルク感を楽しめ、「こういうのもアリか」と思わせるだけの雰囲気を持っている。

 

スズキ バンバン200 写真そんなバンバン200だが、今回最も面白く、ハマってしまったのは未舗装路でのライディングだ。これは正直言ってストリートでの快適さすら忘れてしまうほど楽しい。ダート向けのパターンをもつ極太タイヤと安定感のある足まわりは、フラットダート程度ならびくともせず、遠慮なくスロットルを開けていくことが出来る。サスペンションストロークがオフロードバイクに比べれば短いため激しいライディングには向かないが、急な斜面を登ったり、河川敷の砂利道や草地を走破したりなど、バイク遊びにはもってこいの性能を持っている。「行き詰った!」と思っても大きなハンドル切れ角と、2輪2足で進めるシート高の低さがあれば不安は無し。扱いやすい低速トルクはそのまま登坂の強い味方となり、ちょっとした土手ならばバンバン200の勢いに任せて登ってしまえるほどだ。ストリートバイクとカテゴライズされることの多いモデルだが、走れるステージはライダーの想像力次第。街中を走るだけにとどまらない、「遊べる」バイクとしてとても魅力的だ。

スズキ バンバン200 特徴

極太タイヤが主張する個性
シンプルだけで終わらないスタイル

スズキ バンバン200 写真バンバン200の特徴は、180/80-14という極太サイズのリアタイヤ。走りの楽しさの要因となっているだけでなく、ルックスでのインパクトも抜群だ。組み合わされる車体がスリムでシンプルなだけに、より存在感が強調されている。後から見ただけでも一目でそれと分かる姿は、没個性と言われる国産車の中でもひときわ目立つ1台と言えるだろう。また、シートの形状も注目しておきたい点だ。着座位置からリアフェンダーに向かって幅広になっていく形は、車両同様後部の方が太いデザインになっており、バンバン200をより印象的なバイクにしている。6.5リットルの容量をもつコンパクトなタンクは低い位置にとりつけられ、細身のボディにジャストフィット。スリムなものはフロントに集められリア側に行くほど太くなる、このバイクならではのスタイルを完成させている。

 

気になる装備面だが、こちらはシンプルイズベストとも言えるベーシックなものだ。フロントまわりはコンベンショナルなフロントフォークとディスクブレーキを採用。ローター径はさほど大きくないが、車重が装備重量で128kgと軽量なため、特に不満を感じることはない。リアはドラムブレーキとの組み合わせだが、十分な制動力を発揮してくれる。リアサスペンションにモノショックを装備しているのも特徴だ。ストロークは控えめとは言え、ロードモデルよりも余裕のあるストロークを持っており、これに540mmのロングスイングアームをセット。ストリートカスタム的に見えるが、実際の走行安定性は高い。ユーティリティ面も意外なほど充実しており、メッキ仕様のタンデムグリップを標準装備している。シートの幅も広いため、うまく使えば相当な量の荷物が積載可能だ。今回の試乗では雨具などツーリング道具のほか撮影用カメラバッグも搭載したが、上手い具合に固定することができた。テールバッグの存在も忘れてはならない要素で、工具だけでなくちょっとした小物も収納可能だ。乗り手の工夫次第で便利に 使うことが出来るだろう。バンバン200はシンプルな構成でありながら、それだけに終わらない個性と使い易さを持っていると言える。

画像をクリックすると拡大画像が表示されます

SPECIFICATIONS – SUZUKI VANVAN 200

スズキ バンバン200 写真

価格(消費税込み) = 39万7,950円

スリムなボディに極太のリアタイヤとワイドハンドルを組み合わせたプレイバイク。2007年よりフューエルインジェクションを採用し、国内の排気ガス規制に対応した。

■エンジン型式 = 空冷単気筒 SOHC2バルブ

■総排気量 = 199cc

■ボア×ストローク = 66.0mm×58.2mm

■最高出力 = 12kW-16hp/8,000rpm

■最大トルク = 15Nm-1.5kgm/6,500rpm

■トランスミッション = 常時噛合式5速リターン

■サイズ = 全長2,140×全幅865×全高1,125mm

■シート高 = 770mm

■ホイールベース = 1,375mm

■装備重量 = 128kg

■タンク容量 = 6.5L

■Fタイヤサイズ = 130/80-18M/C 66P

■Rタイヤサイズ = 180/80-14M/C 78P


あわせて読みたい記事

スズキ バンバン200の人気パーツをチェック!

新着記事
あなたのバイク今いくら?

バイク買取無料一括査定

メーカー:
郵便番号:   -
郵便番号を検索